中古品
¥ 481
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、多少のスレ、イタミ等はありますが、使用感少なく、書き込みなく、状態は良好です(あくまで中古品であることをご理解頂いた方のみのご注文をお待ちしております)。自社在庫商品の場合はプチプチまたはクリスタルパックにて梱包し、日本郵政ゆうメール(追跡番号無)にて送付致します。(ゆうメールは土日祝の配達は致しません。また、商品を出荷してから到着までに7営業日ほどかかる場合がございます。またアマゾンマーケットプレイス規約の定める配達期限内での未着に関するお問い合わせはお答えしかねます。左記内容を予めご了承の上ご注文お願い致します。)また、 アマゾン在庫商品の場合は【Amazonセンターからの迅速発送、管理ラベルは透明フィルムの外側に貼っています】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジャイルと規律 ~ソフトウエア開発を成功させる2つの鍵のバランス~ 単行本 – 2004/8/5

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 481
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アジャイルシリーズ第2弾!
「俊敏さ(アジリティ)」を重視するアジャイル開発。開発当初の計画段階での「決めたこと(規律)」を重視する従来型開発。「アジャイル(俊敏さ)」と「規律」は、一見、相反するように見えて、実はソフトウエア開発を成功させるためには両方が欠かせません。本書は、従来からある計画駆動アプローチとアジャイル・アプローチを比較し、両者が互いに補完しあえる手法であり、この二つの要素をうまくとり入れていくことの重要性を説いた読み物です。規模、重要度、変化の可能性、人、文化といった観点に加え、ケーススタディや一日の仕事の流れから両者を比較します。従来型開発か、アジャイル開発かに迷う読者に、両方のよさを取り入れた開発法を説いたソフトウエア業界の巨匠による示唆に富んだ1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

従来型か?アジャイル開発か?方法論戦争に一石を投じ、迷えるエンジニアに両手法の長所をとりいれた現実解を提示。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2004/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822281922
  • ISBN-13: 978-4822281922
  • 発売日: 2004/8/5
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 663,225位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
あたりまえのことだけど,アジャイルプロセスは,どんな企業にも,どんなプロジェクトにも,どんな顧客にも向いているわけじゃない.ベームはそこを,5つの軸で評価して,そのリスク分析に応じて,計画型とアジャイル型をバランスしよう,と言っている.当然のことなんだけど,このバランスという視点はいつでも大切なんだ,と再認識させてくれるし,5つの軸の具体性に説得させられる!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アジャイルも規律を重んじる計画駆動型も実際の開発プロジェクトでは必要となるので、それをどのように適用していくかがポイントであると考えます。特に、ビジネスとしてのシステム開発では、開発するシステムの特性を分析して、できるかぎりリスクを排除しながら、安全にやり遂げていくことが、顧客にとっても開発者にとっても重要と思います。
この本では、そのような現実にさらされた開発者にとって、開発を進めていくための指針になることが具体的な指標として示されており、非常に有益な本だと思います。開発方法論の論争に食傷気味で現実的な解を求めていた私にとっては重要な本の一つになりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書の内容は悪くないと思います。しかし、色々なプロセスや手法を解説しているものの、著者達自身が実際にどこまで理解できているかがはなはだ疑問の解説があることが残念。特にCMMの部分はかなり間違った解釈(要件が安定していないと適用は難しいとか重量で融通が利かない風な解説)が多い上に、実際にあまり著者自身が実戦経験がないとハッキリ分かってしまう部分がある。著者の一人はビッグネームであり、もう一人はCMMIの策定メンバーとあるが、名前や肩書きを鵜呑みにするのは危険であるという証明になるかもしれない。
 これからプロセスや手法及びプロジェクト管理を学ぼうと思う人は、あくまで1つの本として参考にすることが必要だ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告