この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アウトサイダー (集英社文庫) 文庫 – 1988/2

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,369
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アウトサイダー=社会秩序の内にあることを自らの意思で拒否する者。ヘミングウェイ、サルトル、ドストエフスキー、ゴッホらを通してアウトサイダーを語り、全世界にセンセーションを起こした名著。

内容(「BOOK」データベースより)

アウトサイダー=社会秩序の中にあることをみずからの意志で拒否している者。こういった人たちは、インサイダー=既成秩序の内側にとどまる人びと、にとってはやっかい者でしかない。しかし、コリン・ウィルソンは、ヘミングウェイ、サルトル、ドストエフスキー、ゴッホ他にあらゆる例をとりアウトサイダーを語りつくして、知的スリラーにまとめあげた。著者が25歳のときに全世界に発表され、一時代の青春の血を沸かせた名著である。


登録情報

  • 文庫: 519ページ
  • 出版社: 集英社 (1988/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087601404
  • ISBN-13: 978-4087601404
  • 発売日: 1988/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,972位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
著者コリン・ウィルソンは冒頭で、ある小説を引用してアウトサイダーの特徴を描写していく。
「あまりに深く、あまりに多くを見とおす」人間であるアウトサイダーにとっては、現実の社会における人々の尊厳も、哲学も、宗教も、すべてが、野蛮で、無統制で、不合理なものに艶だしを塗って、なんとか文明的、合理的なものに見せかけようとする欺瞞の試みにしか見えない。そしてこう述べる。「(自分には)才能もなく、達成すべき使命もなく、これと言って伝えるべき感情もない。わたしは何も所有せず、何者にも値しない。が、それでもなお、なんらかの償いをわたしは欲する。」アウトサイダーとは、世人や文明規範の価値を受け入れることができず、それらを蔑視し、世界も自己も無意味なのだとみなすと同時に、それでもなお何か代わりとなる究極の真理、あるいは体験、あるいは目的を欲している者なのである。
著者はこの本を通じて極めて多彩な人々や作品を引用していく。
サルトル、カミュ、ヘミングウェイ、ヘッセ、T・E・ロレンス、ゴッホ、ニジンスキー、カフカ、T・S・エリオット、ニーチェ、ドストエフスキー、ブレイク、キルケゴール、ラーマクリシュナ、グルジェフ、T・E・ヒューム、バーナード・ショー、等々。これらの中から「アウトサイダー」という共通項を浮かび上がらせ、考察していくその手腕は非常に鮮やかであり、知的興奮を感じさ
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
われわれなぜ落ち込むのか?すばらしい人生を送るにはどうするのか?そんな大切なことを考え抜いた本です。著者は,この問題は凡人を観察するより偉大な人物でありながらメゲテしまった人たちを観察することで,問題の所在をはっきりさせることにしました。特別な例から原因を探って一般化する方法です。また,その観察は主に書かれたものから探っています。非常に単純化した言い方で恐縮ですが,西洋人は宗教をとりのぞくと人生の意味について,これほどの思索が必要なのだと感動します。日本人は(あなたは含まれないかも知れませんが)文字や言葉にならないところで,こういった問題をある程度処理しているように思います。その意味で,この本は古今東西,誰もおこわなかった精神活動によって,人間の本質に迫った希有の記録と言えると思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
コリン・ウィルソンは「日常生活への倦怠」からいかに脱却していくかというテーマを追求したが、その処女作が本書だ。日常生活への倦怠に気づいてしまった人たち(アウトサイダー)の問題、これを偉大な文学を題材に筋を展開していく本書はとても刺激的で、最近2度目で通読した。カミュやサルトル、ドストエフスキー、ニーチェなどの文学に既に素養のある人には確かに「知的スリラー」であろうし、逆にこうしたアウトサイダーの問題に関心のある人には、文学書へのよきガイドブックとなってくれるだろう。
あわせて『至高体験 自己実現のための心理学』もオススメ。本書が文学論を基礎にしているのに対して、『至高体験』はマズローを中心に健康人の心理学を興味深く論じている。これはフロイトの心理学が病理の心理学であったことと対極をなしている。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を初めて手にしたのは、まだ自分が十代のころである。冒頭のバルビュスの引用から一気に引き込まれて読了した。この本のおかげでその後の読書体験のレールが敷かれたし、日常生活のなかで進むべき方向を見失いかけた時に沢山のヒントをくれた本でもある。他の方も書かれているが、やはり若い人に読んでほしいと思う。ここに書かれているアウトサイダーの問題は現在でも全く解決されていないばかりか、むしろ今のような時代だからこそ読んで頂きたいと思うのです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
処女作が、最高傑作であることは多い。その最高例です。いまでこそオカルトまがいの本が多数ある著者ですが、60年代は話題になった本です。僕の大好きな評論家中島梓さんが、デヴュー作『文学の輪郭』を描いた時に同じ方法論をもちいたとあって、つられた読んだ本です。いい出会いでした。何度読み返したかわからないです。「知的スリラー」として貪るように読んだ覚えがあります。ただし、哲学・文学・思想などなどの基礎用語に慣れていないと、ちょっと難しいかもしれませんが、意味がわかり始めるともうとまりません。
この本のテーマは、「日常からの脱却」です。日常とは、宮台真司さんが作った造語「終わりなき日常」と同義です。存在論が究極のまで突き詰められない日本などでは、近代人が必ず通る苦悩をそこまで強く感じないかもしれません。とはいえ、近代資本主義社会で生きる限り、世界を無価値で生きる意味がないと感じてしまい自己の牢獄にとらわれていまうヴァステイションの体験は、もう貴族だけではなく僕ら普通の人々の共通の考えだと思います。この「道」の思想は、どちらかというとヨーロッパよりもアジアで受け入れやすいからかもしれませんね。著者もアウトサイダーの成功者の例としてラーマクリシュナをあげていますし。またあれほどブレイクしたのに、その後この作品は欧米では黙殺されましたし。ちなみに、この作品は、『至高体験』と対を成す作品です
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー