日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

アウトブレイク 感染拡大(字幕版)

シーズン1
 (139)2020NR
カナダ・モントリオールで、未知のウイルス感染が今まさに広がろうとしていた。感染症のスペシャリストであるアンヌ=マリー博士は、そのウイルスが感染力と致死率が極めて高い新型コロナウイルスだと気づく。アンヌ=マリー博士はパンデミックを防ぐ事が出来るだろうか。(C) Sphère Média 2016 inc.
エピソードのレンタルには、このビデオの視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 感染2日目
    2020/01/01
    41分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    カナダ・ケベック州モントリオール市。緊急医療研究所の所長アンヌ=マリーは老人ホームで発生した食中毒の調査に追われていた。その頃市内の公園に集まるホームレスの間で謎の病気が広まっていた。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  2. 2. 感染19日目
    2020/01/01
    43分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    公園でホームレスの遺体が発見される。アンヌ=マリーと共に研究所で感染対策の指揮にあたるドゥメール公安大臣は、友人フランソワーズから嬉しい知らせを受ける。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  3. 3. 感染27日目
    2020/01/01
    42分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    サン・アンドレ病院で新たな死者が出たことで、アンヌ=マリーは調査を開始する。患者の治療にあたった病院スタッフ数名に同時にめまい症状が見られ隔離指示が出る。その謎の病気は、すでに市内にも静かに広がり始めていた。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  4. 4. 感染30日目
    2020/01/01
    42分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    マルクは愛人クロエの症状がどんどん悪化していく様子を見て焦りを募らす。研究所のチームはウイルス特定のため様々なPCRテストを試す中、ついにその正体が判明する…!(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  5. 5. 感染35日目
    2020/01/01
    44分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    CoVA感染患者に様々な抗ウイルス薬を試すが効果が出ない。アンヌ=マリーは、重症化し死を待つだけの患者を助けるため、ボストンの製薬会社で働く研究者で古い友人シルヴィを訪ねるが…。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  6. 6. 感染38日目
    2020/01/01
    44分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    感染が急拡大し、病院には多くの人が詰めかけていた。そんな中ジュヌヴィエーヴは病院で隔離される息子を心配し、自宅隔離のルールを破り外出してしまう。そんな中、ボストンからシルヴィがアンヌ=マリーを訪ねてくる。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  7. 7. 感染49日目
    2020/01/01
    44分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    ついに開発中の新薬GS-49の臨床試験が開始される。ウイルスに関する情報が錯綜し、市民はパニックに陥る。ドゥメール公安大臣は病院で隔離されている友人フランソワーズと子供を救うため、ビュイ医師にある頼み事をする。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  8. 8. 感染65日目
    2020/01/01
    44分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    モントリオール市でのコロナウイルスCoVAによる死者数は200人に迫っていた。市外へ人の流出が増加し、感染者はケベック州各地に広がっていく。アンヌ=マリーの娘サブリナも市内での生活を心配し、郊外にある友人ジュリエットの祖母宅へ避難するが…。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  9. 9. 感染79日目
    2020/01/01
    43分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    養鶏場で働く人たちの感染が相次いで確認される。サン・アンドレ病院では亡くなった子供を巡ってある噂が流れていた。一方、ドゥメール大臣はフランソワーズの件を隠そうと画策する。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  10. 10. 感染97日目
    2020/01/01
    43分
    NR
    オーディオ言語
    Français
    感染源がついに特定!?研究所のチームがCoVAウイルスの終息宣言の会見準備を進める中で、新規感染者が確認されるのだった。(C) Sphère Média 2016 inc.
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

詳細

監督
ヤン・ラヌエット・チュルジョン
出演
ギョーム・シールナンシー・サンダース
プロデューサー
ソフィー・ペレリン
シーズンイヤー
2020
提供
マイシアターD.D.
コンテンツ警告
飲酒暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.6

139件のグローバルレーティング

  1. 44%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 18%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

蓮っ葉な増女2020/07/04に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
新型コロナを予測した―スリリングなドラマ [冷静な視座を促がす]
2020年1月〜3月に放映した🇨🇦のTVシリーズ。第1話O.A.は1月7日 撮影は2019年で、中国で最初の感染者が発見されるよりも前だ。“想定してた”ようで驚く。サスペンス系なので致死率・症状の描写に違和感は大きい…[現実の規模では もっと酷いので 複雑な心境になるが、本作に罪はない] むしろパンデミック描写は ケベック州 公衆衛生研究所の助言や専門家へのリサーチによる真面目なもの、マスク不足による転売問題-誤情報に伴う風評-人種差別-ネット詐欺など 人の愚かさに注目したい。(※あくまでコロナ渦 以前の創作です)

【Point】現状においても、人との接触は危険と思われかねない。しかし本作が描くのは、アンヌ=マリーたち医療従事者を支えるのも―「人との出会いや繋がりである」という後半の人間的視点が評価できる。共存イメージが出来なかった人にも、先入観ヘイトや短絡的思考・保身が不毛である事を促がす。(コウモリ フェレット 密売者への嫌悪は残る)

また 今は劇中の無防備さに眉を顰めてしまうが、医療体制が整っていない世界中の国に、感染予防のヒントもある ex.日本と同じ土足履き替え-不特定者との行為-トイレのリスクなど、変なデマより有益だ。season2では、より再現性が高いドラマを期待。
87人のお客様がこれが役に立ったと考えています
miracle mile2020/07/13に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
10話一気見しました
エピソードを重ねる毎に、このコロナ禍で我々が直面した様々な事象が沢山描かれていて驚きの連続だったが、中でも印象に残ったのが、マリリン・モンローの仮装をしたコンパニオンの女性キャラクター。彼女の仕事は様々なイベントやパーティーに呼ばれるサービス業であり、飲食業でもあり、何より”接待”業である。そう、これは我々にとって耳馴染みのある表現で言えば、いわゆる”夜の街関連”を具現化したキャラクターではないだろうか。
素顔はとても明るくて優しく、情にもろい彼女は、たとえ体調が悪くても、仕事を休もうとしない。なぜならば生活がかかっているからである。誰も補償をしてくれない。しかしこういったパンデミックが起きてしまった時、その入口に立たされてしまう弱い立場にあるのだ。
映画の「アウトブレイク」や「コンテイジョン」、「感染列島」では決して描けなかった(当たり前だが)100%スマホ時代が投影されたパンデミックドラマの傑作。もはや我々日本人のために作ってくれたドラマなのか?とも言いたくなる。
62人のお客様がこれが役に立ったと考えています
おでぃ2020/07/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
1年前ならよくある感染症のドラマだけど、今ならノンフィクションに近い
今年の1〜3月にカナダで放映されたのですが、その後に感染拡大する新型コロナの混乱を予言していたかのようなドラマです。
1月には放映されていると言うことは制作は新型コロナって言葉をみんなが耳にするよりももっともっと前なのは当然。
それなのに怖いくらい今の事象とつながる場面が出てきます。
例えばPCR検査だったり、マスクの横領、マスク不足、マスクの価格高騰、濃厚接触による感染、隔離、医者の感染、暴力、風評被害、差別など。
これ以上にも共通項を探したらキリがありません。
通常こういうドラマは日本とはご縁の浅い感染症だったりで、イマイチ感情移入もできなかったりなのですが、身近で起きているウィルスなので色々思いを巡らせながら最終話まで見ました。
感染拡大してパニックになっていく市民よりも、医療現場を中心に据えた作品作りなのもあって、風評被害に晒されながらも不眠不休で頑張ってくれている医療現場のスタッフの気持ちを考えられるようになったのも事実。
自分たちはステイホームで文句ばかり言っていても、現場で調査や研究を頑張ってくれている専門家に感謝しなきゃいけないと思わされたドラマでした。
半日ほどで最終話まで見れるので、ぜひ今の時期に見ておかれる事をおすすめします。
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
T.boy2020/07/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
タイムリー過ぎて怖い
制作は2019年、放映のタイミングが、2020年の1月~3月だったとか狙ったとしか思えない。
しかし内容自体も現在のコロナ騒動と重なる部分が非常に多かった。。。
アンヌ博士の使命感に感動したけど、やっぱ感染で一番怖いのは群衆を巻き込む集団心理だなぁって思った。
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Booo2020/07/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ものすごく怖い
制作元のカナダではかなりヒットしたドラマのようで2019年制作とのことです、現在世界中で蔓延している新型コロナウィルス発生前!!
現代の感染症医療においては、マスク・手洗い・土足による家内進入などが確立されていることを伺わされます。
ただ、それをわざと?表現しているということは、普段あまり気にされていないのかな?
各話を注意深く見ていると登場人物全員が感染の疑いがあるように思われてきます。「ああ それ触っちゃダメだろ」「今感染したかも」・・・見ていてすごく疲れました。
イヌイット・同性愛・代理母問題などカナダフランス語圏のあまり知らないことを勉強させてもらいました。
ドラマとしてはこじんまりとまとまめていますが、感染の怖さは十分伝わっていると思います。
今見て欲しいですね。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
まぐみ2020/07/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
実際に起きた問題もエピソードとして事前に描かれた、興味深い今が旬のドラマです。
新型コロナ流行前にカナダで制作・放送されたものということで、そこが一番の驚きポイントでした。
全10話で感染源の特定までしっかり話がまとめられています。
パンデミックものとして、また現在の新型コロナ流行を背景として
最もこのドラマを深く楽しめるタイミングは今に違いないので、早めの鑑賞をお奨めしたいです。

