[アシックス] asics ランニングシューズ GEL-NIMBUS 17-SW

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 15,660
価格: ¥ 10,962 - ¥ 12,520
ポイント:  サイズと色を選択すると表示されます(ポイントがつかない場合、この項目は消えます)  詳細はこちら
ちょうどいい (80%)
80%のお客様が、ちょうどいいと述べています。
とても小さい
3
やや小さい
4
ちょうどいい
62
やや大きい
7
とても大きい
1
この機能は役に立ちましたか?
フィードバックありがとうございました。
コメントを記入 (オプション)
選択 サイズ表
シルバー/ブラック
  • メイン素材: 合成繊維
  • ソール素材または裏地: 合成底
  • ヒールの高さ: 3.5 centimeters
  • 留め具の種類: レースアップ
  • ソールの厚さ:2.5cm

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more
購入するには、
サイズを選択してください


キャンペーンおよび追加情報

その他の商品プロモーション:
  • 【新作ランニングシューズ】2016年春夏のランニングシューズを集めました。アシックス、アディダス、ミズノ、ニューバランスなど有名メーカー多数。 ページトップへ。

  • 【セール・割引き】 在庫一掃~70%OFFタイムセール

  • 【asics】 ランニングストアトップはこちら

Amazonのasics(アシックス)ストアはこちら

最新商品をはじめ豊富なセレクション。カテゴリー別検索などができます。 Amazonのasics(アシックス)ストア。

商品の説明

商品紹介

フルマラソンで完走を目指すランナーにおすすめのランニングシューズ、「アシックス」の“GEL-NIMBUS17"のスーパーワイドモデルに新色が登場。
フィット性とクッション性が進化した“GEL-NIMBUS 17-SW"は、反発性に優れたSpEVAと、軽量性に優れたSolyteを組み合わせたフルイドライドをミッドソールに採用し、流れるようになめらかな走り心地を実現。
前足部とかかと部に搭載した大型のGELが、着地時に優れたクッション性を発揮して足首や膝への負担を軽減してくれます。
足の動きに沿うように補強材を配置したフルイドフィットとラッセルメッシュが、柔らかな足入れと優れたフィット感を両立します。
アッパー/本体=合成繊維製(ラッセル構造) 補強=人工皮革製
アウターソール/ゴム底
インナーソール/取り替え式 適合する別売中敷:TIZ602・TZS712

ブランド紹介

【asics / アシックス】
「アシックス」の歴史は、1949年に鬼塚喜八郎氏が当時市場に不足していた学童用ズック靴の生産販売を決意したことに始まります。
「アシックス」というブランド名は、紀元2世紀初めのローマの風刺作家ユベナリスの名文句、"Anima Sana In Corpore Sano(もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ)"の頭文字が由来となっており、この言葉に感銘を受けた鬼塚は「スポーツを通じて青少年を健全に育成すること」を願い、本格的にスポーツシューズを生産することを決心します。

「最初に高いハードルを超えられれば、その後のハードルもどんどん超えられる」という彼の考えに基づき、当時のスポーツシューズ製造において最も難しいと言われていたバスケットボールシューズが一番最初に作られました。
そのシューズは土踏まず部分にトラの顔がデザイン化されており、後の「オニツカタイガー」の商標の基本となった商品でした。
そののちバレーボール、軟式テニス、登山、ソフトボール、ダンスなどさまざまなジャンルのシューズにも着手、最近ではウォーキングシューズも人気を博しています。
1949年に鬼塚株式会社として設立したのちにオニツカ株式会社と商号変更をし、1977年には株式会社アシックスに変更、スポーツウエア・用具メーカーの株式会社ジィティオおよびスポーツウエアメーカーのジェレンク株式会社と合併、近年では総合スポーツ用品メーカーとして揺るぎない人気を誇るまでに至りました。

また、「アシックス」は1977年に作られた技術研究所を元に、1985年にスポーツ工学研究所を設立しました。
スポーツ工学研究所は、「スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」というビジョンを具現化する、アシックスの基幹を担う部門です。
人間の身体や動きを分析し、素材や構造設計を研究して新たな技術を独自に開発しています。
所内で生産技術、素材、製品の分析評価の研究まで行なうことで、さまざまな研究開発アプローチが可能です。
そうすることによって、アスリートのみならず一般の人々 が持つ可能性を最大限に引き出すような革新的な製品を継続的に生み出しています。


登録情報

  • 発送重量: 998 g
  • メーカー型番: TJG707
  • ASIN: B00TN26PR8
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2015/1/29
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: シューズ&バッグ - 30,555位 (シューズ&バッグの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 achi 投稿日 2015/10/19
色名: エレクトリックブルー/フラッシュイエローサイズ名: 29.0 cm
膝の故障から新しいシューズを購入するつもりでショップで試し履きして来ました。
他にも履いたのですが、ここではゲルカヤノ、ゲルニンバス、GT-2000ニューヨーク3のサイズ、26cmの普通の幅の物とSWのサイズ感とクッション性の違いについて。
同じメーカーなのでみんな同じかと思ったらみんな違いました。
まず、GT-2000の普通の幅の物、フイット感は悪くない。可もなく不可もなしと言った感じ。次にGT-2000のSW、中で足が遊ぶくらいゆるゆるで選択肢には入らない。GT-2000は思ったよりもクッション性が良くなかった。
次にゲルカヤノ、これは普通の幅の物だと少し窮屈でしたが問題ないレベル。SWの方がしっくりくるかんじでした。どちらを選んでもいい感じ。クッション性はGT-2000とは比べてはいけないレベル(笑)凄く柔らかい。
ゲルニンバスについてはSWを履いてあまりにもぴったりで普通の幅の物は履きませんでした。結果、これが一番フイットしていてとにかく履いていて不快感がどこにもない。クッション性もゲルカヤノと同様柔らかく膝の負担を考えると、迷わずこちらに決まりました。
amazonで購入するつもりで試し履きだけしにお店に行ったのですが、いろいろ店員さん教えてくれるし可愛いし、気づけば自分の周りに12足!amazonと比較しても1
...続きを読む ›
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: シルバー/ブラックサイズ名: 27.5 cm Amazonで購入
元々、膝痛持ちなのでクッション性の高いこの商品を購入しました。
CW-Xのスタビライクスモデルとの組み合わせで一切膝痛がでませんでした。
ウォーキングでの使用ですが、膝痛持ちの方おすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: シルバー/ブラックサイズ名: 27.5 cm Amazonで購入
ジョギングシューズはアシックスのSW規格の27.5cmと決めています。
ジョギングにはニューヨーク2を使っています。NINMBUSを購入したのは四国お遍路の為でした。
一番考慮したのはクッション性です。かかとだけでなく全体にクッション性を持たせたとあり、山道を含む
お遍路に良いのではと考えたからです。一足目は自宅近くで450キロほど歩いて足慣らしをし、徳島の1番から
高知の須崎まで使いました。さすがにかかと部分の内側が擦り切れ、内部が見えるようになり、また、底もだいぶ
ツルツルになったので、二足目は新しく買い須崎から香川の88番まで使いました。底がかなり減っていました。
でもまだ使えそうです。かなりの山道、道悪、アスファルト、コンクリートとどこでも十分対応してくれたと思います。
さすがに雨の時はしょうがないですね。とにかく遍路道1200キロ+足慣らし450キロの間足を守ってくれました。
年金生活者としては、もう少し安く、もう少し長持ちしてくれると嬉しいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゲルカヤノでは膝に負担がきて限界のような状態でしたが、これですとほとんど負担がかからないです。サポーターをすると膝の負担はまったくないという感じです。これからもいいシューズを作り続けてください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私にはランニングはきついので(75歳 64Kg)でもっぱらウォーキングや街歩きに使用するため、
2年半ほど履いたゲルカヤノが汚れてきたのでゲルニンバスを購入しました。
履いて最初に感じたのはクッションがよすぎる(柔らかすぎる)と感じた。ともかく歩いて様子をみることにしたが、案の定、ふわふわして足が地面に付いている感じがしない。5Kmほど歩いてみたが足が疲れてしまった。
そこで市販のやや硬めのインソールとゲルニンバスのインソールを交換してみたところ、具合が良くなり一安心。
それでも靴の前部のクッションが良くて、蹴りだしが頼りない気がするが慣れれば良いと思います。
交換したインソールは古いゲルカヤノに使用して、クッションが良くなったゲルカヤノももうしばらく使えそうです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
NEWYORK3、4 ゲルカヤノ22 ゲルニンバス17
すべてSWで試着してきました
NEWYORKは足入れしたときの足裏の不安定感?でこぼこ?が気になり3,4とも却下
ゲルカヤノとゲルニンバスはしっくりくる
ヒールカップ周りのホールド感でゲルニンバスに軍配
とりあえず店舗購入してきたけど
NEWYORK、ゲルカヤノに比べると玉数も少ないから価格が下がらないし
新色も出ないんだろうな
それが残念
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー