通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アウトローのワイン論 (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥340 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆簡易クリーニング済◆概ねキレイな状態で、書き込みや、特に目立つ傷などはありませんが、中古品のため、並みの古本程度の経年感・使用感はございます。読む分には問題ないかと思われます。発送は平日と日曜日のご注文は当日or翌日ゆうメールにて迅速に発送します。土曜日の注文に限り翌々日の月曜日に発送です。クリアパックにて防水処理し、封筒に入れてお届け致します。迅速丁寧に発送いたします。*帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アウトローのワイン論 (光文社新書) (日本語) 新書 – 2017/7/19

5つ星のうち4.6 6個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥814
¥814 ¥145
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • アウトローのワイン論 (光文社新書)
  • +
  • 自然派ワイン入門
  • +
  • ナチュラルワイン入門
総額: ¥5,094
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

出版社からのコメント

◎考えるな、感じろ。
◎ワインの官能とは何か?
昭和の時代から活躍するワインの伝道師が初めて語る、
固定観念に縛られないワインの楽しみ方と、その行き着く先。
「おいしいからいい。おいしくしたいなら自然に造るのがいい」

【内容紹介】
いいブドウを使ってその力を引き出すように発酵させ、酸化防止剤をゼロか、
本当に少ししか使っていないナチュラルなワインは、赤なのに淡い色のニュアンスを持っていて、
熟成感のある色っぽい香りがする。
そう、異論はあるかもしれないけど、ヴァン・ナチュールもグラン・ヴァンも、
ワインの理想として行き着くところは一緒なんだと思う。(中略)
昔は、輸送や保存の環境が整っていない状態だったから、「強くて濃いワイン」を造り、
それを熟成させることによって、いらないものをそぎおとしていって最後に残ったものを目標としていた。
そのために、何十年もの熟成時間をかけた。(中略)
すごく乱暴にいえば、ヴァン・ナチュールは、年月が経つのを待たなくても、
艶っぽいワインを楽しむことができる。(本文より)

【小見出し抜粋】
ワインの高級スタンダードは必要/カベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワールは無理をしなくていい/
情報が増えることで否定されるもの/安いワインと安っぽいワインは違う/自然なワインは水に還る/
テーブルワインでもあなどれない/おいしいワインの第一歩はブドウ/造り手の個性が光るガメイ/
ナチュラル「だから」いいのではない/ブドウの出来によって年ごとに味が違っていい/
いい造り手はブドウを大事にする/ダメといわれてきた味や香りは欠陥なのか?/グラン・ヴァンもナチュールも行き着くところは官能/
ヴィンテージの概念がなくなる!?/酸化防止剤が悪なわけじゃなく、その加減/ヴァン・ナチュールだから体にいい?/
ヴァン・ナチュールをもっとも理解しているのは日本人?/若い世代が変えるワインの世界/新世界ではない旧世界のワインの底力/
薄いって何だろう? 濃いって何だろう? しっかりって何だろう?

【著者紹介】
勝山晋作(かつやましんさく) 一九五五年和歌山生まれ。昭和の時代から日本におけるワインの伝道師として活躍。
ビストロ「祥瑞」、最注目の中華店「楽記」オーナー、
ヴァン・ナチュールの祭典「FESTIVIN(フェスティヴァン)」主宰。
著書に『ヴァンナチュール 自然ワインが飲める店51』(リトルモア)がある。

土田美登世(つちだみとせ)
一九六六年生まれ。広島大学卒、お茶の水女子大学大学院(調理科学)修了。
「専門料理」「料理王国」編集部を経てフリーの食記者、編集者に。
著書『やきとりと日本人 屋台から星付きまで』(光文社新書)は話題に。

内容(「BOOK」データベースより)

ワインの官能とは何か?昭和の時代から活躍するワインの伝道師が初めて語る、固定観念に縛られないワインの楽しみ方と、その行き着く先。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 171ページ
  • 出版社: 光文社 (2017/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334043011
  • ISBN-13: 978-4334043018
  • 発売日: 2017/7/19
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 6
星5つ
63%
星4つ
37%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件のカスタマーレビュー

2019年5月28日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年6月12日
形式: 新書Amazonで購入
2019年8月29日
形式: 新書Amazonで購入
2019年2月12日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年11月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
2017年8月6日
形式: 新書
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告