そういえば、リアルの新型コロナの感染源の話題は耳にする機会が殆どありませんが、
結論が出ていないからなのか、営利目的で情報非公開なのか、ちょっと気になってしまいました。

また、感染終焉に向けてのストーリーと並行して、
サラッとした大人の三角関係が描かれているのですが、
何気にこのサラッと具合が自分と相性よかったです。
最近観た作品では、恋愛面が重く捉えすぎだったり、ドロドロしかったり、
どんだけ恋愛しかない人生なの?みたいのが多かったので、
なおさら主人公のプライベートに揺さぶられながらも裏切らず、
使命を全うしていく倫理観が心地よく、安心感をもって最後まで観られました。
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
nikumaru312020/07/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
興味本位で見たらハマりました!
感染列島を見た後オススメに出たので、興味本位で見たところ、
15分くらい経ったところからかなり集中してなんだかんだで見切ってしまいました!
面白すぎたのでネットで色々調べてみたところ、この時期だから急いで作った、という訳ではないようで、かなり綿密でリアルに描かれていて、終始ハラハラドキドキしながら楽しめました。
内容も非常に勉強になりましたし、全10話なので、サクサク見られておすすめです!
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
力蔵2020/07/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
コロナ終息までの道程を描いたヒューマンドラマ
 
カナダのモントリオールを舞台にした新型コロナウィルス蔓延の恐怖を描いたものだ。
この作品が発表されたのは2019年。まだコロナが具現化していない段階でのこの作品の発想と想像力たるや「預言」を思わせるほど現実と酷似しているのが逆に恐ろしい。

他に「コンテイジョン」というマット・デイモン主演のウィルス感染を描いた映画があるがそれよりも遥かにリアルだ。コロナが世界中に広まった今となってはより現実的な対処法がここには詰まっていると言っていい。
壮絶な医療現場の現実に本当に頭が下がる思いがした。
カナダ発の素晴らしいドラマだった。

「緊急衛生研究所」所長アンヌ=マリーという架空の女性が主人公なのだが、彼女の堂々としたリーダーシップ、専門家としてのプロ意識、私的感情の抑制力、原因究明への執念は半端ない。
日本の機関で言えば「厚生労働省・国立感染症研究所」なのだと思うし、本来ここが感染対策について陣頭指揮をとるべきで感染症の専門家が集まった場所であるはずだ。ここの元職員が着飾ってワイドショーに出てくる程度で、公式な記者会見は愚か全く表に出てこない。天下り役人と事務方と研究者だけで構成した閉鎖的で独善的な機関だとつくづく思う。せめて海外ドラマを観て見習ってほしい。

このドラマが現在の状況に酷似していると思った点を羅列してみた。

・第一号感染者の特定と発生原因の究明は極めて困難
・最初の感染者や家族への差別
・製品を疑われた業者や地域への風評被害
・病院の備品庫からマスクをくすねる看護師の存在
・マスクを転売し大儲けしようとする闇業者が横行する
・咳をするな!と集団のなかで喧嘩する大人同士
・大臣の広報担当による事実の隠蔽と問題のすり替え
・「199と200では10倍違う」と例え、パニックを抑制する戦略という口実をつかって感染者数を誤魔化すよう現場に圧力がかかる
・権力と金を持つものが検査も治療も優先される
・まことしやかにデマを流す市民やネットユーザー
・自粛期間中に密集会場でパーティーをする若者たち
・一生に一度のチャンスでも命は一つだと諦めることの重要性
・外出禁止命令を無視する濃厚接触者
・医療従事者の激務と病床の確保問題と医療崩壊
・医療従事者も超人や聖人などではなくプライベートもある普通の人間
・渡航禁止、行動制限、イベント中止などの自粛ムードが暫く続く
・終息宣言を急ぎ経済活動を優先させたがる政治家と財界
・移動する人たちによって田舎で感染者が増える
・都市部から来たものへの差別感情が具現化する
・ソーシャルディスタンスと間接的感染防止のための消毒の徹底
・手洗いうがいなど感染予防の徹底
・治癒した者の職場への復帰の困難さと偏見
・マスメディアによって人々への過度の恐怖心が煽られている現実
・検査薬や治療薬のニセモノがネット上に出回る
・肉親を亡くし葬儀もできなかった遺族の大きな悲しみ
・ホームワークやネット会議が行われる
・食料品や医療物資の逼迫
・善人と善人でない人たちが完全に二分される
・学校閉鎖となり子供を持つ医療従事者に勤務困難が出て看護師の離職が進む
・医療従事者家庭の核家族化が加速する
・感染者隔離の必要性と院内感染防止への万全の体制

などなど、振り返ってみてきりがないほどだ。
最後に僕自身の備忘録としてドラマの見どころの「あらすじ」を載せておく。
 
--------------------------
【ドラマの見どころ】
新型コロナ(CoVa)の感染が広がり重症患者が増え全ての承認薬の効果が出ない状況下、臨床試験前の抗ウィルス薬を投与するしか治療方法が見つからない。
緊急衛生研究所の所長アンヌ=マリーは医者である夫のマルクの浮気に感づいていたが、その相手が同僚の女医クロエだったことを偶然知る。クロエは次々に運び込まれてくる感染症状患者の初期治療にあたり院内感染し重症化してしまう。
アンヌ=マリーの元同僚であるシルビィはマルクの元恋人だった。アンヌ=マリーにマルクを奪われた彼女はその後独身を貫きアメリカの製薬会社の研究博士として抗ウイルス薬【GS-49】で一定の成果をあげている。臨床試験には至っていない試薬の段階で承認まで最低でも1年以上はかかる現状にある。
アンヌ=マリーはシルビィを訪ね瀕死のクロエにその試薬を投与しようと画策する。
---------------------------------

シルビィの愛するマルクを奪ったアンヌ=マリーがシルビィの開発した試薬でマルクの浮気相手のクロエの命を救うという皮肉な人間ドラマも楽しめる。
 
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示