通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 角折れが少しありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。◆ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがあります◆受注メール確認後原則48時間以内に出荷いたします◆清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。◆ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書) 新書 – 2008/3/1

5つ星のうち 4.4 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 143
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)
  • +
  • 道徳感情論 (講談社学術文庫)
総額: ¥2,948
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第30回(2008年) サントリー学芸賞・政治・経済部門受賞

内容(「BOOK」データベースより)

政府による市場の規制を撤廃し、競争を促進することによって経済成長率を高め、豊かで強い国を作るべきだ―「経済学の祖」アダム・スミスの『国富論』は、このようなメッセージをもつと理解されてきた。しかし、スミスは無条件にそう考えたのだろうか。本書はスミスのもうひとつの著作『道徳感情論』に示された人間観と社会観を通して『国富論』を読み直し、社会の秩序と繁栄に関するひとつの思想体系として再構築する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 297ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2008/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121019369
  • ISBN-13: 978-4121019363
  • 発売日: 2008/3/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
アダムスミスと言えば「神の見えざる手」が浮かんで来ますが、道徳感情論を読むことでアダムスミスの本質が見えた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 swing VINE メンバー 投稿日 2013/2/15
形式: 新書
アマゾンの評価にたがわず、非常に面白く、時間をかけて、丁寧に読んだ。特に「道徳感情論」の洞察、唸ります。
スミスの遺産の章より。人間は他人の感情や行為に関心を持ち、それに同感しようとする存在であり、裏返せば、他人から関心を持たれること、同感されることを望む存在である。したがって、個人は、自分が所属する社会で一般的に通用する「公平な観察者」を心の中に形成し、自分の感情や行為を胸中の公平な観察者が是認するものになるように努力する。こうした個人の性質が正義の方の土台をなし、社会の秩序を形成する。
賢明な人は、胸中の公平な観察者の判断に従って行動するが、弱い人は、公平な観察者よりも自分の利害や世間の評判に左右される。しかし、社会を反映させるのは、財産や地位を追い求める弱い人の欲である。

スミスはまたこうも書いている。
人間本性の仕組みからいって、苦悩は決して永遠のものではありえない。もし、人が苦悩の発作に耐えて生き続けるならば、彼はまもなく、何の努力もなしに通常の平静さを享受するようになる。すべての人は、永続的な境遇となるものに対して、遅かれ早かれ、確実に自分を適応させる。つまり、ひとつの永続的境遇と他の永続的境遇との間には、真の幸福に取って、本質的な違いは何もない。幸福は平静と享楽にある。平静無しに享楽はあり得ないし、完全な平静のあると
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
アダム・スミスの名前は知っていても、何をした人かわからんくらいの私でもすらすら読めました。
この手の新書は、あくまで入門書として書かれており、わかりやすいという事が大事なのだと思います。知らない人でも読める、知らない人がまず第一歩として読むための本=新書だと私は捉えています。さらに、この薄さなのですから、そのすべてについて語りきることはそもそも不可能ではないでしょうか。それをやろうとしてぐちゃぐちゃになっている新書もありますが、そのような本に対して内容が濃いと言っている人もいて、非常に不思議です。解説がほとんどなく専門用語が濫発されていては、最初から知っている人間しか読めませんし。この本は、あくまで読み物として書かれており学術論文ではないのですから、濃い内容あるいは新規的な内容を求めるなら、中級〜上級者向けの本(多くはハードカバー)も売っているでしょうから、そちらを読んだほうがよいのではないでしょうか。
上から目線の批判は、この手の新書が「手頃な値段で手軽に読める」、そういったものであると認識していれば、そもそも出ないような気もします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 θ トップ500レビュアー 投稿日 2008/12/22
形式: 新書
今年サントリー学芸賞を受賞した本だが、なるほどスミスの思想がコンパクトにまとまっている。

スミスというと「見えざる手」=利己心万歳の自由放任、という短絡的な印象を抱きがちだが、本書ではそういうイメージに真っ向から挑んでいる。
もっとも、スミスは『道徳感情論』も記しているわけで、利己心だけでよいなどと簡単に考えているはずもないのだが(この辺は昔から言われていることだろう)

本書では、道徳感情論と国富論を、人間の性向と社会の仕組みを軸にして共通する枠組みで切っている。
スミスは、弱さと強さ、利己性と正義心など、人間の矛盾し合う側面をきちんとおさえ、それが社会をどう成り立たせているかを分析しているのだ

両著書のわかりやすい解説本にもなっており、スミスを簡単に知りたい人にはおすすめの一冊である。

なお、本書で「見えざる手」については「ここでいう「見えざる手」は、市場の価格調整メカニズムを意味する。スミスは、個人の利己心は、市場の価格調整メカニズムを通じて、公共の利益を促進するー互恵の質を高め量を拡大するーと考えた」(p171)とあるように、「見えざる手」の帰結として、利己心から公益が導かれることは本書でもきちんと書かれていると思うのだが。
大体国富論でも「見えざる手に導かれ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「諸個人における財産形成の野心によって、市場は拡大し、資本は増大し、その結果、社会が繁栄するp.271」「文明が進歩し、人間が豊かになるのは、富に対する人間の野心があるからである。・・虚栄心を持つことによって、人間は、勤勉に働き、技能を磨き、収入を節約する。・・このようにして経済が発展し、文明社会が形成されるp.87」しかし「財産形成の野心や競争は正義感によって制御されなければならない。制御されない野心や競争は社会の秩序を乱し、結果として、社会の繁栄を妨げることになる。P.271」「フェア・プレイのルールを守ること、・・・正義感によって御された野心、および、そのもとで行われる競争だけが社会の秩序と繁栄をもたらすp.101」道徳感情論と国富論の内容をそのまま書き出しただけの記述が大半を占める本であるが、なにせこの二つの著作は大部で、展開されている議論もまどろっこしく、我々凡人にはこのような図入りの解説本が無ければ内容を理解することは難しい。内容は地味な本だが、「個人は、社会から切り離された孤立的存在ではなく、・・社会的存在としての個人なのであり、・・胸中の公平な観察者の是認という制約用件のもとで、自分の経済的利益を最大にするように行動するp.272。」つまりスミスは個人はアトム(原子)のような存在ではなくモラル・社会性があることを前提にして市場原理を考えていたことを一般人にも理解でき...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー