通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 – 2003/12

5つ星のうち 4.2 76件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 206

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
総額: ¥2,679
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し始めた。だが、村に越してきた変人が名探偵ポアロと判明し、局面は新たな展開を…驚愕の真相でミステリ界に大きな波紋を投じた名作が新訳で登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

クリスティー,アガサ
1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。中産階級の家庭に育つが、のちに一家の経済状況は悪化してしまい、やがてお金のかからない読書に熱中するようになる。特にコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている

羽田/詩津子
お茶の水女子大学英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 445ページ
  • 出版社: 早川書房 (2003/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151300031
  • ISBN-13: 978-4151300035
  • 発売日: 2003/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,215位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 特にミステリ好きでもありませんので皆さんのようにすごいレビューは書けませんが、一般人のレビューとして捉えて下さい。

 最初に、この本は予備知識なしで読むべき作品です。ミステリ好きな方であれば間違いなく結末を知ってしまっているかもしれませんが、もったいないとしか言い様がないです。

 で、内容ですが文句なしに面白かったです。フェアかアンフェアか、という議論についてはミステリファンの間でやっていただくとして、読了後も満足感が残る名作だと思いました。アガサ・クリスティーの著書は「そして誰もいなくなった」しか読んだことがないのですが、こちらのほうが面白く感じました。「そして誰もいなくなった」より若干お話が長いのですが、章立てで話がまとめられているので少しずつ読んでも内容を忘れたり頭がこんがらがったりしないと思います。

 トリックについても無理やり感は感じませんでしたし、途中経過も十分楽しめました。もちろんラストはとっても満足です!再読しても楽しめる良作だと思いますね。

 最後に一応フェア・アンフェア議論について書きます。個人的には「どこがアンフェアなの?」という感想です。昔の古典作品ならアンフェアだったのかもしれないですが、いまどきこれくらいの書きっぷりはどこにでもある=世に受け入れられている、のではないかと思っています。私はミステリマニアではありませんので、まあ参考程度に…ということで記載しておきます。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30年前、最初に本書を読了した際に得たのは、とにかくヤラレタという感覚。

正直、ズルさすれすれでも、完全にズルいものでも、何でもござれになりつつある現在のミステリー界なので、今の時点でこうした作品を書こうと思えば、いくらでも書けるのだろう。
しかし、クリスティの初期はミステリーと称して下らないオカルト要素満載のずるさを呈した作品はあっても、こうした小憎らしい手法を使用した作品は無かった。
考えられなかったというよりも、おそらく世に問うて良いとは、誰もが思っていなかったに違い無い。
そうクリスティ女史以外は。

正直、トリックの素晴らしさ、物語の進行に沿った謎解きの楽しさ、人間の心理描写などは、クリスティ以上に凄い作家は幾らでも、いや少なくとも複数はいらっしゃるだろう。
そうではなく、彼女の偉大さは、そうした他の作家たちの大切にするようなミステリーとしての芯とも言える重厚な要素のみにあるのではなく、ある意味で発明とも実験とも取れるような作風を、確信と自信を持って出した事にあると言えよう。

何十年もの間、フェア、アンフェア云々が論争されてきている本作であるが、そういう下らない次元の問題として俎上に乗せるべき作品では無いと確信している。
重要なのはクリスティがこうした作品を世
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
忘れられない作品です。クリスティーの作品中、というよりあらゆる推理小説中で最も有名な作品かも知れません。
最初に読んだのは中学生の頃。
まったく予備知識がないまま読むことが出来たのは最高の幸福でした。
あの衝撃の真相を知った時の驚きは今でも思い出します。
文字通り椅子から転げ落ちるほどでした。
この作品を語るときに必ず言われるのがフェアかアンフェアかの問題ですが、推理小説の楽しみはそんなことよりも、面白いか面白くないかが問題であり、この作品は文句なく面白いです。
フェアかアンフェアかの問題提起はヴァン・ダインが言い始めたことだと思いますが、あの有名なトリックで先を越されたことに対する悔しさでクリスティーを非難したのでしょう。
これから、この本を始めて読む人がうらやましい。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/7
形式: 文庫
ここ最近、アガサ・クリスティーを何冊か読み直している。メジャーなタイトルの多くは新訳が出ていて、本書『アクロイド殺し』も羽田詩津子氏による新訳である。かつて中学生のころ故・田村隆一氏の訳で読み、およそ30年ぶりに再会を果たしたわけだ。と、いかにも感慨深いようなことを書いたが、実はそこまで思い入れのある作品でもない。『そして誰もいなくなった』や『オリエント急行の殺人』には度肝を抜かれたが、『アクロイド殺し』はどうもピンとこなかった、というのが正直なところだったのだ。

なんでだろう? と今さら分析してみるのだが、これは犯人の意外性が低いというようなことではまったくない。ただ、先の2タイトルに比べると、『アクロイド殺し』は舞台設定がすごーーーーく地味なのである。強烈なサスペンスや絢爛たるムードとは無縁な、イギリスの田舎町。そこで地味な殺人事件が起こって、地味に物語が進行する。この「粛々」「淡々」とした感じが、犯人の意外性を超えて中学生には物足りなかったのだろう。いかにも子どもっぽい感想だな、と思わざるを得ないのだが…。

しかし今、大人の視点で読むと、「地味だけどすごい内容だ」ということがよく分かる。ミステリとしての装いは確かに地味だが、技術的にはすごいことをやっている、という感じ。料理に例えるなら、『そして誰もいなくなった』がジュージューと熱い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー