通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 折れあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫) 文庫 – 2016/4/20

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫)
  • +
  • アサシンズプライド (3) 暗殺教師と運命法廷 (ファンタジア文庫)
  • +
  • アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)
総額: ¥1,966
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

能力者養成校交流戦の開催期間中、学生は学園内に泊まるのが習わし。メリダもクーファやエリーゼとのお泊まりに胸躍らせるが、上級生しか選ばれないはずの交流戦の代表に選抜されてしまう。これは何者かの罠!?

内容(「BOOK」データベースより)

「わたしが、由緒ある選抜戦の代表…?」年に一度、姉妹校との間で開催される選抜戦。その代表選手にメリダが選ばれた。他校生との交流に、学園内でのお泊まり。そんな楽しいイベントは一転―試練に変わる。『あなたのギルドへの忠誠が疑われている』無能才女の急激な成長の秘密を暴こうとする、刺客の潜入。予期せぬメリダの代表への選出。教え子を巡る陰謀に、クーファは誓う。「面白い。いったいオレを何者だと?」選抜戦でメリダの才能を見せつけ、刺客から秘密を守り通すと。暗殺教師は矜持をかけて、密やかに暗躍する―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 333ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2016/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040708180
  • ISBN-13: 978-4040708188
  • 発売日: 2016/4/20
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,690位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ファンタジー、異能バトル、教官モノ……大雑把な要素だけ並べるといかにもありふれた昨今のライトノベルのように見える今作。だけれどこれはそういった言葉で収束させるべきでない作品だと思う。さすが《大賞》を受賞しただけあると感じた。
まず世界観が良い。世界からは光がなくなり、舞台となる聖フリーデスウィーデ女学院周辺の街がカプセルに包まれるようにして人工的な光によって市民は生活をしているというもの。太陽光がないのに森林があたりまえのように存在する…というか太陽光なしに世界が成り立つのかどうかは中学の理科すらあやふやな私でも判別はつくけれども、別にその設定がご都合主義的に展開上はたらくこともないので特にツッコミはなし。
とにかく、ヨーロッパ的な街並みを演出しているのだが、それが何ともメルヘンチック。主人公のクーファとヒロインのメリダの関係構図がお嬢様とその先生というものだが、メリダの健気な性格も相まって、主人公がメリダで王子様がクーファといった逆転構図にも思えてくる。主人公が男というのがライトノベルの常識だけれど、メリダを主人公と見て、私たち読者がメリダのクーファへの恋を応援する立場で物語を俯瞰する……ヒロイン側に感情移入してしまう作品なのだ。クーファ以外の登場人物には男性はいないのだが、読者が主人公になりきってハーレム性、萌え性を愉しむイマドキのライトノベルと違い、純粋に
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1巻はわりと面白い作品だなーくらいにしか思っていませんでしたが2巻を読んでいるうちにかなり話に引き込まれました。

メリダアンジェル&エリーダアンジェルの関係も最後はうまく修復され感動してしまいました。また、クーファとメリダの関係があまりにもマッチングしていて二人を応援したくなりりました。

一読することをオススメします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この巻におけるテーマはメリダとエリーゼの仲直りです。
エリーゼが隠し続けてきた感情が前巻からの伏線になっています。

今回の学園側のストーリーは姉妹校を招いて代表者2名ずつの計4名で3つの試練を行い、
見物者である生徒たちの投票によって今年の最も優れたお姉さまを決める選挙です。
陰謀により本来の代表者でなく、メリダとエリーゼが選ばれてしまいます。
暗殺者側のストーリーは主人公の親分が新たな暗殺者を送り込んできます。
その暗殺者は変装の達人であり、メリダの血を持って帰ることを命ぜられています。
主人公とロゼッティはその暗殺者を特定するために奔走するはめになります。

この巻は読み終わってからお口をあんぐりと開けてしまうほど巧妙に仕組まれています。
何を書いてもネタバレになりそうなので、犯人はかわいい女の子でしたとだけ言っておきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 J,T 投稿日 2017/3/9
形式: Kindle版 Amazonで購入
今回は影なる活躍でしたね🎵
クーファの激しい吸血鬼戦闘が見たいと期待を込めて5です❗
ドラグナーとディアボロスをどう潰して仲間になるのか?期待です❗
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告