通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯ありです。カバーは若干のスレと汚れがあります。中身は非常に綺麗な状態で折れや書き込みもなく良好です。Amazon専用在庫のため、品切れはありません。すぐ発送できます。最短でのお届け希望の方は「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」を選択して注文を確定してください(有料オプション。Amazonプライム会員は無料)※商品説明文と実際のコンディションが違っている場合は、返金対応させていただきますのでご安心下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/18

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,062

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント
  • +
  • SCRUM BOOT CAMP THE BOOK
  • +
  • アジャイルサムライ−達人開発者への道−
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 228pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本生まれ、米国育ち! 注目のソフトウェア開発手法「スクラム」! 本書は、企業の経営層に向けて、ソフトウェアの開発手法アジャイルとその手法の1つである「スクラム」を体系的に解説するものである。また、スクラムはソフトウェア開発のみならず、組織や企業活動、企業経営全体にまで適用できることを示し、この手法を取り入れ、ビジネスと一体となってソフトウェアを開発する組織や、その組織に息を吹き込む、新しいタイプのリーダーシップ像について考える。日本におけるアジャイル開発の第一人者、平鍋健児氏と、世界的な経営学者でありスクラムの提唱者、野中郁次郎氏の両者が、日本企業のリーダーシップと競争力を高めるために必要な、知識創造プロセスの重要性を提言する。

内容(「BOOK」データベースより)

企業の経営層に向けてソフトウェア開発手法の「アジャイル」とその手法の一つである「スクラム」を体系的に解説。スクラムはソフトウェア開発のみならず、組織や企業活動、企業経営全体にまで適用できることを提示する。さらに、この手法を取り入れ、ビジネスと一体になってソフトウェアを開発する組織や、その組織に息を吹き込む、新しいタイプのリーダーシップ像についても考える。日本におけるアジャイル開発の第一人者と世界的な経営学者・スクラム産みの親による提言。業界をリードするリクルート・富士通・楽天の最新開発事例を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798129704
  • ISBN-13: 978-4798129709
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
最近流行の開発手法アジャイル。
ユーザ要望に早期に対応するための開発スピードの短縮化など
メリットが多いように感じる。
「しかし本当に使えるものなのか?」
そんなところから私は読み始めた。

私の感覚では、
お固い大企業にとっては、労働時間やメンバの協労などの関係から
使えない手法かなとも思っていた。
しかし週40時間以上やらないことやメンバ間の対話など、
継続的に活用できる仕組みがあるということなど問題に対する解決策も十分に得れた。

ソフトウェア開発でよくある問題は、
作るということに終始し、チームとしてどんな目標に向かうのか
ということもなく、期限までにできたできないという評価が多かった。

しかしアジャイルでは、
ビジョンや目的を語り、そこに向かって、リーダシップを発揮していき、
対話などを通じて、共鳴・共振を行い、
より早く、優れたソフトウェア開発を実現するということになるのだろう。

ソフトウェア開発をする組織はこれからセンゲのいう「学習する組織」になる必要がある。
またそういった組織を作り上げることでより高い成果に繋がっていくのだろう。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アジャイルといえばアメリカ発。良書といえる書籍も翻訳本ばかりだ。
欧米ではアジャイルが一般的な手法として定着しつつある一方で、日本では、企業文化の違いから困難と言われる。そして普及しているとは決して言いがたい。

そんな中、本書は、日本人が日本人にむけて書いている点でポイントが高い。
日本の企業文化を考慮しつつ「このような風に広めていけば良いのではないか」といったスタンスで書かれている。

したがって、アジャイルの意義や考え方を心理的な抵抗なく学ぶことができる。
私もアジャイルサムライをはじめとしていくつかアジャイルの本を読んだが、本書によってようやく腑に落ちた部分もあった。

各プラクティスや具体的な実践方法については参考程度にしか書かれていていないが、
日本人でアジャイルに興味があるなら、読んで損はしない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
オブジェクト指向やアジャイル関連で知らない人はいない平鍋氏のほぼ書きおろしです。

最近急に人気が出たスクラム。その成立に日本人が関係しています。帯にも「日本生まれ、米国育ち!」と書かれていますが、それが間違いである事が読めばわかります。あくまでも米国生まれ米国育ちの手法です。最初巧くいかず、様々な論文をさがしているうちに野中先生の「The New New Product Development Game(新しい、新製品開発の方法)」(1986)という論文を見つけて方法論として確立したという事でした。

野中先生はソフトウェアの事は全くご存じではありません。論文は、新製品開発のプロセスを日本型と米国型で比較したものです。NASAを代表とするウォーターフォールよりも、「ラグビーのようにボールを前後に回しながらチームで一丸となってボールを運ぶ」という組織が成功しているという論文です。スクラムという用語もこの論文が元になっています。

この本は様々な立場の方が興味を持てるように雑多な情報が詰め込まれています。私が一番面白かったのは次の2点でした。
1.組織的な知識を生み出す「SECI(セキ)モデル」
 暗黙知と形式知が順に変化することで知識が創造されるという考え方です。
 わかりやすく解説され、納得
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ソフトウェア自体が企業の競争力の源泉となってきて、ビジネスで成果をあげるためには、
良いソフトウェアを早く市場に投入していくことが必要なのは言うまでもないことだ。
そのためのひとつの手段としてスクラムをはじめとするアジャイル開発手法がある。
昨今、日本のソフトウェア業界でもアジャイルについて注目を集めるようになってきたが、
まだまだ旧態依然とした開発を進めているところも多く、またアジャイルやスクラムを表面的に
「早い・安い・うまい」手法として期待してしまい成果があげられていない例も多いと思う。

本書では、楽天をはじめとする大手企業の事例を詳細に紹介しつつ、単にプロジェクトレベルの最適化ではなく、
組織をどう「アジャイル」にしていくかについて説明されている。
ある人はこう言っている。「スクラムは組織の機能不全を明らかにするためのフレームワークだ」と。
現場でのスクラム導入によって組織の問題が明らかになることは非常に多い。
それを制約として受け入れるか企業全体のために変えていくかによって組織の将来も変わってくるだろう。
本書にはそういったことについてのヒントが沢山詰まっており、是非ソフトウェアに関わる管理職や経営者に読んでもらいたいと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック