通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
アゲイン がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 原則、記載が無い場合付属等は付いておりません。購入をご検討の場合、お気軽に問い合わせ下さい。書き込みは無い模様。中古本なので多少のヤケ、汚れ、痛み、使用感はありますが概ね良好です。検品、簡易クリーニング済み。迅速にお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アゲイン 大型本 – 2011/4/7

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アゲイン
  • +
  • ([は]6-2)もういっぺん。 (ポプラ文庫 日本文学)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

★★★第5回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作★★★
売れないピン芸人の兄×小学校で浮いている優等生の妹。
6年ぶりに再会したぎこちない二人を繋いでくれたのは、
おとんが残した「笑い」という宝物。
笑いと涙が満載のハートフルストーリー!

漫才師だった「おとん」と同じ道を進み、ピン芸人になった戸田雄貴。
日々、大阪・難破にあるFLAT劇場で、同期の若手芸人たちと競い合っている。
ある日突然、雄貴の部屋に小学生の異父妹・楓がやってきた。
才能勝負の世界でブレイクできずに焦る兄と、大阪の学校になじめず浮いている優等生の妹。
そんなとき、カリスマ芸人の保坂が大阪の芸人を主役にした映画をつくる、という話が持ち上がり……。
笑いを通して、挫折からの再挑戦、人と人との絆が温かくコミカルに描かれた快作!

内容(「BOOK」データベースより)

漫才師だったおとんと同じ道を進み、ピン芸人になった戸田雄貴は、ひょんなことから異父妹の楓と再会し、一緒に暮らすことになる。才能勝負の世界でブレイクできずに焦る兄と、大阪の小学校に馴染めない妹。そんなとき、カリスマ芸人の保坂が若手芸人を主役にして映画を作る、という話が持ち上がり…。挫折からの再挑戦、人と人との絆を温かくコミカルに描いた快作。笑いと涙が満載のハートフルストーリー。第5回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 334ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591124169
  • ISBN-13: 978-4591124161
  • 発売日: 2011/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 2.4 x 13.6 x 19.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 619,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
ポフラ社小説大賞の特別賞というのが気になり購入しました。

あまり本を読む習慣がないのに、この小説は、笑いあり、涙ありで、一気に読むことができました。

とにかく最初からひきこまれ、最初のページの「耳毛の国の人」で大爆笑してしまいましたw

お笑いの本なのかな??と思ったら、お笑いだけでなく、感動も共感もいろいろな要素がある本です。

読み終わると、なんだが元気がでてくるような気がしました。

随所でくすっと笑える本なので、読みやすく、私のような小説初心者でもお勧めの本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
売れないお笑い芸人が、
自分の過去や周囲と関わりながら、
成長していく物語。

お笑い芸人の世界が描かれていて、
私は素直に楽しい気分で読めた。
深夜番組などに見聞きする業界の裏側も描かれていて、
私個人は「本当にそうなんだあ」と納得しながら読みました。

特に、主人公の家庭境遇を丁寧に描いている点は、
物語の世界観にリアリティを与えるような気がして、
充分に引き込まれました。
言動にもなるほどね、と納得して読み進められました。

作家デビュー?作なのでしょうか。
気になる点ははやり少なくないですが、
胸を熱くしながらページをめくることもあり楽しめた。
主人公がスナック?『ストレートパーマ』を飛び出す場面なんかも、
心が熱くなりました。

主人公が芸人の世界に見切りをつける場面や、
周囲の力を借りて奮起する場面。
特に、年の離れた妹がなかなか良いキャラクターでした。

最後の最後で詩的表現が出てくるのですが、
個人的には物語の世界観とそぐわない気がして、
少し気分が冷めました。

本作は、一時メディアを騒が
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
最初から最後まで面白かった。

表現力が豊かで、読んでて物語の中に引き込まれるし、違和感がなかったので、気持ち良く読めました。

設定は芸人さんなのでお笑いの話しだけかと思ったけど、笑いあり、涙あり、人と人との絆が描かれた、心に残る深く温かい作品だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ポプラ小説特別賞ということで興味本位で買っ ちゃいました。

装丁がめっちゃ可愛いくて目立ってたし。

でも、読み始めると止まらなくなって、一気読みww

本当に面白くて、勢いでレビュー書いてます。

読みやすくて、所々に笑いが仕掛けられていて楽しいし、共感できるところもあれば、泣けるところもあり.....

最高でした。

登場人物のキャラが個性的で、スマイリーなんか、スマイルそのままで笑えました。

読み終わると、心がポカポカ温かくなってる、そんな感じの物語です。

本をあまり読まない人にも、プレゼントにもオススメの本だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
羽田圭介さんの「ワタクシハ」を買おうと書店へ。
すると表紙の絵が似ている本があり気になったのでワタクシハと大人買いで同時購入。
装丁は同じ人かな?かわいいです。

本の内容は売れないピン芸人の日常や葛藤を描いたものです。
最初は芸人の世界を描いた本だと思っていましたが、それだけではなくて泣ける話や感動する話が随所に盛り込まれていました。
後、本に出てくる大喜利の内容がやけに面白いな思ったら著者は放送作家さんみたいですね、納得しました。

笑いの内容も素晴らしいのですが、それと同時に読んでいてさわやかになる作品でした。
文章もさくさく読める感じで、とても読みやすかった。

最近ちょっと元気がでないなぁ〜って人におすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
笑いのからくりと登場人物のキャラクターが大変なリアリティーで描写されている。
漫才の様なテンポの良い会話は腑に落ちて、笑えて、泣ける。私は物語に引き込まれて一気に読み切った。
遠藤の様な天然芸人から、カリスマ芸人保坂(ラーメン屋店主の話が秀逸)そして優等生の妹といった幅広い人物描写には、放送作家という作者の経験に加えて、独自の創造力が加味されているように感じた。
連続ドラマになったら俳優はどうなるか等、小説のみならず多角的な展開を期待してしまう。
次回作も是非、早く読みたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック