Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 3,110

¥ 346の割引 (10%)

ポイント : 31pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[Mike Cohn]のアジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~ Kindle版

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 3,110

紙の本の長さ: 336ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊ページ】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


「イントロダクション」より

本書のタイトルを「アジャイルプロジェクトの見積りと計画づくり」とすることもできた。だが実際には「アジャイルな見積りと計画づくり」というタイトルになっている。2つの違いは些細に見えるかもしれないが、そうではない。採用した現在のタイトルは、見積りや計画づくりといったプロセスを、アジャイルに進めなければならないと謳っているのだ。見積りと計画づくりがアジャイルでないのに、プロジェクトがアジャイルであるということはありえない。

本書は主に計画づくりを扱っている。計画づくりとは「なにをいつまでに作ればいいのか?」という質問に答える作業だと私は考えている。しかし、この質問に答えるためには、まず見積りに関する質問(これの大きさは?)と、スケジュールに関する質問(「いつできるのか?」「このときまでになにができるのか?」)に答えねばならない。



「訳者あとがき」より

本書は2005年10月に出版されたMike Cohn 著『Agile Estimating and Planning 』(Pearson Education, 2005)の全訳です。著者のマイク・コーンはアジャイル開発手法のひとつであるSCRUM に最初期から携わっているアジャイル開発のスペシャリストです。

本書の原著が出版されてから3 年になります。「動きが早い」とよく言われる( ほんとうにそうでしょうか? と思いますが、それはまた別の話)ソフトウェア開発業界にあって「3 年前の書籍の翻訳」は不利に働くこともありますが、本書に限ってはそんなことはありません。むしろ日本の皆さんにいま、本書をお届けできるのはとても良いタイミングだと考えています。その理由は主に3 つあります。

まず、出版から3 年が経過した現在、本書の原著は北米圏のアジャイルソフトウェア開発コミュニティで「必読の一冊」という評価が確立していることです。本書はさまざまなアジャイルソフトウェア開発やソフトウェア開発の見積りや計画に関する書籍や記事で参考文献とされています。ロバート・マーチンによる「まえがき」にあった「本書は名著と呼ばれることになるだろう」という予言は見事成就したといえます。

次に、今回の翻訳の出版にあたっても著者のマイクから「出版されてから年を追うごとに売行きが伸びているよ」とメールで教えてもらったことです。これを裏付ける現象として、マイク自身も「日本の読者に向けて」で語っているように、北米ではここ数年でメインストリーム企業がアジャイル開発を採用する事例が急速に増えています。

理由の最後は、実は本書が訳者の私たちの「秘密兵器」だということです。過去3 年間、私たちはさまざまなソフトウェア開発の現場をアジャイルにしていくうえで、本書を大いに参考にしていました。誰よりも訳者である私たちが、本書の内容は日本の開発現場に適用できると確信しています(そして、適用できる現場の数は確実に増えていると感じています)。

本書のような名著の翻訳を私たちが手がけられたことを光栄に思うと同時に、私たちの「秘密兵器」がこうして日本の皆さんの手に入りやすくなってしまうことを少しだけ残念に思います :-)

著者について

【訳者略歴】
安井力(Tsutomu Yasui)
オブジェクト指向技術からアジャイル手法に傾倒し、プロセスとファシリテーションを中心にコーチングやメンタリング、ときにはプログラマやメンバーとして、チームがアジャイルになるための支援をしている。モデリング、Python、人間系の問題も興味がある。株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター所属。日本XPユーザーグループスタッフ。「Agile Conferenceに行こう!の会」メンバー。
認定SCRUMマスター。著書に『Web2.0ビギナーズバイブル』(共著、2007年、毎日コミュニケーションズ)、『Webアプリケーションテスト手法』(共著、2008年、毎日コミュニケーションズ)。
通称はやっとむ。

角谷信太郎(Shintaro Kakutani)
「楽しさ」がシステム開発の生産性を左右すると信じてRuby によるアジャイル開発を現場で実践するテスト駆動開発者。好きな言語はRuby。好きなメソッドはObject#extend。好きな映画は『未来世紀ブラジル』。日本Ruby の会理事。株式会社永和システムマネジメント サービスプロバイディング事業部チーフプログラマ。
著書に『Java から Ruby へ』(翻訳、2007年、オライリー・ジャパン)、『アジャイルプラクティス』(共同監訳、2007年、オーム社)、『インターフェイス指向設計』(監訳、2008年、オライリー・ジャパン)。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 97216 KB
  • 紙の本の長さ: 337 ページ
  • 出版社: マイナビ出版 (2009/1/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IR1HYGW
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 16,934位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


10件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年12月26日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月22日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月2日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年10月16日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年2月6日
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年3月24日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年4月20日
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年11月24日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover