中古品
¥ 1,456
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、本文に書き込みもなく、全体的な本の状態おおむね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジャイルプロジェクトマネジメント 単行本 – 2005/6/9

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 945
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アジャイルプロジェクトマネジメント 最高のチームづくりと革新的な製品の法則
アジャイルプロジェクトマネジメント

最高のチームづくりと革新的な製品の法則

 短い納期,頻繁に変わる顧客の要求。そんな中で注目が集まるアジャイルは,ソフトウェアの開発手法として語られることが多かった。本書はその考え方をプロジェクト・マネジメントの立場でとらえている。現場の経験から導き出された数々の原則(プラクティス)を核に,アジャイルなプロジェクト・マネジメントの有効性やあるべき姿を詳細に説く。先進的な取り組みだけに現場で成功させるのはたやすくないだろうが,明快で自信に満ちた著者の言葉に,不思議に勇気づけられる一冊だ。


(日経バイト 2005/09/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

本書は、新製品の開発、それも世の中の変化に対応した「革新的な新製品」を開発するためのプロジェクトマネジメント本です。そこでは、構想を練り、要求を探索し、変化するビジネス環境や顧客ニーズに適応しながら、製品をつくり出していきます。従来の計画をそのまま遂行するプロジェクトマネジメント(PM)とは根本的に異なるものです。本書が唱える「アジャイル」とは、変化に対応し、変化をつくり出す能力であり、その能力をPMに取り入れたのが、アジャイルプロジェクトマネジメント(APM)です。情報家電などますます新しい発想が求められる新製品分野にあって、プロジェクトマネジャーは何を考え、行動すべきか。今までにない新しい視点が得られる一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 日経BP出版センター (2005/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822282295
  • ISBN-13: 978-4822282295
  • 発売日: 2005/6/9
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 476,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「最高のプレイヤーがいるチームが最高のチームだ」
「スキル不足をプロセスで穴埋めする事はできない」
「バスに乗っている一部の不適格者のために官僚的なプロセスを適用すると、適格者がバスから降りてしまう」
「問題に慌てて対応してしまうと、後で技術的な負債が増大していく」
プロジェクトマネジメントオフィスからではない、現場からのリアリズムあふれる直言。
近道なんてない。ただ当たり前の事を当たり前に地道にやっていこうという本。アジャイルとはかかれているが、アジャイルには限らないプロジェクト管理の基本。
あなたが抱えている問題に、あなたに代わって答えを出してくれるHow to本ではないが、あなたが自分で考える手助けをしてくれる筈。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
(日本の体制で言うところの)プレイングマネージャとリーダの皆様にお勧め。
少し古い本ですが、まだ読んでいない方は読んでみるといいです。
・ウォーターフォール開発プロセスに限界を感じているが、他に方法が無いと諦めかけている人。
・マネージャになってみたものの、仕事の実態は営業と事務処理。何か違うと思っているが具体的にどう違うのか整理の付いていない人。
 この本で、答えが見出せる可能性が高いです。

プロジェクトの掛け持ちを強要してくる経営層に対して、マネージャーの待遇改善を持ちかけるネタにも使えるかもしれません。

 読みやすく、また、楽しませてくれる本です。アジャイルなPMとはどういうことかといったややお堅い解説に加えて、別々の文化を持つ2つの会社のマネージャ(伝統的なプロセスを重んじる文化の会社の社員ハーマンとアジャイルな文化を実践する会社の社員マヤ)が登場する物語的な部分があります。この2人の会話で、これまで伝統的プロセスでやってきたマネージャ(私たち読者)が抱くアジャイルプロセスへの疑問をハーマンに代弁させ、それにマヤが答えるといった形になっていて、自分の疑問に答えてもらったかのような気にさせてくれます。

 失敗するプロジェクトと成功するプロジェクトを、対比させる形で記述して
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自らが参画するプロジェクト、その成功は?

対場によって目指すゴールにギャップを感じ、プロジェクトマネジメントの難しさに直面された方も多いことと思います。

この本で語られる「アジャイルプロジェクトマネジメント(Agile Project Management)」とは、競争力のある製品により「変化を作り出す」こと
チームで「変化に対応する」ことこの両者が一体となり、「変化を味方につける」新しいマネジメントの考え方である
 と示されています。

実際に読まれて「なんだ。自分の判断は正しかった。」と感じる方も多いのではないでしょうか?

実は(生意気かもしれませんが)私も「やはり、間違っていなかった!」と感じた一人です。

もちろん、新たに学ぶことも多く、よい意味で考えさせられました。

ここで解説されるアプローチは、日本の現場にとても親和性のあるアプローチです。

チーム作りのポイント「や「毎日のミーティングでリズムを作る」効き目のある「意思決定の枠組み作り」など、
今すぐにでも実践できそうな考え方や行動のポイントがわかりやすく書かれています。

また、事例も多く盛り込まれています。
<
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告