この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジア・オセアニアの英語 単行本 – 2006/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 30,842 ¥ 875

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

アジア・オセアニアの共通語はやっぱり英語。各国の英語の特徴
は? 言語政策の中で英語はどんな位置を占めるのか? どのように英語が教え
られているのか? フィリピン、シンガポール、マレーシア、インド、韓国、香
港、タイ、ベトナム、フィジー、オーストラリア、ニュージーランドの英語
事情をお知らせします。

著者からのコメント

アジアは現在、世界で最も急速な経済成長を示す地域である。こ
こでは、各国の間で、ヒトとモノの活発な動きが見られる。アジアの人々の
相互交流は年々盛んになってきている。
アジアに住む人々は、どうやって、民族や国家を越えたコミュニケーションを行
なっているのだろうか。それは英語を用いているのである。この地域の貿易
や外交などで使われる言語は主として英語である。留学先の研修や観光案内でも
英語が頻繁に使われる。タクシーの車内や土産物の店内でも英語が飛び交う。海
賊でさえも英語を話さなければやっていけない。アジアのコミュニケーション言
語は英語である。
言語の影響力に関して、他の地域と比較するならば、アジアにおいては、英語の
影響力の強さが印象的である。ヨーロッパでは、ドイツ語とフランス語という強
力なライバルが存在する。アフリカではフランス語が旧フランス植民地を
中心に、依然として英語の競合相手である。南米ではスペイン語が共通語として
強い影響力を持っている。しかし、アジアでは、共通語としては、英語の独壇場
である。さまざまな国にまたがる組織を作り上げるときは、作業言語として
英語以外の言語がはたして考えられるだろうか。一例を挙げれば、ASEANという
地域協力機構では、組織の運営を行なう言語として、マレー語や中国語ではなく
て、英語がためらうことなく選択されたのである。
各国の言語政策担当者たちはこの強力な英語に対してどうしているだろうか。韓
国や台湾では小学校への英語教育の導入が大胆に行なわれている。日本において
は英語の第2公用語論が唱えられたり、文科省により「英語が使える日本人
育成の行動計画」が進められている。アジアの諸国の為政者たちは、自国の
将来は英語と深く関係すると考えているようだ。
アジアの人々が話す英語はイギリスやアメリカのいわゆる正統英語とは若干
異なっている。いろいろな歴史的な要因によって英語は太平洋の各地に広まるう
ちにさまざまな変種を生み出してきた。社会言語学の観点からは、この多様な
英語を大きく3種類に分けることができる。
まず、ネイティヴ・スピーカーの話す英語である。次は、アメリカ・イギリスの
旧植民地諸国の英語、最後に日本や韓国、ベトナム、タイなどの英語である。そ
れらの英語は、EFL (English as a Foreign Language)と呼ばれている。ここで
は、英語は日常的に使われることはなく、外国語の1つに過ぎなくて、英語に堪
能な人の数は少ない。これらの国々では基本的には英語を知らないでも十分に生
きていけるし、とりわけ生活に不便を感じることはない。なお、ESLとEFLの境界
線にあるものとして、フィジーや香港の英語がある。
これら3種の英語の中で、どの英語が一番権威があって、人々が英語教育の規範
にしようとしているだろうか。それは、英語をネイティブとする人々の英語
(ENL)である。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドは日
本人の英語学習の留学先として断然人気が高い。
英語を第2言語(ESL)とする国々では、英語が国内に深く根を下ろし社会生活に欠
かせない言語として機能しているが、権威という点では、これらの国々の英語
は、まだ十分に認められていない。それは、英語学習のためにフィリピンやイン
ドへ留学しようという人がまだまだ少ない点からも明らかである。
ESL国の英語は、訛った英語、不完全な英語だと言う人もいる。しかし、実は、
これらの国々では英語は公用語としての機能を果たしていて、その国の文化に
しっかりと根を下ろしているのである。それは、立派な英語として、価値を認め
られるべきだろう。今後、ESL国の英語に関する解説書や辞書や文法書がどんど
ん発行されて、これらの英語の存在感が増していくのではないだろうか。
3つめのEFL国の英語は、ほとんど権威が認められていない。これらの国々の英語
は逸脱したものであり、真似をしてはいけない英語であると考えられることが多
い。ジャパニーズイングリッシュとなれば、その存在を抹殺することが英語教
育の義務であると考える日本人も多い。
しかしながら、我々の生み出したジャパニーズイングリッシュは既に我々の一部
になっているのである。ジャパニーズイングリッシュを一方的に否定すること
は、ある意味で自己否定にならないだろうか。これらの英語に、何か存在すべき
場所を与えることはできないだろうか。その意味で、英語がアジア諸国間のコ
ミュニケーションを担っているという点に大いに注目すべきである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 233ページ
  • 出版社: めこん (2006/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839602026
  • ISBN-13: 978-4839602024
  • 発売日: 2006/11
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 52,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう