通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫) 文庫 – 2009/2/1

5つ星のうち 3.5 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
  • +
  • アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)
  • +
  • アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って“速さ”を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。季節は秋。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は一変する。少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは“加速世界”の存在を知る。それは、中学内格差の最底辺である彼が、姫を護る騎士“バーストリンカー”となった瞬間だった。ウェブ上でカリスマ的人気を誇る作家が、ついに電撃大賞「大賞」受賞しデビュー!実力派が描く未来系青春エンタテイメント登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川原/礫
群馬県高崎市出身、東京都練馬区在住。『アクセル・ワールド1黒雪姫の帰還』で第15回電撃大賞「大賞」受賞、同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2009/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048675176
  • ISBN-13: 978-4048675178
  • 発売日: 2009/2/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 250,406位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本作はブレイン・バーストと言う作成者不明、運営者不明のオンラインゲームで活躍する主人公の話。
ヒロインはかつて一大ギルドを築いたものの、とある行為によってお尋ね者状態となってギルドは解散、自らも正体を隠していましたが、主人公に才能を見出しゲームに誘います。

謎のヴァーチャルワールドの探索をよくあるゲームの設定を搦めて受け入れやすくしているのはかなり良い発想だと思います。
これでSF設定の世界観でありながら受け入れやすく、分かりやすくなっており、若年層しか参加できないゲームの設定など骨子の世界設定もしっかりしているため楽しんで読むことができます。

しかし個人的に主人公に感情移入しづらいのが△
特にデブで卑屈な主人公ががんばっていく話と言うのを書きたいと思われるのですが、主人公を持ち上げる要素(ヒロインが主人公は才能があるうんぬんなど)が多すぎて薄っぺらく感じます。恋愛描写などもそこに至るまでの描写が薄く、主人公に都合が良いものが多いため、よくあるハーレムものをイメージしたらいいです。

ただそこら辺はまだよくある恋愛描写が薄いラノベと思えば何とも思わないのですが、一番の問題は会話文が致命的に下手という点です。

主人公「○○○〜ということですか?」
ヒロイン「い
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
先にアニメを観て、それから原作を読んだ派。すでに視覚的な情報があったため小説自体は大変読み易かった。世代にもよるだろうが、私は SAO より AW の方が好み。作者は同世代らしく、影響を受けた作品オマージュがところどころに垣間みられるのも楽しい。特にシルバークロウからは仮面ライダー 555 やウィングマンの影響があるように感じられた (作者的には関係ないと言うかもしれないが)。またヒロインの黒雪姫/ブラックロータスは確かに強いけれども、作品の基本的なプロットがお姫様を守るナイトの物語であるのも、分かりやすくて良い。さえない主人公がモテモテになるのは男目線のファンタジーであって、多少の差はあれ島耕作なんかと同じなので、そういうモノとして受容できれば続巻も楽しめるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ネタバレ含みます、ご注意。

一部を飛ばして12巻まで読みましたが結論を述べればタイトル通りで、ありきたりではあるものの人間とコンピュータが接続されている社会において行われる仮想空間でのアバターでの格闘物という点は大いに楽しめる。
だがこの作者は世界観を作るのは上手いが、人を描くのは極めて下手である。

薄っぺらいのならまだいい。実際はそれに加え大抵の人間には全く理解も共感もできない基準で行動するので読んでいてずっと違和感がつきまとう。
特にヒロインの黒雪姫。このキャラだけはいくら読んでも慣れることができなかった。
主人公の持つ常人離れした反応速度を切っ掛けに興味を持ち、そこから徐々に理解を深め好意を抱くのなら大いに理解できるのですが、わけのわからないことに最初から強い好意・愛情を持っているのはどうしようもない。

男性キャラだとまだマシなんですが、女性キャラは悪い意味でぶっ飛んでいるのが多いと思います。特にハーレムを構成するヒロイン達。
そういうものだと言われればそれまでなんですが、言動がとにかく作り物めいているというか、常にごっこ遊びの役を演じているように見えるんです。
思うに現実世界を下敷きにしている世界観であるために、個人差はあるものの「現実・リアル」というものが付
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アニメーションの第1話と第2話を観て、漫画でなはく、小説という一次元的なメディアで
これをどうやって表現しているのだろう? という興味から、近所の書店で購入し、
読んでみることに。
ファーストインプレッションとしては、文章が緻密かつ丁寧。
しかもこれだけ複雑な話であるにもかかわらず、内容に一切のブレがなく、
自身にブレイン・バーストのレギュレーションが自然に入ってくる。
埼玉の某饅頭のCMではないが、思わず『巧い。巧すぎる』と唸ってしまった。
何より凄いのは、なかなか言葉に消化することができず、『諦め』の一言で片付けてしまいがちな、
十代の少年が抱くありとあらゆる劣等感そして邪推の数々を、色とりどりの言葉で
描写しているところでしょうか。また執筆の際、作者はハルユキを劣等感の塊のような存在と
定義させることにより、実際の読者が意識的に、あるいは潜在的に抱いている劣等感とリンクさせ、
本作の表現を借りれば、ハルユキそのものを読者のアバターとして同期させるよう、
緻密なストラテジーを練った様子が窺われ、まんまと作者の術中にハマってしまいました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー