この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウィザードリィ

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • アスキー ASCII
  • ロールプレイング RPG
  • Wizardry (PROVING GROUNDS OF THE MAD OVERLORD)
中古品の出品:21¥ 1,800より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B000068HZP
  • 発売日: 1987/12/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 12,143位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

元々はApple用のゲームだが、このゲームの熱狂的なファンだった遠藤雅伸氏(若い人は知らないかも知れないが、ナムコが一番尖がっていた初期〜中期にかけて、先鋭的な作品を次々に送り込んでいた伝説的な存在)率いるゲームスタジオが移植を担当。音楽は故羽田健太郎氏、キャラクターデザインは末弥純という豪華極まりないメンバー。たいてい、大御所を複数起用したのが売りのゲームはメーカー側の調整が失敗して期待外れの駄作になることが多いが、このゲームに関しては、奇跡的に、或いはただの偶然か、とにかく各クリエイターの持ち味が最大限に発揮されて非の打ち所のない作品に仕上がってしまった。もともとBGMなど付いていないワイヤーフレームの殺風景なゲーム(今からすると)だったが、ファミコンのチープで素朴な音色と楽曲が実に相性が良くて、後に様々な形でアレンジバージョンが世の中に出たが、オリジナルに慣れてしまうともはやファミコンの音色でなきゃ駄目!とすら思えるほどである(因みにBGMはON、OFFを選べたはずだ。)。末弥純のキャラクターデザインもこれまた実にセンスがあり躍動感のあるポーズのものが多いが、これを色数が極端に限られ、また解像度のあきれるほど低いドット絵に変換したゲームスタジオの面子も凄いと言わざるを得ない。オリジナルではワイヤーフレームで表示されていた迷路も、ファミコン版では壁のグラフィック付きのバージョン...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
皆さんは知っているだろうか?DQがこのゲーム(と「ウルティマ」)をお手本にして出来たという事を。
Appleと言うコンピューターが発祥で、全世界に知れ渡っているコンピューターRPGの1つ。
「テーブルトークRPGのゲームマスター(進行役)をコンピューターにやらせたい」と言うコンセプトがあるゲームで、プレイヤーの「想像力」が無いと単なる文字だけのゲームとなってしまう。
地下10階層(各階30x30マス)にも渡る広大な迷宮で、奪われたアミュレット(護符・お守り)を奪い返すのが当初の目的。
目的達成を果たしても、このゲームは終わらない。なぜなら「キャラクターを育てる事」と「レアアイテム収集」がこのゲームの醍醐味なのだ。
「妖刀 muramasa(村正)」「聖なる鎧」「手裏剣」
この3つが「三種の神器」と呼ばれ、もっとも出にくいアイテムだ。
また、「転職」もこのゲームの持ち味だ。
「侍」「ロード」「忍者」の3つの上級職は誰でもなれる物ではなく、選ばれた者だけがなれる職業なのだ。
最後に、この世界では「死」は本当に死なのでご注意を。
下手に蘇生に失敗すると自キャラは二度と復活しない…。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作は衝撃でした。
パッケージ自体当時としては異色の大人向けの配色やデザインでした。
ゲーム内容もそれに準ずるような完成度です。
ファミコンカセットは本来子供向けのコンシュマー機だと思いますので、これはとても子供向けとは言えません。
・・が、そういう徹底した姿勢が功を奏し本作はファミコンカセットの本物RPGとして永遠に名前が刻まれる事となりました。
バランスも全てのシリーズを遊んだわけではありませんが、恐らくトップクラスと思います。
これほど余計な描写が無く硬派なRPGとして徹底したゲームを私は他に知りません。

音楽も最高の雰囲気を演出しています。たとえ現在のゲームと比べてもここまで内臓音源を突き詰めバランスの良い完成度だと、単純に音を豪華にしてもそうそう適うものではありません。こういうところは黄金期のファルコムさんにも通じるところがあります。

ゲーム内容はシンプルでプレイヤーはあまり余計なことを考えずにゲームに没頭できるという大変いい例だと思います。
メーカーさんは当然なるべくヒットさせる為に制作にあたると思いますので、分かっていながら悩ましいところだとは思いますが、
現在のRPGはあまりにプレイヤーの意見を気にしすぎだと思うのですが、どうでしょう?本作はき
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/12/2
世界中のゲーマーを熱狂させたRPGの始祖的な作品。ファミコン版はシリーズの1作目に当ります。因みに2はパソコン版の3、3は
パソコン版の2を移植しました。今作は原作を忠実に再現しながらグラフィツクや音楽のさらなる強化を果たし非情に出来のいい完成度
を誇っていると思います。今までに発売された3Dダンジョンものはすべてこのゲームを下敷きにして作られている感じですよね。
それほど偉大なゲームといえるのかもしれない。

とにかく潜りゲームはここから始まったわけだ。もちろん侵入すれば使命を果たすまで再び日の光を見ることができないということを覚悟して・・・。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー