中古品
¥ 1
+ ¥ 349 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾン専用商品です。比較的状態の良い商品です。経年によるヤケ箇所等少し有りますが、文中良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アジア経済ハンドブック〈2001〉 単行本 – 2000/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

14カ国・地域の経済動向を分析
1980年代に高度成長を遂げ、「世界の成長センター」と評された東アジア諸国。だが、97年7月、タイで通貨危機が起きると、近隣のアジア諸国に波及し、アジア全体が一転して経済危機に陥ってしまった。それから2年、東アジアは予想以上に早い経済回復を遂げようとしている。

では、アジアは通貨危機以前のような勢いを取り戻すことができるのだろうか。本書は改めて、政治、外交、経済といった戦後の東アジア諸国の道のりをたどりながら、アジア経済の将来を展望する。

本書は総論編と各国編に分かれる。総論編では通貨危機の原因、東アジア経済へのインパクト、経済回復の道筋を分析した上で、今後のアジア経済の課題や日本の役割について記している。各国編では韓国、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など14カ国・地域について、政治・外交の流れをまとめ、過去の経済動向、通貨危機後の経済状況と今後の課題、日本との経済関係について論じる。各種の経済指標も豊富に加えられている。

通貨危機という新たな事態を踏まえたアジア経済の入門書として、手軽に読める1冊だ。


(日経ビジネス2000/7/17号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
-- 日経ビジネス

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、総論編と各国編からなり、総論編では、危機以前のアジア経済の構造変化をふまえつつ、通貨危機の真の原因、通貨危機の東アジア経済へのインパクト、経済回復の道筋を分析し、今後のアジア経済のゆくえや日本の役割などについて展望している。各国編では、(1)政治・外交の流れ、(2)過去の経済動向、(3)通貨危機後の最近の経済状況と今後の課題、(4)日本との経済関係について、経済指標を示しつつできるだけ客観的に論じている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 全日法規 (2000/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4921044163
  • ISBN-13: 978-4921044169
  • 発売日: 2000/05
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,102,142位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう