アダムス・ファミリー [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,850
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: T&Mshop
カートに入れる
¥ 1,879
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ブラザーショップ★安心発送・安心対応★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アダムス・ファミリー [DVD]

5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,797 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,307 (56%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、東北メディアファクトリー 仙台南店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 1,797より 中古品の出品:6¥ 1,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アダムス・ファミリー [DVD]
  • +
  • アダムス・ファミリー2 [DVD]
  • +
  • 永遠に美しく・・・ [DVD]
総額: ¥3,430
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンジェリカ・ヒューストン, ラウル・ジュリア, クリストファー・ロイド, クリスティーナ・リッチ, ジミー・ワークマン
  • 監督: バリー・ソネンフェルド
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2013/08/07
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00CTM8BJO
  • EAN: 4988142952721
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,534位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ちょっぴりホラーで たっぷりシュール
今夜もアダムス一家は お化けダンスで大騒ぎ!


<キャスト&スタッフ>
モーティシア…アンジェリカ・ヒューストン(高島雅羅)
ゴメズ…ラウル・ジュリア(玄田哲章)
フェスター…クリストファー・ロイド(麦人)
ウェンズデー…クリスティーナ・リッチ(近藤玲子)
パグズリー…ジミー・ワークマン(大谷育江)
グラニー…ジュディス・マリーナ(京田尚子)
ラーチ…カレル・ストライケン
ハンドくん…クリストファー・ハート
タリー…ダン・ヘダヤ(青野 武)

監督:バリー・ソネンフェルド
製作:スコット・ルーディン
オリジナル・キャラクター製作:チャールズ・アダムス
編集:ディディ・アレン
プロダクション・デザイン:リチャード・マクドナルド
撮影:オーウェン・ロイズマン
音楽:マーク・シャイマン
脚本:キャロライン・トンプソン/ラリー・ウィルソン
●字幕翻訳:稲田嵯裕里 ●吹替翻訳:石田泰子

<ストーリー>
アダムス家は主人ゴメズ、魔女の妻モーティシアとその母グラニー、長男パグズリー、長女ウェンズデー、無口な執事のラーチ、そして「ハンド」と先祖代々の一軒家に暮らしていた。他人の不幸がなによりも嬉しいゴメズだが、実は25年前に失踪した兄フェスターのことが気になっていた。恒例の交霊会が行われた嵐の夜、突如フェスター本人が現れて兄弟は感動の再会を果たす。しかし、フェスターは借金に困った顧問弁護士のタリーが送り込んだニセモノだった。ゴメズたちは、以前よりも“普通の人"になっているフェスターに疑いを抱くが、ピンダーシュロス博士に説得されて納得。次第にフェスターもアダムス一家に慣れて“変化"していく。そして裁判所命令が下り、アダムス家は住み慣れた家をフェスターに譲らねばならなくなる……。

<ポイント>
テレビドラマ、アニメーションで人気が高かった原作「アダムスのお化け一家」を、『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督が映画化。魔女のおばあちゃん、大男で無口の執事、勝手に歩く「ハンド」たちと共に暮らす一風変わったアダムス一家の生活を、シュールでナンセンスでコミカルに描いて大ヒットを記録。後に『バッファロー'66』などの人気女優となるクリスティーナ・リッチ(当時11歳)も本作でその個性的な魅力が注目された。

●バリー・ソネンフェルド監督は、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟のデビュー作『ブラッド・シンプル』で撮影監督を務め、兄弟が契約した出世作『赤ちゃん泥棒』『ミラーズ・クロッシング』の撮影を担当した。特に『赤ちゃん泥棒』でのスピーディで変幻自在の撮影テクニックは、監督デビュー作である本作でも堪能できる。
●アダムス家の当主ゴメズ役のラウル・ジュリアはプエルトリコ出身でブロードウェイで活躍後、『哀しみの街かど』『夜の大捜査線/霧のストレンジャー』『ワン・フロム・ザ・ハート』などに出演、『蜘蛛女のキス』でゴールデン・グローブ男優賞の候補となった。『アダムス・ファミリー2』の後、1994年に胃癌と脳卒中の併発により54歳の若さで急死。
●モーティシア役のアンジェリカ・ヒューストンは、名監督ジョン・ヒューストンの娘で、父親が監督した『女と男の名誉』でアカデミー助演女優賞を受賞している。私生活ではジャック・ニコルソンと長年のパートナーだった。
●ウェンズデーを演じて注目されたクリスティーナ・リッチは9歳で『恋する人魚たち』に出演、本作出演時は11歳だった。17才で出演したアン・リー監督作『アイス・ストーム』、翌年のヴィンセント・ギャロ監督・共演作『バッファロー'66』で演技派に脱皮した。
●フェスターとしてアダムス家に潜入するゴードン役のクリストファー・ロイドは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのドク役で知られる個性派俳優。近作に『ピラニア3D』『ピラニア リターンズ』など。

<特典>
●オリジナル劇場予告編(1)
●オリジナル劇場予告編(2)

※商品写真などは予告無く変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

チャールズ・アダムスの人気漫画を、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド監督が映画化。一風変わったアダムス家の財産を狙う顧問弁護士・タリーが、偽者を一家の主人・ゴメズの生き別れの兄・フェスタ―として送り込み…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 sleepy トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/22
形式: DVD
どこよりも家族らしい家族と、らしくない家族。疑似家族は真の家族・・。つまりミイラ取りがミイラになるお話でした(しかし実は・・)。そしてモラル的多数派への嘲笑がありますね。英国のような毒気は少なく、権威やタブーをからかうというよりは無個性・俗物・漂白された人たちをからかう作風。
個性上等。グロテスクなのは、この一族以外の血の通わない人達。痛快でした。

そもそもこのお方たちは人間なのでしょうか。お化けなのでしょうか。いや、お化けではないと思いますが、お化けみたいな一家ではあります。それはともかくゴシックな美術、軽快なテンポ、キャラクターと演じる名優たちを堪能することが正解な個性派ムービーです。物語は商品説明をご参照ください。

もともとはアメリカの漫画家、チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画(1937年、ザ・ニューヨーカー)。『アダムス・ファミリー全集』の題で河出書房新社から2011年に日本でも刊行されました。本作品はさまざまにメディア化されています。1964年―1966年にかけてテレビドラマが制作され、日本では「怪奇コメディー」枠の『アダムスのお化け一家』(これは『アダムズ』が正しいのでしょうか?)のタイトルで放送されたらしいです。TVアニメ『アダムスのお化け一家』は1973年―1975年にかけてアメリカで放送され、日本でも放送され
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
おもしろい事は誰でも知ってる…
だから再販を…
後生だから…
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
アダムスファミリ-のDVD化を長らく楽しみにしていたのですが、
吹き替えの声優が一作目と二作目で違うので大変違和感を覚えました。

一般的に広く馴染みのある日本テレビ版の声優さんにきちんと統一して販売しなおしてほしいです。

映画アダムスファミリーのいちファンとして切なお願いです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
アダムスファミリーを初めて見たのは小学校のときでしたが、家族大好きの私にとってこの映画は大きな衝撃を与えてくれました。ゴシックな雰囲気にもかかわらず強く結びついている様子はなんとも温かいものだったからです。
暑い夏の日には夜中にクーラーをよく効かせた部屋で姉とこの映画を見始めるとなぜかアダムス家のほこりっぽい、かび臭いような空気が漂ってきてよくわくわくしていました。
ブラックコメディ、そして独特な雰囲気が好きな方にお勧めの映画です。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画の内容については皆さんのレビューどおり傑作です!
レビューが低評価になっている要因のひとつに、当ディスクが英語とスペイン語にしか対応していないとの苦情がありますでが、言語設定について20世紀フォックスに問い合わせて解決しました。以下、フォックスからの回答を転載します。

+++++

お問い合わせ頂きました弊社商品につきまして
ご迷惑をお掛けしております。
お問合せの内容につきましては、本ディスクの仕様上、メインメニュー及び、本編にある音声・字幕等の表示言語を予め選択いただくような仕様でございます。
つきましては、日本語への再設定手順をご案内いたしますので、下記動作後の再生をご確認いただければ幸いです。

<言語再設定手順>
1.リジューム情報のクリア
 リジューム再生が有効なプレーヤーをご使用の場合は、本ディスクを一度再生し、停止ボタンを2度押すことで、リジューム情報をクリアしてください。

2.言語の設定
 本作品を再生機器に装填した際に表示されます画面上にある言語の中から、「日本語」を選択し、再生をご確認ください。

+++++

我が家のプレーヤーでは上記の手順で日英対応にできました。ご参考までに。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
アマゾンで発売されている2の方はテレビ版のキャスティングだったので買いましたが、こちらはDVD版のキャスティングでした。
親しみのあるのは日本テレビ版なので、せっかくのブルーレイでしたから、なじみのある日本テレビ版のキャスティングであれば…と思うばかりです。
声が日本テレビ版ではなかったのが残念でなりません。

それ以外、映画の内容自体はとても面白いです。
ので、☆4つにしました。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック