この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アダプト思考 予測不能社会で成功に導くアプローチ 単行本 – 2012/5/24

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/5/24
"もう一度試してください。"
¥ 22,891 ¥ 4,600
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

試行錯誤のリスクとコストを恐れるな!
『まっとうな経済学』『人は意外に合理的』の著者が提案する、マクロ経済から日常生活まで応用可能な「生物進化」に学ぶアダプト(適応)の戦略。


現代の世界は信じられないほど複雑に入り組んでいる。
市場では百億種類以上の商品が取り引きされ、世界中の多くの人々は自分の労働が最終的にどんな形態の商品を産み出しているかさえ知らないでいる。
しかも、数年前に「超優良」のお墨付きをもらった企業さえ次々と経営危機に陥っているように、その複雑さはめまぐるしいばかりに刻々変化して留まることを知らない。
こうした世界では、従来の組織や考え方は通用しない。
いかに優れたリーダーシップがあろうと、それに頼る組織は生き残れないし、かといって専門家による精度の高い予測に期待することも難しい。
果たして目の前に山積する問題を解決し、ビジネスの成功に導く手段は存在するのか?

高度に設計された解決策が用をなさない社会。
であれば、これまで非効率と考えられてきた「試行錯誤」こそ、もっとも効率的なのではなかろうか?
生物の進化はまったく無計画なものである。
すでに存在するいくつかの変異体を試し、失敗したものを排除し、成功したものを複製する――
その単純な失敗と成功のプロセスから学ぶべきではないか。
失敗の歴史にこそ、成功の秘密が隠されているのではないか?

スターリンに粛清された一技術者の警告から、イラク戦争における米軍の指揮命令系統の破綻まで。
豊富な実例をもとに「失敗」の歴史を検証し、進化の3つのステップに着目した、問題解決のためのアダプト(適応)の処方箋を提案する画期的なビジネス書。

内容(「BOOK」データベースより)

市場に百億種類もの商品が出回り、「超優良」企業が数年であっさりと姿を消してしまう、複雑で変化の速い世界。強力なリーダーシップや専門家の予測をもってしても、確実な設計図を描いてそれを実現することは不可能に近い。私たちはまず「失敗」を前提とする仕組みをつくる必要がある。試行錯誤をくり返しながら直面する課題を解決し、成功につなげていくしか方途はない。では、どうすれば「うまく失敗を重ねる」ことができるだろうか?経済学、心理学、進化生物学、人類学、物理学、政治科学を横断する研究やインタビューをもとに、国際問題から日常生活まであらゆる場面に応用できる、生物進化のプロセスに学んだ画期的な戦略を提案。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2012/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270006951
  • ISBN-13: 978-4270006955
  • 発売日: 2012/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 414,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 私が本書から読み取ったことは、自分自身んが見えないと失敗することが多い、ということではないだろうか。
 世阿弥の言う「離見の見(りけんのけん)」というと大げさだろうか。

 コーチングやコミュニケーションの本を読むと似たことが書かれていることもあるが、本書では、例示が多く、身近なケースと重ねてイメージしやすい。確かに、「ある、ある」と思う例が多かった。

 個人的な問題だが、エピソードにカタカナ名の登場人物が大勢出てくると、文脈を読み取るのが難しい。想像力の欠如と言えばそれまでだが、同じことで悩んでいる人がいたら、ぜひ教えていただきたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
未来を予測することは難しい。
専門家の未来予測も、後で評価してみると、意外と当たってはいない。
そもそも、人間は、本来行き当たりばっかりに行動する傾向がある。
よって、あらかじめ計画するのではなく、何でも試して、問題点を修正していく方が、成功する、と筆者は説いている。
もともと日本人は、あらかじめ予期して備えておくのは不得意だが、いざとなると、適応するのが上手だといわれていた。
しかし、東日本大震災で、そうしたことは、全くの神話であることが明らかになった。
この本から、どのように”アダプト”したらいいか、学ぶことが多いかもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告