通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アジア×カメラ―「正解」のない旅へ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 k.Snow Books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯ナシ。カバーは少しスレ・キズ・ヨレがありますが概ね良好です。中身はページ周りに少しヤケがありますが、その他はライン・書き込み等なく概ね良好です。発売時定価1600円。コンディションはAmazon出品ガイドラインに準拠しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アジア×カメラ―「正解」のない旅へ 単行本 – 2011/5/25

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 600

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アジア×カメラ―「正解」のない旅へ
  • +
  • ファインダー越しの3.11
  • +
  • 君とまた、あの場所へ: シリア難民の明日
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 118pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本ドキュメンタリー写真ユースコンテストに入賞した若きフォトジャーナリストが「なぜアジアなのか、なぜカメラなのか」を語る。決定的瞬間を求めたかつての戦場カメラマンとの違いを鮮明にしながら。

著者について

安田菜津紀  1987年東京都生まれ。高校生のときに訪れたカンボジアで人身売買にあった同世代と出会い、その後も繰り返し訪ねることに。フォトグラファーとなった今も、HIV感染者が隔離される「緑の村」を取材する。日本ドキュメンタリー写真ユースコンテストで大賞受賞。 幸田大地  1984年静岡生まれ。調理師をしていた20歳のとき、カメラを携えてパレスチナへ。帰国して、独学で写真を学ぶ。ユースコンテストでは、インドの不可触民「ダリット」をモノクロ写真で写し取り、優秀賞に。 白潟禎  1988年愛媛生まれ。大学生のときカンボジアで地雷撤去するNGOを知る。その後、ボランティアのスタッフとして、タイ国境に近い地雷原を何度も取材。その写真が評価され、ユースコンテスト優秀賞を受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 204ページ
  • 出版社: 第三書館 (2011/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4807411012
  • ISBN-13: 978-4807411016
  • 発売日: 2011/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 524,716位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
書店の写真集の棚に売られていた本だが、見るモノではなく読みモノなんだろう。そのボーダレスさがまた、著者の方達の考えともマッチしおり、なるほどなと思った。

日本ドキュメンタリー写真ユースコンテストに入賞した20代のフォトジャーナリスト3人が写真を撮るようになった経緯や、レンズの向こうの人たち(「取材対象」ではない)との関係づくり、自分自身を語った本だ。巻末に彼らがカメラを向ける世界のことも書かれている。

はじめに表紙を見たとき、副題の『「正解」のない旅へ』って必要なのかと疑問に思った。確かに副題があった方が治まりがいいし、なんとなく格好いい。「正解」がないというのも今どきっぽいので、装丁上必要だったのかと思ったら、実はここが肝だった。。。。。

これまでのフォトジャーナリストは、真実と正解を求め、「真実」を伝える決定的瞬間や、世に知られていないもうひとつの「正解」を伝える努力をしてきた。次の世代への狭間に産まれたロスジェネ世代の私が著者達と同じ20代の頃、そうした「正解」のあり方にぼんやりした不安をもっていた。
なぜそれを「正解」だと言い切れるのか、言い切らなくてはいけないのか、そもそも伝えるモノが「正解」である必要はあるのか、「正解」ってなんだろう? そんな疑問を持ちながらも、先輩方のやり方がそれこそ正解なん
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
発売されたばかりの安田菜津紀さんはじめ3人の共著『アジア×カメラ-「正解」のない旅へ』を読んだ。

はじめて菜津紀さんの写真をみた時の「ワクワク」感が今でも忘れられない……。

わたしにとって、安田菜津紀さんは上原ひろみさんと同じ。

本人は自分の追いかけたいことに真摯に努力しているが、そのことに対してとても楽しそうで、周りをワクワクさせてくれる。

カンボジア、シリア、フィリピン…と追いかけるのが重いテーマでもあるにも関わらず、彼女の写真には悲壮感がほとんど感じられない。

人々に溶け込んで、人々に話しかけ、友だちや家族になり、一緒に笑ったり、泣いたりする。

目線や接し方が相手に近いのが、写真を通してヒシヒシと伝わってくる。

今回の本のきっかけである「日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト」第1回目の大賞を受賞した時の

「DAYS JAPAN」の表紙にもなった「緑の村」の子犬を抱きかかえたこどもの写真をみて何故かボロボロと泣いてしまったことを思い出す。

厳しい状況や環境の中でも、明るくたくましく生きる人たちがいることを知って欲しいという菜津紀さんの想いが、写真にも文章にもこめられている。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
彼女は、カメラマンだけではなく。優秀なジャーナリストです。YOUTUBEでも確認できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告