この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音 単行本 – 2007/5/18

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,877
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「中国語の発音は難しい」と思っている人は多いでしょう。確かに、日本人にとって難関といえるものもいくつか存在しますが、中国語の発音は体系が簡素で規則的なので、実はやさしいとも言えるのです。本書は、中国語の発音を「アタマで分かった」うえで、発音練習を通じて「カラダで覚え」て、「いい発音が確実にできる」ようになることを目標とします。

本書は3部構成になっており、第1部では発音の特徴やピンイン、声調、母音や子音などをしっかり学びます。第2部では日本人学習者が苦手とする発音を取り上げて徹底トレーニングをします。第3部は中国語の子どもの歌や早口ことば、唐詩、笑い話などを材料として楽しく朗読練習を行います。

著者の独特の語り口はまじめに取り組む学習者に対する思いやりにあふれており、随所にちりばめられている発音アドバイスは、まさに目からウロコが落ちるものばかり。入門から上級まで、中国語の発音をマスターしたいと思うすべての人に本書を強くお勧めします。

対象レベル:入門から上級まで
CD収録言語:中国語(普通話)[一部日本語音声]

内容(「BOOK」データベースより)

発音よければ、すべてよし。発音のいい人は、必ず中国語をマスターできます。すべての中国語学習者のニーズにこたえる発音教材の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: アルク (2007/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475741207X
  • ISBN-13: 978-4757412071
  • 発売日: 2007/5/18
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 350,010位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
日本人による日本人のための画期的な発音指南書。

通り一遍の発音の教科書ではなく、特に日本人に難しい発音について重点が置かれている。
ここまで詳細に発音のコツについて解説された教科書は見たことがない。
説明がくどいというレビューもあるが、著者の親切心だと思う。

強いて言えばCD録音にもう少し余白があればもっとよかった。

2007年初版であるが既に絶版で、定価2,376円だがAmazonの中古品がCD付だと4,057円もした。
それでも買う価値は十分あったと思う。
現在CD付き中古本は何と7,887円の値段で出ている。
この良書が新本で買えないのは日本の中国語学習者にとって大きな損失である。

インバウンド効果で中国語学習者も増えていることだし、アルクさんぜひ再版を望頼みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本を読んで初めて中国語の発音の仕組みとその方法を知ることができました。

 まず日本語には存在しない発音がそれなりにある中国語において、その発音をテープを聞いて真似てねと、いくら言われても、その「発声方法」が分からないと、なかなかその発音を真似ることもできないものが少なくないです。少なくとも私はそう感じました。

 普通の日本人が、日本語を学ぶ外国人に文字や言葉でもって日本語の促音や拗音を説明できないのと同様に、ネイティブ中国人も、発音の正否はできてもその発音や発声方法を説明するのが難しいと思います。
 最後はその発音の正否チェックをネイティブにしてもらうにしても、そこまでは実際にその発音をマスターした外国人である日本人に手ほどきを受けながら独習するのは、中国等の現地以外の外国にて学習する場合、かなりのベストではないかとこの本を読んで思いました。

 例えば、無気音と有気音の説明では、口の前にティッシュとかを垂らし、発音してもそれが揺れないのが無気音である、または、日本語の「汽車ポッポ」の2番目の「ポ」が無気音である、などを良く聞きますが、これらは結果論でしかなく、学習者からすれば、どうしたら揺れない発声方法等をまず知りたく、そして発音したいのは、「bo(波)」や「ban(班)」、「bu(不)」等で、これら
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中国語を独学ではじめて3ヶ月です。NHKラジオ講座”まいにち中国語”で勉強を始めましたが、発音で挫折しました。そんな時に見つけたのがこの本でした。日本人が苦手な"u”の出し方についてなど、こと細かに音の出し方について書かれてあります。この本を読んで、舌の使い方、舌を前に出すのか、後ろにもっていくのかとか、今までに気づきもしなかったことも教えてくれます。また、口の前に帯状の紙をたらし、息を出すときと出さないときを真剣に説明しているなど、筆者の伝えようとする熱意を感じます。また、母音と子音と四声との組み合わせの400字あまりの表には感激しました。この400字あまりをマスターすればいいのかと(実際は、そうではないらしいのですが)、思えるような体系的な説明に独学で中国語を勉強するには最高の本です。また、英語のchやshの発音にも触れており、中国語との違いにも説明しています。英語でも舌の使い方を今まで以上に意識するようになりました。発音で悩んでいる人は、この本を買ってみる価値はあります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
に特化した素晴らしい本だと思います
他の方が書かれてる様にくどいくらいですね(笑
CDのトラックがもっとこまめに切ってあればと思うので
☆は-1です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告