通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アオバ自転車店へようこそ! 17巻 (ヤングキング... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アオバ自転車店へようこそ! 17巻 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2017/4/5

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 599
¥ 599 ¥ 445
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アオバ自転車店へようこそ! 17巻 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 弱虫ペダル 50 (少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
総額: ¥1,525
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

自転車を愛してやまないアオバ自転車店の峠一家とその周りの人々の人間模様が描かれた、自転車とヒトをつなぐ心温まるストーリー!
毎回色んな自転車が出てきて知識もぐっと広がります!


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 少年画報社 (2017/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 478595986X
  • ISBN-13: 978-4785959869
  • 発売日: 2017/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.1 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ここまでコミックスを追ってる人には基本的なことやお約束は説明不要なので感じたことのみ。
ロードバイクはスピードは出ますがカゴ、スタンド、泥よけ、チェーンカバーが無くそのままでは通勤には使いにくいと思います。
コストをかけられたしっかりとしたものというのが前提ですが、ママチャリのが通勤通学に向いています。
誰にでもロードバイク通勤が向いていると取れる内容にはすこし残念です。
認知症の話はリアリティはともかくすんなり内容が入ってきませんでした。登場人物の心情が腑に落ちないというか違和感がありました。
全体的な懐古やノスタルジーはもはや味なので否定するのはナンセンスです。
絵柄の古さや昭和のベタなノリも私は好きです。
スーパーカー自転車は当時を経験してるしてないで評価も変わると思いますが個人的には好きです。
こういう切り口の自転車漫画は他にないのでコミックスが出る限りは応援したいと思っています。
個人的には暗い話は後味が悪いので少なくして欲しいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告