日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

アクアマン(吹替版)

 (11,725)6.92時間23分2018G
“冒険と驚異の映像、怒涛のスペクタクル” 『アクアマン』では、1人の英雄の誕生秘話が明かされる。人間とアトランティスの2つの血を引くアーサー・カリーは、自身の運命を確かめるための旅に出る――自分は何者なのか、本当に王となるべき男なのか……それを見極めるために。 Rating G AQUAMAN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
パトリック・ウィルソンドルフ・ラングレンヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世ニコール・キッドマン
プロデューサー
ジョン・バーグザック・スナイダーウォルター・ハマダジェフ・ジョーンズデボラ・スナイダー
提供
WarnerBros.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.1

11725件のグローバルレーティング

  1. 49%のレビュー結果:星5つ
  2. 25%のレビュー結果:星4つ
  3. 15%のレビュー結果:星3つ
  4. 6%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

はるる2019/07/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最高のヒーロー映画/極上の娯楽
確認済みの購入
最高でした… これこそ私が求めていたヒーロー映画でした。

2時間以上の長尺。原作知らなくても楽しめる、作品そのものの地力。優れたデザイン/映像美。神秘性溢れるストーリー。重厚で丁寧なドラマ。アドレナリンを大放出させてくれるエキサイティングなノリ。それらすべてを最高のレベルで最後まで維持し続けてくれる作品。人類が生み出せる「映画」という娯楽の最高峰。それが『アクアマン』でした。私にとって本作は間違いなく、ワーナーが生み出したヒーローどころか、マーベルシネマティックユニバース作品すら超えた最高の作品でした。(まだエンドゲーム観てないけど)

今まで私は、映画を観て感動して涙を流すという事はたびたびある人間だったのですが、映像美が凄すぎるから、作品が面白すぎるから、感動して泣くなんて経験をしたのは本作が初めてでした。終盤の大戦シーンではもうずっと泣いてました。美しすぎて凄まじすぎて。

とにかく本作は、常にパワフルかつエネルギッシュなアクションと、人類が生み出す映像美の極致によって彩られ、全編に興奮と爽快感が満ち溢れていました。アクアマンの肉体と性格にふさわしい「殴る」「投げる」といった豪快な格闘は見ていて手に汗握りましたし爽快感に溢れていました。それが海底都市やイタリアの街などの美しいロケーションの中で繰り広げられる光景はすべてが芸術でした。そして終盤の大戦シーンは、あらゆる色の光が高速で飛び交い、大破壊、大生物が縦横無尽に暴れまわる。間違いなく誰も観た事のない、誰も作った事の無い、海が舞台だからこそ生み出せた壮絶な美の世界が絶えず繰り広げられ、私は感極まってしまいました。

パワフルだったのは映像だけではありません。本作登場人物は、主人公アクアマンはもちろん、ヒロイン、悪役、アクアマンの母、蟹に至るまで、みな誇りみなぎる威風堂々たる態度で、言動に迷いがありません。覚悟が決まりまくっている。その確かな生き様たちが怒号と共に激しくぶつかり合う。挑まなければ後悔する。それは嫌だから戦う。その姿は観ているだけで元気が出ました。で、そういうパワフルなだけじゃないアクアマンのキャラもいいですね。柔軟さもあって、シリアスしかない戦いの世界に笑いと安らぎをもたらしてくれる。そしてくよくよしないタフな男。ああいう大らかさが王らしいですね。『ジャスティスリーグ』でもいいポジションでしたし。

「海」感の徹底もいいですね。アクアマンは登場シーンの7割くらいは塗れてて。撮影大変だったでしょうけど、さすが『アクアマン』と感心しました。海中各国の民も、魚、深海魚、蟹などさまざまな造詣が作られていて良かったです。人魚とか半漁人というのは見たことありますが、甲殻類や深海魚をベースにしたデザインは初めて見たので刺激を受けました。

あと宝探しパートも素敵です。ビンの底で謎が解けるとか、昔のアドベンチャー映画みたいでワクワクしました。あのパートのおかげで陸に上がってロケーションが増えましたし、世界観が広がりました。海と陸はひとつの世界。

吹替版についての話ですが、タレント吹替がありませんでした。DC作品はタレント吹替無いのがいいですね。ワーナー(今回は)グッジョブ。最高の作品は最高の人材によってのみ生み出される。

興奮、爽快感、そして元気が出る。これを感じられる事が、私がヒーロー映画に求めているもの、「映画」という娯楽を経験した時に得られるべき喜びだと思っています。それを得られるはず、と期待を込めてお金と時間を費やします。それが徒労に終わることがちょっと前は珍しくありませんでした。ヒーローとしての活躍シーンを観たかったのに、一人の人間として落ち込んでるシーンを長々観せられた、とか結構ありました。最近はそういう事はなくなってきたんですが、本作は「なくなってきた」どころか「なかった」。全瞬間が最高の娯楽でした。

もうひとつ「無かった」ものがありまして… 最近はどこの製作もヒーロー映画である事、娯楽である事に力を注ぎ切らず、社会問題を、人種を、性別を、「テーマ」を、「メッセージ」を、とまるで義務のように余計なものを混ぜ込んでくるようになりました。たった数時間の夢も見せてくれない。「知れ」「意識しろ」「無関心は許さない」と作品の端々で現実世界の闇を突きつけてくる。少なくともヒーロー映画は社会貢献のためにあるわけではないはずなのに。おかげで『ワンダーウーマン』の評価にも余計なものがついてまわった。あの強さと美しさと優しさが純粋に評価されず、ポリだのフェミだのジェンダーだのの争いに巻き込まれた。そういう邪魔なものが『アクアマン』には「無かった」(と思う)。本作はただただ、数時間の夢でした。それが私にはただただありがたかった。ありがたい… ジェームズワン監督ありがとう… 君がいないおかげで死霊館シリーズおかしなことになってきてるけど… えっ次『モータルコンバット』撮るから死霊館ほったらかし… まぁいいけど…

という事で、かなり偏った賛美を長々書き連ねてしまいましたが、だってそう感じたもん!という事で。私もフィッシュボーイと写真撮りてぇなあ!!
135人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
kein22019/09/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
何故だろう?…面白くない
確認済みの購入
CGはきれいだし、頭を使わなくてよい
この手の冒険活劇は好きなはずなのに…
単なる思いつきのようなストーリー展開?
どこからか切り取ってきたような世界観?
一見、美しいけれど違和感のある過剰なCG?
感情移入出来ない魅力のない主人公?
(タトゥーだらけの毛むくじゃら、むさ苦しい大男は
生理的にムリ…応援できない)
うわべだけのかっこよさと綺麗なロケーションだけで
主人公や物語を魅力的に見せる、脚本や演出が足りず
作り手の作品への思い入れが感じられません
うまく説明できませんが…結局自分の感性には
あわない映画だったのでしょう
あくまで私の主観なので、この映画を面白いと
評価する人が多くいても不思議ではありません
108人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ガジェット猫2019/05/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
CGで作られる自然の美しさ
確認済みの購入
海中戦をよくここまで映像化できたなぁと感心しました。
悪役の「地上人が海を汚したり生物を殺す行為を許せない」という動機が共感できたので、なんとも複雑な気持ちで見てしまいました。海賊に関しては逆恨みもいいとこでしたね。
映像美で見入ってしまったのはアバター以来です。
そして、不安だったのが吹き替え声優ですが・・・トラウマ級に棒読みの剛力○芽さんのような変な芸能人が吹き替えることもなく、安心して視聴することができました(ホッ
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
pinkさん2020/04/27に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
想像以上に中二病だった・・・
確認済みの購入
海外のオタクが夢見てそうな展開だった。。
最近見た中で一番つまらん。
内容は星1だけどCG、映像美、クリーチャーデザインは好みだったので星2つです。
全シーンにツッコミどころ満載!!※ネタバレ注意です。

・気絶しているのに槍持った女性を助ける>何故眠っているのに持っているんだ
・海底人なのに英語が話せる>なんで金魚食った?!
・アクアマン誕生後に海底から刺客>いや、来るの遅くね?
・政略結婚のために連行するのに殺す気で襲いかかる>え?は?
・家族を守るために海に戻る母>話し合いで解決しろやw
・水族館で魚やサメと対話>あ!ハリーポッターで見た!蛇と喋るシーン!
・メカニックな海賊が潜水艦を襲う>大層な技術持ってんのに海賊になる理由がわからん。。
・黒人海賊父爆弾持って沈む>I'll be backみたいなことすんなw悲しい音楽流すなwww
・黒人海賊親子は自業自得で父海賊死亡からのアクアマンに復讐を誓う>いい話にすんなw意味わからんww
・大西洋のどこか>どこだよ?
・謎の潜水艦が海底遺跡を攻撃>アクアマン弟の自作自演?説明くれ。
・海が陸に戦争を仕掛けるからメラ女王からヘルプ>その割にメラが陸をdisってる
・アクアマン弟が黒人海賊達を陸の刺客として送り込んでいた>なんで雇い主に怒りを覚えない?アホだからか。
・黒人の息子海賊復讐に燃える>アホなのはわかった。
・突然の津波からのモーゼ>監督…やりたかったのかな?
・アトランティスの女王に忠誠を誓うバルコ参謀が前置き無しに登場>いや、、お前誰だよ・・・。
・アトラン王の伝説の矛を探す試練が始まる>ヘラクレスみたいですね・・。
・赤レンジャー・白レンジャーの登場>違いがわからん。どっちが偉いん??
・アクアマン捕まる>はっや!!捕まるのはやっ!!!
・突然の闘技場での決闘>…発想が小学生男子かな?
・メラ女王が逃亡を助ける>いろいろ遅くね?
・インド洋のどこか>どこだよ??
・突然の謎解きアトラクション>なにを見させられてるの?
・イタリアのシチリア島>ここだけ"どこか"じゃないのね。監督が好きなのかな。
・腕輪のGPSをメラに付けているので生きているのバレる>素人か。
・黒人海賊息子復讐に燃えて海底族からの武器をマイデザインに改造!!>なんでお前海賊なんかやってんだよw
・ブラックマンタと名乗る海賊息子>ダサいからエンジニアに転職しよ?ね?
・人間の見た目なのに海底人で息できるやつとできない奴がいる>トイレで呼吸すんな。予想できて笑えん。
・海底獣が攻めてくる>なんでおまらは陸で呼吸できんだよwwwwww
・地球の隠されたどこか>だwかwらwどこだよ???なんで恐竜いんの?!
・おかん生きてた>弟産んだら嫉妬で追放は酷すぎる。女性への扱いが雑。
・クラーケン登場>Disne○ Seaの海底20000マイルでみた!!!
・と思いきやCenter of the Earthで見たような合成獣だった>Dis○eyに怒られるぞ。
・アクアマン真の姿に!>デコ電…?デコスマホ?ギャルデコじゃん。
・王の座をかけて兄弟のバトル再開>アクアマンが優しいことを表現したいのか弱音が多い
・争いを止めるためおかん登場>兄弟ともにただのマザコン
・弟を投獄へ>パッとしない解決
・end rollでブラックマンタ生きてる>もうお前は生きてなくていいよ…2とか望んでないよ、、、

映像だけなら星5。内容は星1ですね。
それと、海洋生物についてちゃんと理解して制作して欲しかったですね。
イルカとシャチが一緒にいること自体がありえない。シャチにとってイルカは餌ですよ。
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ぽむさん2019/08/15に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
ストーリーが雑すぎる
確認済みの購入
映像は非常にきれいだったものの、設定、展開、演出がありきたりすぎて面白くなかった。
定番の設定が面白い映画もあるが、本作は見所も特になく、「こうなるだろうな」と先読みできてしまった。
55人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
hide-bon2019/04/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
どこか懐かしいロマンある海洋アドベンチャー!
確認済みの購入
「アクアマン」は現代の設定ながら中世の時代に栄華を極めるも水没してしまった伝説の国家アトランティスを主舞台に繰り広げられる海洋アドベンチャーだ。
最新のテクノロジーを駆使しながらどこか懐かしいムードが横溢しているのは、父の形見の宝剣を息子が抜いて我が物にするアーサー王伝説が取り入れられたり、七つの海をそれぞれに統治する王族同士の対立を描いていたり、そもそも彼らの衣装が甲冑に兜と中世の騎士をイメージさせるから、だけではなく、やはり子供時代に読んだロマンある海洋冒険小説を想起させるからだろう。
誇り高く愛憎渦巻く男たちを優しく包み込むような神秘的で母なる海。
激しいアクションでありながら温かみを感じるのは皮肉にもライバルのマーベルを傘下に納めるディズニー映画のようだ。

観たことのないような海底での戦闘シーンは美しく眩惑されるが、目を見張るのはそれだけではない。
海洋のみならず、サハラ砂漠からイタリアのシシリー、さらにはロスト・ワールドまで主人公たちの道程に見せ場がてんこ盛りで2時間半飽きさせない。
いや、むしろ、案外シシリーのアクション・シークエンスが一番面白かったりする。
屋根伝いに逃げるヒロインと追っ手。「ボーン・アルティメイタム」や「ミッション・インポッシブル5」を始めとして多くのアクション映画で描かれてきたシチュエーションだが、追っ手が建家内の壁を次々にぶち破りながら追いかけるなんて爆笑ものなのだ。

4KUHDソフトとしてのクオリティも高い。
数々の深海シーンを引き立たせる暗部の階調表現と一転サハラからシシリーへの鮮やかな陽光へと転換する高コントラストの豊かさ。
海底でのダークな深みと光彩の精緻さ。
音響もアトモスの効果絶大で轟くような地響きと低音域での重厚な音圧感。
いずれも期待を裏切らない出来映えだ。

TC Candlerが選ぶ世界で最もハンサムな顔ナンバー1に選ばれたジェイソン・モモア、野性的な風貌と存在感が映画の神話性を高めている。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2019/07/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
今年最強の映画と言っていいレベル。
確認済みの購入
ニコール・キッドマンこの顔で50代って。。若く見えすぎ!!アンチエイジングの神か!
アバターやロードオブザリングに勝るとも劣らないレベルのクオリティーでした。
映像技術、音楽、サプライズ感動脚本、戦闘シーン、すべて最強クラスでした。。
いや。。アバターより格上かも。
こんな大作映画をよく2時間にまとめあげたな-。3部作になってもいいレベル。
最後の感動のオチもすばらしぃー。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
さんか2019/08/26に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
解決してない
確認済みの購入
アーサーのかっこよさ、CGのきれいさ、トライデントまでのアドベンチャー感
いろいろ良かったところが多いです。
CG感強め。ピカピカするから苦手な人は注意

まぁ、これはどうかなって思ったのも多数
海賊は必要か?続編への布石みたいな感じでもあるけど、今作のみで考えたらいらない要素だったかな
スーツが変な感じ、目からビームできるようにしてるけど結局剣使うのかよ。
1回目とどめ刺さなかったから襲われたのにまたその繰り返しかな?

最初に撃ってきた潜水艦はなんだったの?
地上側から喧嘩売って海底側の反発を止めただけ
地上側の元凶は残しっぱなし?

魚人っぽい海底人の王は殺されたけど王女はそのままでいいの?

いろいろ不完全燃焼感
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示