通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アジア共同体―その構想と課題 がカートに入りました
+ ¥360 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: わずかに汚れなどがありますが、状態は良好です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジア共同体―その構想と課題 (日本語) 単行本 – 2013/12/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/12/1
¥4,104
¥4,104 ¥240
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アジア共同体の実現は夢の話ではない!“東アジア共同体”或いは“アジア共同体”構想の立案創設は、時代の成り行きであり、時間的な問題である。TPPがアジア共同体の主体となるか?アジア共同体と離反するか?アジア太平洋地域協力関係研究の第一線の学者研究者が精力的に考察究明した労作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

林/華生
早稲田大学国際学術院教授、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。早稲田大学アジア太平洋研究センター教授、早稲田大学中華経済研究所所長。一橋大学経済学部・経済修士課程修了。ロンドン大学博士号取得。シンガポール国立東南アジア研究所、シンガポール国立大学、中京大学などを経て、1998年より早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。南開大学、同済大学、上海交通大学、北京師範大学、北京大学、中山大学、復旦大学、ヘルシンキ大学、南洋工科大学などの顧問・客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません