Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 270の割引 (38%)

ポイント : 172pt (39%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[福本 伸行]のアカギ-闇に降り立った天才 1
Kindle App Ad

アカギ-闇に降り立った天才 1 Kindle版

5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] アカギ-闇に降り立った天才の33の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 188ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

昭和33年、高度成長期真っ只中の時代。雨降りしきるある夜、とある雀荘でヤクザ相手に命がけの勝負を挑んでいた南郷は徐々に窮地に追い込まれていた。その時突然、ずぶぬれになった一人の少年が雀荘に入ってきた。少年にただならぬ気配を感じた南郷は、麻雀牌すら握ったことのない彼に代打ちをさせる。このときから伝説が始まった。少年の名は赤木しげる。のちに「神域の男」と呼ばれる男である。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 128296 KB
  • 紙の本の長さ: 221 ページ
  • 出版社: フクモトプロ/highstone, Inc. (2013/7/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DVYTZ12
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
麻雀を知っている人も知らない人も楽しめる作品だと思います。
1巻では、麻雀を全く知らないアカギが実戦を通じて麻雀を覚える場面が描かれていて、麻雀の基礎知識が学べます。
そしてそれ以降、アカギは天才雀鬼として活躍するわけですが、アカギの麻雀はいつも命懸けだから面白い。
アカギは、狂気により、命をかけた勝負でも平常心を保つ。死を恐れず全く守らないことで、結局、生きながらえている。その狂気が見ていてとても面白い。
アカギは、相手を罠にハメるために相手を理解する。相手に情報を与えず相手の情報を得る。その情報戦がとても面白い。
コンピュータ相手に麻雀を打っていては味わえない緊張感や心理戦は、麻雀が分からなくてもきっと楽しめるはず。
福本先生の漫画らしく、この「アカギ」でも、麻雀を通じて人生を描いています。アカギが南郷につぶやく『死ねば助かるのに・・』は、多くのサラリーマンに突き刺さる台詞ではないでしょうか。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 私はアニメのアカギを見てから買ったので、その比較を交えつつレビューを書きます。
 アニメでは常に冷静で汗一つかかずに戦いますが、漫画では若干ですが焦る様子を見せたりします。そういうところからも、漫画の方が親しみやすい("天"での赤木に近い)アカギだと感じました。もちろん、アカギの揺れない心は健在です。
 あと、アニメではテンポよく進んでくれるので麻雀のルールを知らない人でさえ楽しめますが、漫画ではどうしても絵と文字だけになるので、ルールを知っておかないと面白さが減ってもったいないです。と言っても漫画を楽しむ分には完璧にルールを覚える必要はなく、基礎中の基礎と多少の役を覚えていれば十分です。
 最後に、アカギの肝は心理戦です。その描写は漫画の方がより細かくなっています。人間同士の緊迫した麻雀の戦いをどうぞご覧ください。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
タイトル通り、マージャンの話ですが、
マージャンを知っている必要性がありません。
私もマージャンは知らないクチですが、
そんな事は関係無く、
秀逸したストーリーに引き込まれます。
全体としては心理描写などが多いため、
話の進行事態は非常にゆっくりしたものです。
ですので、まとめて読むのが良いかもしれません。
続きがこんなにも気になる本は初めてです。
パッと見の絵にとらわれず、
是非一度読んで欲しい作品です。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
基本麻雀の対決が延々と続くこの作品、たかが麻雀ごときでどれだけのドラマが作れるのだろう?っと半信半疑で読み始めたらすっかり虜になってしまいました。
それもそのはず、この作者はジャンケンだけでもドラマを作る才覚のある人なので麻雀程の材料があれば幾らでも物語は組立られるのだろう。

麻雀漫画にありがちなイカサマの類はあまり無くむしろ軽妙な駆引き、心理戦が中心でアカギの術中に見事に嵌り最期にはつっぷす刺客達の姿に爽快感すら覚えます、その様は天才と言うより悪魔の所業。
劇中の台詞で「麻雀は如何に上がるかのゲームでは無く、如何に相手を降ろさせるかのゲーム」には「なるほどな」っと思いました、麻雀を覚えてから二十年以上経つがそんな事にも気付かない私は博才の無い証拠だ。

補足、この漫画は麻雀を知らなくても楽しめるとは思いますが麻雀を知っている方がより深く楽しめる事は間違えありません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
7巻までは
話のテンポも良く矢木編、市川編、浦部編も
心理戦やアカギの悪魔じみた作戦など非常に
面白く読み応えがあります。

ただ今も続いてる鷲頭編は
鷲頭編が始まったのは単行本の7巻あたりからですが
7巻〜最新巻26巻まで未だに鷲頭麻雀が続いていて
決着がついていません。

普通一つのエピソードは長くても5巻か6巻くらい
なのでしょうが

10巻以降は
同じ相手と同じ麻雀を延々と続けてるだけなので
幾らアカギが名勝負を繰り広げても流石にいい加減飽きてきます。

なので鷲頭編はアカギが勝つ事は分かってるので(天の都合上)
少し触る程度で10巻くらいまで読むと丁度いいのではと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover