Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 499
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Tak.]のアウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術
Kindle App Ad

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術 Kindle版

5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 499

商品の説明

内容紹介

本書は、個人のためのアウトライン・プロセッシングの一般的な技法と考え方についての本です。アウトライン・プロセッシングとはWorkFlowy、OmniOutlinerなどの「アウトライナー」と呼ばれるソフトを使って文章を書き、考える技術のことです。



みなさんは日常的にどのくらい文章を書くでしょうか。仕事や研究でレポートや企画書を書くという方は多いでしょう。プライベートでブログを書いたりFacebookに投稿するという方はもっと多いかもしれません。

でも現代の生活で「書くこと」はそれだけではありません。今日やることのリストを作る。明日の会議で報告する内容を整理する。クライアントに自社製品についてうまく説明する方法を考える。旅行に出発するまでにやらなければならないことを書き出す。夕食の献立を考え、買い物リストをつくる……どれも広い意味で「書くこと」です。あるいは「考えること」と言い換えてもいいでしょう。

もしここにあげたような「書くこと」や「考えること」を日常的に行っているなら、アウトライナーは強い味方になってくれます。

「書くこと」「考えること」にアウトライナーは絶大な威力を発揮します。一度その考え方を理解し、馴染んでしまうと手放せなくなります。実際、私にとってアウトライナーなしで文章を書いたり考えを整理したりすることはもはや困難です。また、アウトライナーを知らなかった人が何かのきっかけでアウトライナーに触れ、熱狂的なユーザーに変貌していく様子を何度も見てきました。



本書では、特定のソフトの利用方法や操作の説明は最小限にとどめました。そのかわり、様々な場面で応用できるアウトライナーの活用のテクニックと考え方に触れていただけるように努めました。

「Part 1 アウトライナーとアウトライン・プロセッシング」ではアウトライナー、そしてアウトライン・プロセッシングとはそもそも何なのか、あらためて整理してみます。その上で、アウトライン・プロセッシングの基本的なテクニック「シェイク」についてお話しします。

「Part 2 文章を書く」では、「シェイク」を中心としたアウトライン・プロセッシングのテクニックを使って文章を書くための実践的な方法を、ケーススタディの形で具体的にお話しします。

「Part 3 理解する・伝える・考える」では、「文章を書く」こと以外の、広い意味で「考える」ことについてのアウトライン・プロセッシングの活用についてお話しします。

「Part 4 アウトライナーフリーク的アウトライナー論」では、実用性・有用性というところから少し離れて、アウトライナーの持つ本質的な意味についてちょっと理屈っぽく(?)考えてみます。「実用性から離れて」と言いましたが、本当はそうでもないと思っています。

シンプルで奥深いアウトライナーの世界に触れてください。「書くこと」「考えること」を日常的に行っている人にとって、アウトライナーは人生が(ほんのちょっとだけ)変わるほどのインパクトがあるかもしれません。

アウトライナーの深遠な世界へようこそ。

■本書の目次■
はじめに
Part 1 アウトライナーとアウトライン・プロセッシング
 アウトライナーとは
 アウトライナーの三つの基本機能
 アウトライナーを選ぶ
 アウトライナーを使うということ
 シェイク
Part 2 文章を書く
 ランダムなメモを組み立てて文章化する
 視点を組み替えてサマライズする
 発想から文章化までをアウトライナーで行う
 複数の文章をひとつのアウトラインで管理する
 アウトライナーを「文章エディタ」として使う
Part 3 理解する・伝える・考える
 アウトライナーで読む
 アウトライナーで伝える
 使い捨てのアウトライン
 タスク管理から「生活のアウトライン」へ
Part 4 アウトライナーフリーク的アウトライナー論
 アウトライナーフリーク的Word論
 アウトライナーが「アイデア・プロセッサー」であること
 アウトライナーフリーク的Evernote論
 フローをからめ取る
 アウトライナーの新しい呼び名
 チームでのアウトライン・プロセッシングへ
巻末
 おわりに
 自由なアウトライン・プロセッシングのためのアウトライナー一覧

【更新情報】
2015年5月7日 初版
2015年5月28日 第2版


本書は2008年から2014年までの間に筆者が下記で公開したアウトライナー関連のエントリーをまとめ、大幅に加筆修正したものです。
Renji Talk(http://www012.upp.so-net.ne.jp/renjitalk/index.html)
Word Piece(http://takpluspluslog.blog.so-net.ne.jp)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6240 KB
  • 紙の本の長さ: 129 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00XCIETIG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,607位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容自体は面白く読めた。
殆ど触れられていないがWindowsにはSolという優れたアウトライナーが存在する。
開発がとうに停止していることや古くて独自仕様なデータの取り回しに不自由するであろう点からあえて触れなかったのかもしれないが(あるいは単にWindows環境とユーザーはアウトオブ眼中なんだろうが)、本書を読んでガッカリしたWindowsユーザーは一度試してみてほしい。
トピック内改行や2レベル以上のトピック移動も自由。ショートカットキーも簡単。ホイストは不可。Windows10でも動作。
ちなみにsolからworkflowyへはタブテキスト形式でコピーして貼り付ければ大体反映されるので、workflowyユーザーがオフライン時用に使うのもアリかと。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
執筆業をはじめとするひとりブレインストーミングが必要な仕事をしている人にとって、アウトライナーは極めて強力なツールとなる。個人的には本書で触れられている WorkFlowy (https://workflowy.com/) が最も強力なツールと思う。その WorkFlowy 常用を決定づけたのが本書であり、今や WorkFlowy は日常的に使用する筆記具的な位置付けとなっている。本書を手にする前後では自身の生産性には格段の差があり、生産性を高めてくれた著者には感謝の念を覚える。

アウトライナーでは、断片化したテキスト情報を思いつくままに記録していき、ある段階でそれを並べ直して文章化していく。その断片化した文章をひとかたまりのパラグラフ化する際にズームイン機能が有用であるし、全体を俯瞰する場合にズームアウト機能が有用である。この中で触れられているトップダウン型/ボトムアップ型思考法やシェイクと呼ばれる手法は、筆者がしている事に何とか名称を付けようとした努力の跡であって、実際にはもっと柔軟にアウトライナーを使用していると推測される。私自死もそうしている。アウトライナーはしばらく常用してみないとそのパワフルさは伝わりにくいかと思う。その伝わりにくい利点を何とか伝えようとする筆者の熱意が感じられるのも良い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アウトライナーは色々使っているのですが、いつももっといい使い方があるのではとおもっていました。
とりあえず全部のアウトライナーの内容を一つにまとめてみようと思っています。
行き詰っていたプロジェクトが少し進みそうで楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アウトライナーを使ってみようと思い、blogで推薦されていたので購入。

取りあえず思いつくことを書いていって、後で編集しやすいということが分かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アウトライナーで、少しずつ書きためたセンテンスを大きな文章として構築していく流れを大まかに掴むことができた。
実際に試してみようと思う。
内容的にはそんなに濃くないので、星4つ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
言葉だけは知っていたが、どのように使うものかまでは知らなかったので、参考になった。
早速試してみている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アウトラインとは文章の骨子のことで、完成された文章でいえば章や目次がそれにあたる。
文章の構成を考えてから、それを膨らませる内容を書き加えていく書き方で、論文でいえばレジュメがそれにあたる。

ただし、アウトラインどおりにはなかなか文章を書くことはできないことが多く、どうしても項目に収まらない考えが浮かんだときに「項目にないから」という理由でその文章を採用しないのは、もったいないし自分の考えとの乖離がある。であれば、それを拾いつつわかりやすい構成にするにはどうすればいいだろうか。

アウトラインを考え、また思いついたものをどんどん項目外にテキストとして入力し、それを再度項目に当てはめたり、新たに項目を立てる。

つまりアウトラインという大きな構造から小さい構造へブレイクダウンする作業と、
詳細(思いついた文章)からボトムアップでアウトラインを調整する作業、この二つを同時に繰り返して文章を完成する、というのが「アウトライン・プロセッシング」という考え方だ。

特に目新しいものではないが、今まではワープロで入れ替えたり、インデントを調整してやっていたのを、直感的に操作できる「アウトラインプロッサ」を使うというのが、この本で述べらえている内容だ。

確かに文章を打つとき
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover