Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,160
ポイント : 1080pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石原 行雄]のアコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド プロの現場の調整術
Kindle App Ad

アコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド プロの現場の調整術 Kindle版

5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 2,082

紙の本の長さ: 128ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

愛器を保護し、ポテンシャルを最大限に引き出す実践ノウハウ満載

アコースティック・ギターは非常にデリケートな楽器です。そのため、正確な知識でメインテナンスを行なう必要があります。そこで活用していただきたいのが本書です。監修は小倉よしお。山崎まさよしのレコーディングなど、シーンの最前線を支える彼が、超基本~日々のお手入れ~プロのレコーディング現場で必要とされる調整法など、あらゆるノウハウをレクチャーします。『アコースティック・ギター・マガジン』、『ギター・マガジン』、『ウクレレ・マガジン』などを刊行している弊社ならではの仕上がりと自負しています。アコースティック・ギターに深い愛情とこだわりを持っているプレイヤーはぜひお手元に。

*この電子書籍は固定レイアウト方式で作成されています。文字の拡大・縮小や、検索、ハイライトなどの機能は利用できません。

出版社からのコメント

著者より (本書「はじめに」より抜粋)

意外に思う読者も多いかも知れないが、本書は国内で一般向けに書き下ろされたアコースティック・ギターのメインテナンス本としては、現在、ほぼ唯一のものと言ってよい。

(中略)

本書は監修者として、ギターサウンド研究家にして、プロミュージシャンや楽器メーカーのアドバイザー/コンサルタントとしても活躍する、小倉よしおの全面協力を得ることとなった。

(中略)

氏の経験と技とを一冊にまとめたものである。シビアで過酷なプロの現場を支える小倉流のノウハウを、一般向けに落とし込み、凝縮したものが本書である。

包丁を研がない料理人はいない。しかし、ギターのコンディションに無頓着なギタリストは、悲しいことに決して少なくはない。

アコギの音や演奏性は、形状や木材の種類はもちろんだが、例えばサドルの底面処理や、ブリッジのサドルスロットの底面処理、ナットの溝切り、指板の潤い具合、フレット山の状態、さらにはブレイシングの接着状態......などなど、小さなところ/見えないところのちょっとした調整の積み重ねで決まってくるもの。細部にまで細やかな気配りができたとき、それに応えるかのように、ギターはよりよい音を奏でてくれるだろう。

(中略)

ギターは丁寧に扱うことも大切だが、一方で、ただの飾り物ではない。手に取って弾くものである。当然、破損や状態の変化は避けられない。故障や不具合とまでは行かなくとも、きちんとした管理をできていないと、いくらいいギターを買っても変なクセが付いてしまうこともある。もちろん、どれだけ気をつかっていても、モノである以上、経年変化や劣化も避けられないこと。しかし、そうした事態を予防したり、対策すれば、愛機はより長く、よい音を奏で続けてくれるに違いない。

ベストなセッティングを維持するには、場面に応じて、メインテナンス(保守・管理)、リペア(修理)、モディファイ(改造)、リストア(修復・復元)といった作業が必要となる。ある事態が起こったら、どうすべきか、あるいは何をしてはいけないのか。その不具合を起こさないためには、何をしておくべきなのか、あるいは何をしてはいけないのか......。そのための知識を提供するのが本書である。

本書では、普及率の高さを鑑みて、スティール弦フラットトップギターを中心に解説しているが、ガットギターやアーチトップギターなど、箱形ボディのギター全般にも活用できる話題も多く盛り込んだ。また、ガットギター、アーチトップギター、エレクトリック・アコースティック・ギター(エレアコ)、12 弦ギターについては、別途で詳しく解説も添えた。

プロのノウハウ──しかも、業界の最前線を行く最高水準のノウハウ──で、あなたの愛機のコンディション&セッティングを根底から一度見直して、グレードアップを図っていただきたい。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 73478 KB
  • 出版社: リットーミュージック (2016/10/21)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MEHZ3Z7
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 28,684位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック Amazonで購入
アコースティックギターを愛する方には絶対おすすめ。とても勉強になりました。毎日良いコンディションで弾ければ演奏も楽しくなりますし、楽しければ練習量も増えギターの上達にもつながります。本書の冒頭にも書いてありましたが、アコースティック・ギターのメンテナンス本としては国内で唯一の本です。愛機と長く付き合いたいなら買って損はないと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Koro VINE メンバー 投稿日 2015/1/5
形式: ムック Amazonで購入
アコギのメンテナンスについては、ネット上に多くの情報があり、どれを信じれば良いのかが分からずに不安でした。特に高価なギターでは気を使うことが多くありました。そういう点では、自分の頭の中を整理し、自信をもってメンテナンスに取り組むための貴重な一冊となりました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
エレキギターやベースのメンテと調整はマニアックにやるのですが、アコギはメンテはしても調整まではなかなか恐くてできなかったのですが、今はちょこちょこやるようになりました。人生の楽しみが増えた感じがします。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
アコースティックギターを複数所有する場合、デザインや材質など
それなりに注意が必要ですが、この雑誌は系統的に説明や理由
が明確に記載され、ギターの保守・管理を行う上で良質の雑誌
である(このような雑誌を待ち望んでいた)。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
かなり多岐にわたって書いてあるのがいいですね。
また、細かいことでも「こうするよりは、こうしたほうがいいんだな」とわかる本です。プロと呼ばれる方々は、そういうところを徹底されています。
これまで誰もここまでは書かなかったでしょう。今後出てくるメンテの本は、これをスタンダードに展開されると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
ギター歴は長く古いのですが、初心者に戻ったように新鮮で「間違い」にも気づき、わかりやすく大変満足しています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
素晴らしい内容。メンテナンスのかなり深い部分まで書いてありますが、日常のメンテナンスに必要な事もたくさん記載されています。
弦の交換の仕方などは、かなり勘違いしていたので参考になりました。
ちょっと難ありで購入したGIBSON J-45/50('76)とL-0('64)、MARTIN D-18('94) を所有していますが、この本に記載されているメンテナンスで、見違えるような音になり、ライブで活躍しています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
長年愛用したギターが、ベストの音で鳴っているのか?経年劣化した場合、オーバーホール修理した方が良いのか?買い替えた方がいいのか?のコンディションがわからず、買い増して6台になってしまい。往生してました。
 この本は、おおざっぱに分類すると
・既存ギターの拭き清掃を中心といた手入れ
・割れ ヒビ 湾曲 等の木材劣化への予防と対策
・ライブのためのピックアップやPA対応、ダメージの無い移動保管方法
・各部分へのノーマル内の調整
等の内容が解説されている
 基本は使ってへたった部分を工場検品レベルに近づけ戻すというもので、あくまでもユーザー目線で、必要以上の修理はプロに任せようというスタンス。弾かないときは、スピーカー前においてエイジングさせるとか、弦巻きは、ペグタイプよりスロテッドヘッド対応の上が強いとか、ブリッジ ナットは、底面の平滑が命とか、大型ピックガードはトップの振動をスポイルするとか、新めて知った知識も多い。
 ただ、読者の関心は、ブリッジの前後高さ位置の調整し6本の弦のバランスを最高に調整する方法や、後付けのピックアップは、どう付けるのがいいのか?等の、ややルシアーよりの情報ではないかと思う。ぜひ、続編で安価なギターを調整で1段高いレベルに引き上げるとか、モディファイの要点を解説したものを、出してほしい
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mie トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/6/5
形式: ムック Amazonで購入
アコギを持っているなら、
読んでおいて損はないと思います。

もう何十年もアコギを弾いているので、
メンテナンスについてもいろいろ見聞きしており、
特に新しい知識を得られたということはありませんでした。
が、一通り目を通しておくと、
専門家の正しい知識で裏付けを得た気持ちになれます。

ギター初心者には、いい本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
販売日に発送してもらい、中身を見てみました。日本の出版物の中でアコースティック専門のギターメンテナンス本が少ない中、ありがたい本です。点検のポイントから説明してあり、けっこい懇切丁寧な内容。いきなり安物楽器、セピアクルーのアコギで名称説明してあるのは、安物をメンテナンスすることに意味があるという意味なのかよくわかりませんが、結構わかりやすくいい本です。アコギ引きならぜひ一冊、の本だと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover