Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[加藤俊徳]のアタマがどんどん元気になる!!もっと脳の強化書2
Kindle App Ad

アタマがどんどん元気になる!!もっと脳の強化書2 Kindle版

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540

紙の本の長さ: 194ページ

商品の説明

内容紹介

新しい脳トレーニング!
『アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書』。

前作は27万部越えの大ヒット中!

待望の続編が発売です。

本書のテーマは、ズバリ、“欲求”。

わたしたちは、どうすれば、本当の欲求を見つけ、
引き出し、育てることが出きるのでしょうか?

あなたの脳を満たす欲求を解明させる!!

・女性は立ち食いそばを食べ、男性はパフェを食べる
・黙ったまま、2人で観覧車に乗る
・音を消してテレビを観る
・砂浜を裸足で歩く
・大きな木に抱きつく

……などなど、前作と同様、ユニークなトレーニングを多数収録。

最近、元気がないなーという人も、
元気すぎて困っているという人も、必読の1冊です!

■目次
1 あなたの脳を動かしているモノとは?
2 自分の「欲求」、見失っていませんか?
3 「やりたい!」「したい!」を暴走させない
4 「欲求」を正しく育てよう
5 欲求発見トレーニング
6 コミュニケーション系欲求育成トレーニング
7 感覚系欲求育成トレーニング
8 感情系欲求育成トレーニング
9 右脳・左脳交流トレーニング

■著者 加藤俊徳

内容(「BOOK」データベースより)

欲求で脳が活性化する。コミュニケーション、感情、感覚…3つのジャンルの欲求を引き出し、脳の8つのエリアを刺激する41のトレーニングメニュー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10806 KB
  • 紙の本の長さ: 194 ページ
  • 出版社: あさ出版 (2016/8/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JADEC42
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 86,287位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
20代をピークに脳はもう成長せず、脳細胞は死んでいくだけと大昔になにかで聞いたことがあったんですが、脳の研究はずっと先に進んでいたんですね。
「実行力や判断力を司る超前頭野が成長するのは、50代を過ぎてから…」だなんて、人間が年を重ねて成熟するということが、ある意味化学的に証明されているようなものだと感じました。自分自身が40代を目前にして、あとは衰えていくばかりという思いにかられていたので、少し前向きな気持ちにも。
それでも、「脳の自動化」によって思考パターンががちがちに固まり、新しいことや、新しいやり方にどんどんチャレンジしなくなっていくことで、脳が衰えていくことも事実。そういえば、年齢を重ねていくにつれ、「自分はこうだから」と以前と同じようなものしか選ばないし、しなくなる傾向が強まっていた気がします。私自身もそうだし、自分の親なんかを見ていても感じていたことでした。
でも、それに気づくことができれば、意識的に新しい「欲求」を育てることで脳に刺激を与えて、さらに成長させることができると本書は教えてくれます。しかも、そのトレーニング方法が、決して難しいものではないのが嬉しいです。親にも読んでもらおうかなと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あまり良くなかったです、作者が人間の欲求の視点で物事を話してたのはとても興味深かったし、面白い話しもいろいろありました
でも最終的には1と同じに脳の番地に落ち着き、年代や性別を証明に脳のココとココと使えば欲望を抑えられますよって
そのトレーニングもまたあまり新鮮味のない又は使えない物ばかり
編集すれば、ルーティン化は脳に良くないから、新しいことをしましょう
個人的にはもっと欲望の抑え方について書いて欲しかった
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まずは脳は部位ごとに鍛えられる、というところに興味を持ちました。
また「人の欲求はその人がよく使っている脳番地から生まれやすい」
つまり「特定の脳番地で物事を処理するクセがついているから似たような欲求しか生まれない。」
すると「脳は活性化されない」とのこと。
そのために、それぞれの脳番地に相当するトレーニングが提案されているので、
まずは自分を改めて観察する必要があります。
自分発見の機会でもあり、新しい自分を生みだすチャンスになると思うと、ちょっとワクワクしてきました。
そして、脳を活性化するためのトレーニング内容は、五感を刺激するものばかり。
たいていのことは子供が遊びで自然にやっていることだったりします。
子供は本能的に脳をトレーニングして、いろんなことを吸収しているんですね。なるほど!と思いました。
育児中はどうしても規則正しいパターンを身につけさせるために、親も生活が単調になりがちで
自分のやりたいこともつい後回し。最近は子供たちがやまびこごっことかしていると、
「うるさいから静かにしなさい」って言う前に一緒に大声出してみたり(さすがに家とか車の中限定ですが)、
「一緒に遊ぼう」って言われたら「ママ忙しいからあとでね。」と言わずに、一緒に取り組
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
筆者の提唱する“8つの脳番地”を活性化させることが、自分の感情コント―ロールやストレス耐性、コミュニケーション力を強めると知り、脳トレーニングの必要性を実感します。
本書で一番衝撃を受けたのは、脳の発達を妨げる一番の敵が「慣れ」だということです。
マンネリ化した日常生活を送っていると、使う脳番地と使わない脳番地に偏りが生じ、使わない脳番地は衰える一方だという事実から、新しいことにチャレンジすることや、当たり前の日常生活に常に変化を加えていくことの大切さを痛感しました。

また、本書は自分自身だけでなく、子育て中の人にもかなりおすすめです。
育児書などでもよく脳を発達させる働きかけの大切さについて目にしますが、本書を読むと、どんな働きかけをすれば身体機能や感情、情報処理力などをバランス良く発達させることができるかわかりやすくまとめられているので、理解が深まります。
具体的な方法の例も充実していて実践もしやすく、かなり参考になりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す