アジャストメント [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,500
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: nice mall
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アジャストメント [DVD]

5つ星のうち 3.3 84件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 920より 中古品の出品:3¥ 1,057より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオアジャストメント (字幕版)¥ 0で観る

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アジャストメント [DVD]
  • +
  • ヒア アフター [DVD]
  • +
  • 幸せへのキセキ [DVD]
総額: ¥2,260
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マット・デイモン, エミリー・ブラント, テレンス・スタンプ
  • 監督: ジョージ・ノルフィ
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/05/09
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 84件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QJSYPW
  • JAN: 4988102062361
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 74,407位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの感動との再会を
新たな感動との出会いを

ユニバーサル 100周年
ユニバーサル シネマ・コレクション DVD


操作された《運命》を取り戻せ。「ボーン・アルティメイタム」製作スタッフ × マット・デイモン主演の最新SFサスペンス!

【キャスト】
マット・デイモン /エミリー・ブラント/テレンス・スタンプ

【スタッフ】
監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ

制作年:2011年

Film (C) 2010 Universal Studios. All Rights Reserve.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『トゥルー・グリット』のマット・デイモン主演によるSFサスペンス。若手政治家のデヴィッドは、運命的に出会ったバレリーナのエリースにひと目惚れする。しかし、突如現れた男たちに拉致されてしまい…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
総合的に評価はあまり高くないようだが僕は好きだ。

「人には決められた運命がある」
筋書き通りの人生を歩むように、人々の歩む道筋を常に監視をし調整している時空の介在人が存在する・・・・・そういう映画である。
SFではあるのだが恋愛映画でもある。

何の予備知識も無く観たこの映画だが冒頭部分約30分間はなんだかわけがわからず物語が進行する。僕も主人公のデヴィットも訳が分かっていない。

あのとき・・人生の岐路で選択肢を変えていたらどうなっていただろうか・・と、自らの人生を振り返ることは誰にもあるだろう。夢に向かって突き進んだことや逆に無為に過ごしてきた時間もあるだろう。

この映画のすばらしさはその決められた運命を逸脱してでも「自ら選んだ道を突き進むべし」という人生のあり方を示している。またそれも「運命」には違いないのだが。

マット・デーモンの演技も素晴らしい。何でもこなせるとても器用な役者だと思う。日本の俳優で言えば「香川照之」さんだろうな。
「グッド・ウィル・ハンティング」からのファンで僕の一番好きな役者だ。
共演のエミリー・ブラントもとてもチャーミングでしかも妖艶で美しい。役柄ではバレエダンサーをしている。彼女の踊るバレエはとても素晴らし
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この映画のマット・デイモンは記憶が無くなったり一撃で敵を倒すようなアクションはないですね。見所は普段無口なデイモンの議員候補役(NY下町育ちで昔やんちゃだったw)と有名になるダンサー役のエミリー・ブラントの絡みですね。エミリーブラントの不安げな表情はチャーミングですね。最近はAll you need is killとかsicario(ボーダーライン)など筋肉質な役どころが多いですが、恋愛ものもこなすいい女優だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
もっとアクション満載のSFアクションものかと思ったら、とんでもなかった。
運命だとか、神だとか、についてがテーマでした。

扉の向こうがまったく別の場所に通じるところが、
とってもワクワクさせるシーンだった。
Matrix Reloadedのシーンによく似ているが、あっちは
あくまでコンピュータサイエンスが発想のもとか。
フィリップ・K・ディックの原作は読んだことがないが、
もしかして藤子不二雄先生のどこでもドアはここからの
発想なのか?(あるいは逆?)

それから、天使の姿は、ベルリン・天使の詩に近い。
これもどっちがオリジナルかはよくわからない。

全体としてファンタジーとしてよくできているし、
ハッピーエンドで元気も出るので星4つです。

でもアメリカ映画では、大体続編とかができると、第1作で
熱愛に陥った二人が簡単にお別れしてしまっているケースが
多いけど、神様はそれも許してくれるんですかね?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ディック原作だからばりばりのSFアクションかと思ったら
いい意味で裏切られた。そう来るか。
無駄にだだっ広い風呂敷の広げッぷりが楽しい。
SFはこうでなくちゃね。

『調整局』のエージェントのみなさんがどこか抜けてていいのね。
スゴイ能力持ってる割りにやることがちっこまくてさ。
コーヒーをこぼしたりとか、電話をつながらなくしたりとか。

今回は普通の人のマット・デイモン、彼を追う「調整局」の面々、
登場人物がみんな素朴で素直な感じで、サスペンスなのに
なんとなくほのぼのしていて、安心してみていられる。

あと、ヒロイン役のエミリー・ブラントがきれいだね。
ゴージャスで、ちょっとクラッシックな顔つき。いいなあ。

サスペンス映画なのにどこかほのぼのとして安心してみていられる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「運命調整局」という古代より人類の欲望を調整し破滅から救ってきたという集団に、将来は大統領まで上り詰めるだろう下院議員(マット・デイモン)が「運命調整局」の命令に反逆しながら愛する恋人との将来を切り開いていくって物語。
話の大半は恋愛もので、シリアスなSF的展開にはならない。
SFサスペンスというよりは恋愛SF映画ってところだろうか。
人間の運命をコントロールする「運命調整局」というネタは面白いのだが、最初から「運命調整局」の正体をばらして話が進んでいくので主人公がなぜ彼らから狙われるているのかが分かってしまっていて、サスペンス的要素と緊張感が失われている。
ここがこの映画の最大の欠点だと思う。
マット・デイモンファンに分かりやすく、SFタッチの恋愛映画に仕上げたとも取れるが、僕にはつまらない作品でしかなかったなあ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー