通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫) 文庫 – 2016/1/20

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)
  • +
  • アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫)
  • +
  • アサシンズプライド (3) 暗殺教師と運命法廷 (ファンタジア文庫)
総額: ¥1,966
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

貴族のみが化物と戦う力・マナを持つ世界。青年クーファは、公爵家に生まれながら無才の少女メリダの才能を見出すため、家庭教師として派遣される。彼女に才能がなければ、暗殺――という、裏の任務を負って……。

内容(「BOOK」データベースより)

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 330ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2016/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040708172
  • ISBN-13: 978-4040708171
  • 発売日: 2016/1/20
  • 梱包サイズ: 14.4 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 133,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
独自性はさほどなく、かといってものすごく読みやすかったり、キャラがとんでもなく可愛かったりするわけでもなく、及第点ってところかなあ。
つまらないってわけじゃあないんだけど、おもしろかったか、続きを買うかというと、ノー。いや、好きな人がいるのはわかるし、おもしろいって言う人がいるのもわかるけどね。

ここだけは気に入らなかったっていうのは二つ。
一つは、主人公の暗殺教師が早々にお嬢様がんばえー、ってなっちゃってるところ。葛藤もわずかで、これだったらはじめからお嬢様をなんとかすべしというのでよかったんじゃあないかなあ。
もう一つは、お嬢様の友達の家庭教師。んー、いらんでしょ、この人。なんのためにでてきたのかさっぱりだ!
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
久しぶりにファンタジー系でいい小説を読んだという感じです。
5ページくらいまで読んで、あっ、これ面白くなりそう、
と思いましたが、確かにその通りとなりました。

ただ、ストーリーは割と単純で、いろいろ世界の設定が
書き込まれていますが、そうした設定があまり生かされていません。
それでも面白いのは、展開が適度にスピーディーで文章がうまいからかなと思います。
ぜひ、続きの巻も読みたいと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品でまず言及しておくことは強さの定義が明確でわかりやすいことです。
作中の検査装置でステータス化され、そのステータスは本人の位階と努力によって向上します。
戦闘においてはこのステータスが基本であり、力の源であるマナを偏在させることで攻防を行います。

ストーリーの特徴は主人公(暗殺者)とヒロイン(学園)の2つのストーリーがあることです。
主人公のストーリーは暗殺対象の女の子に一目ぼれし、その子を殺す代わりに組織を裏切ったのがことの始まり。
組織は裏切りに感づき、証拠を得ようと接触を試み、主人公はそれを全力で隠し通します。
ヒロインのストーリーは無能才女が学期末公開試合において不要な子ではないことを証明すること。
主人公との出会いによって目覚めたマナを努力して使いこなしていき、いじめっ子に一矢報います。
この2つのストーリーは証拠がヒロインであることから重なり、クライマックスへとつながっていきます。

この作品の良さはわかりやすい設定と2重のストーリー、伏線の巧妙さです。
伏線の多いため読み始めは少しわかりにくいかもしれませんが、後でそれらは回収されます。
一方、ハーレムや権力抗争といった要素も取り入れていて、そういうのが好きな人にも楽しめるかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
んん、教官モノといえば、3年くらい前のファンタジア大賞も教官モノだったような・・・?
ジャンル的な進歩がないといえば間違いなくその通りなのだが、本作はなかなか完成度は高いし
一見テンプレに見えてもやはり王道は強しと言うべきか、読んでいてなかなか面白い。
まぁ、良くも悪くも近年のファンタジア大賞、大賞のレベルではあると思う。

あえて個性を上げるとすれば少女向けっぽいところだろうか。
主人公が少女漫画に出てくるイケメンクール系みたいな感じで少し新鮮に思えた。
メリダも健気で、ラノベヒロインというよりは努力系少女マンガ主人公という感じで好感が持てる。

次巻も買う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
近年の教官モノや異世界モノを寄せ付けない、なにか不思議な魅力があると思います。
クーファは強いが無双でもないし、ヒロイン目線のストーリー展開も度々見られ、楽しい。

ロングセラーそしてメディア化してくれないかな
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ちかばの本屋で購入。
気まぐれで買ったのですが、試し読みでの印象よりはうわまわっているものの、これが今のファンタジア大賞なのかと思うと気が滅入ります。
重要なネタバレをふくむので注意。

最近はやりの育成モノで、うまくいきすぎだなーと思いながらもそこの部分は思っていたより楽しめました。
おちこぼれが見下していた相手を見返すというのは使い古されているだけあって、先がよめても面白い。

しかし正直なところ、楽しめたのはそこくらいなもので、ほかの箇所はつたなさが気になるばかりであった。
はじまりの、主人公とその上司が貴族の屋敷をしらべる場面からしてなんだかなあと。
極秘の任務できているのに忍びこむでもなし。
屋敷が何者かに荒らされているのに慌てもせず、にもかかわらず賊と鉢合わせして呆気にとられあせりだすなど、精鋭なのになんでこうも行き当たりばったりで考えなしなのかと思わずにはいられない。
読んでいて感じたアラをざっと書き出すと、

(1)わけのわからないカタカナ西洋語が多すぎる。英・ドイツ・フランス・ラテン・ギリシアなどの言語がごちゃ混ぜ。
(2)文化は日本人の妄想ともいうべき西洋のそれだが、刀や、サムライという位階があったり、作中の異能のみなもとた
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー