アタゴオルは猫の森 DVD がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,200
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: dingdafeng
カートに入れる
¥ 1,880
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 幸売部 【在庫100%!   迅速配送! 各種決済可能です!】
カートに入れる
¥ 5,395
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アタゴオルは猫の森 DVD

5つ星のうち 3.5 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 1,200 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,144 (84%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、KaniHobby販売が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 850より 中古品の出品:7¥ 1,300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アタゴオルは猫の森 DVD
  • +
  • グスコーブドリの伝記 [DVD]
  • +
  • 銀河鉄道の夜 [DVD]
総額: ¥7,209
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山寺宏一, 小桜エツ子, 内田朝陽, 谷啓, 佐野史郎
  • 監督: 西久保瑞穂
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2007/02/21
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LPRK3Y
  • EAN: 4988064262311
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,562位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ロングセラーコミックを3DCGで映画化したファンタジー。2本足で立って言葉をしゃべる猫と人間が共存する自由の森“アタゴオル”。トラブルメーカーのデブ猫・ヒデヨシは封印の扉を開けて邪悪な植物女王を目覚めさせてしまい…。音楽監督は石井竜也。

内容(「Oricon」データベースより)

言葉を話し生活する猫と人間が共存している不思議な世界“アタゴオル”。ある日、いつもトラブルを巻き起こす陽気なデブ猫・ヒデヨシが、生き物全てを穏やかな植物に変える野望を持つ植物の女王・ピレアの封印を解いてしまう。果たしてアタゴオルの運命は?ますむらひろしの伝説のロングセラー・コミック『アタゴオル』シリーズが3D-CGアニメで映画化!特典ディスク付き2枚組DVD。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

このDVDは見る人の好みで、評価は大きく分かれる映画だろうと思います。

映画の冒頭が良く示しているように、ディズニー映画と見間違うばかりのミュージカル仕立ての歌と、ダンスの場面で始まります。多くのアクション、モンスターとの闘いのシーンも、今風のものです。

これをますむらひろしの漫画と同一のものと見るか、原作のストーリーとキャラクターを借りてきて、和製ディズニー風アニメとして全く新しく作り直されたアニメと見るか、人によって、捕らえ方は異なるかもしれません。

長年のますむらひろしの漫画のファンとして言わせてもらえば、これは、漫画とはまったく異なる別物です。

言葉でいうのは、大変難しいのですが、原作の絵にある何とも表現し難いミステリアスな雰囲気や、漫画そのものの、大人を惹き付ける魅力が全くと言って良いほどに、失われているように、私には感じられました。

最近のアニメを見てしばしば思うのですが、アニメというものが、如何に、技術だけでないか、心が通っていないと、うまくいかないものなのか、改めて、考えさせてくれました。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作のファンということもあり、かなりガッカリしました。
登場人物や設定が大幅に変更されていたことはさておき、何より、原作の持つ魅力的な雰囲気が少しも伝わってこなかったことが、最大の問題点だと思います。

主人公ヒデヨシの太陽のような力強い明るさ、住人達のあっけらかんとした気楽さ、彼らを取巻く世界の神秘と静けさ、そして、時折見える作者のウィットに富んだユーモア・・・原作にある魅力は挙げればキリがありませんが、映画ではそれらがすべて安っぽいものに置き換えられていると感じました。

原作を知らない人にとっても、物語の展開が唐突過ぎ、登場人物やアイテムの位置付けも分かりづらかったため、ついていくのに苦労したのではないかと思われます。

背景は美しかったので、フルCGにしたこと自体を問題だとは思いませんが、猫や人の動きがぎこちなく、質感もテラテラしており、違和感を感じました。また、歌の場面で流れる、本編に対して長すぎる映像も、何かの比喩のように見せておきながら、全く意図がつかめません。

同じくますむら氏が原作の映画、猫の「銀河鉄道の夜」が素晴らしかったこともあり、「アタゴオル」も、もっと力のあるスタッフに制作して欲しかった・・・と、原作のファンとしては残念でなりません。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作が好きな人間には微妙。映像は美しいのかもしれないが。
キャストの声もイマイチ。

しかし結局は表題につきる。

素敵な食材(原作)に下手くそな料理人の自己顕示欲をぶちまけて台無しに
した作品。本当に残念。石井と監督は心から反省してほしい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/12/28
ヨネザアド大陸にあるアタゴオルという架空の地で、猫と人間が当然のように会話し、生きている独特の世界観と絵柄が魅力で、それらはアニメ映画「銀河鉄道の夜」にも生かされています。

ヒデヨシは、「オレたち(オレは?)は、トコトン生きるために生まれてきたのよーっ」と猛烈な生命力で森の平穏をかき乱す。自由を愛し、食欲中心思考?! このデブ猫は、平気で盗み食いだってするし、つまらない倫理、常識など屁とも思わぬマイペース主義。憎たらしいが憎めない、そんなキャラ。ヒデヨシを中心に、その正反対の理性的存在、人間のテンプラやツキミ姫、そしてクールなギルバルスといった、ファンには馴染み深いキャラクターが活躍します。

3DCG映像は、ピクサーなど比べると、時間も、規模も、お金もかけてない割には、まずまずの画だと思います。ただ、絵柄やエフェクト頼りの見せ場作りの手法にメリハリがなくて、最初こそ「オオッ」と思うのだけれど、画面が“うるさく”感じることもあったかな。

ストーリーは単純ですから、ミュージカル的なシーンを挿入して中だるみを防止しています。説明過剰と思われるセリフも、子供向けということを意識しているのかも。でもあまぁ、秩序ある世界(=邪魔者のいない世界)を構築しようとする植物の闇の女王ピレアに挑むヒデヨシたちというお約束の展開ながら、決し
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック