この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウィザードリィII

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • アスキー ASCII
  • ロールプレイング RPG
  • ウィザードリィ2 ウィザードリィⅡ
新品の出品:6¥ 7,580より 中古品の出品:57¥ 180より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B000068HZS
  • 発売日: 1989/2/21
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 18,586位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

ダンジョン:アスキー


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

友達にウィザードリィ(ファミコン版)を安価で譲ってもらい、ベニー松山著のウィザードリィのすべてをフル活用してクリアー。その後ウィザードリィシリーズにハマってしまいました。

当時から中古でファミコンソフトを購入していた自分ですが、このウィザードリィ2だけは、一生(大袈裟)大事にしようと思い、新品をバイト代で買った覚えがあります。確か6800円だったと記憶しています(当時のファミコン版のドラクエより高い)。しかしそれだけの価値は、十二分にありました。キャラクターのレベルアップ、レアアイテム収集、マッピング等の楽しさが心を捉えます。ウィザードリィ1と違い、キャラクターに称号が付いてしまっても、何度でもエンディングを見る為の宝珠を取りに行けるのも、すごくこのゲームが気に入った理由です。

今もファミコン版の 1、2とプレイステーション版のリルガミンサーガは、手放さずに所有しています。キャラクターのレベルがどんなに高くなっても、アイテムを全部集めても、更にプレイしたくなる、まさに「Simple is the best」素晴らしいゲームです。ドラクエしかプレイした事がないロールプレイング好きの人にも強くオススメする傑作です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今回は善と悪両方のパーティーを交互に進めなくてはならないので、又、謎解きが多くなり(結構難しく感じました)階層は6階になりましたがボリューム感はありました。最後の迷宮でも偽物を掴まされたり(歩く又は戦闘1ターン毎にHP-1なので、これを捨てずに持ち帰る場合トロールの指輪が必要かと思います)、敵が飛び出したり、現在位置が判らなかったり、気が抜けませんでした。それだけに宝珠を持ち帰った時の達成感と見返り(*の戴ける人数)は大きいです。その後のアイテム集めもやはり楽しいです。善パーティーの方が経験値稼ぎポイントが多く、育て易い感がありました。前作より装備品の差がなくなり忍者が(その他悪キャラも)弱くなったような…。各種攻撃に耐性のある魔法アイテムも増えましたが、石化だけは防ぐものがなかったような気がします。あと、スタート時が難しくなかなか先へ進めませんでした。それを乗り切るとどんどん面白くなっていきました。方眼紙にマップを 書き込むのも楽しみの一つでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もう発売から20年以上経つが、レビューを書いてみます。

「リルガミンの遺産」はウィズシリーズでは3番目のシナリオだ。

2番目のシナリオの「ダイヤモンドの騎士」は最初のシナリオのキャラデータを引き継ぐ前提のバランスなので、レベル1のキャラでは何も出来ない無理ゲーだ。この互換性問題で「ダイヤモンドの騎士」の移植はアスキーにとって厄介なことであった。

ファミコンでは外部にデーター保存はできなかった。ターボファイルのように外部接続の記憶装置はあったが、これは普及していない代物だった。

ゆえにレベル1から挑戦できる3のシナリオがファミコンでは先に移植された。

「リルガミンの遺産」は敵が数で押してくるので、難易度が高い…のだが敵を倒しても経験値が低くレベルが上がりにくいという問題がオリジナル版や国産パソコン移植版にあったので、ファミコン版は得られる経験値を高めにして、この時代には失われた3種の神器を復活させた。
善と悪のパーティーがそれぞれ侵入できる階(固定)を探索して、協力して進めなければ最後で詰まるという、このシナリオも賛否があったらしい。

僕はそんな事情に関係なく遊んだ。面白かった。
この緊張感はウィズならではだ。故・羽田健太郎さんの音楽
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告