通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アウトサイダー・アート (光文社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アウトサイダー・アート (光文社新書) 新書 – 2003/9/17

5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 102

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アウトサイダー・アート (光文社新書)
  • +
  • アウトサイダー・アート入門 (幻冬舎新書)
  • +
  • アール・ブリュット アート 日本
総額: ¥4,017
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「アウトサイダー・アート」とは、精神病患者や幻視家など、正規の美術教育を受けていない独学自修の作り手たちによる作品を指す。20世紀初頭にヨーロッパの精神科医たちによって「発見」されたこの芸術は、パウル・クレー、マックス・エルンスト等の前衛芸術家たちにも多大な影響を与えた。戦後には、フランスの画家ジャン・デュビュッフェがヨーロッパ各地から作品を収集し、それを「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼んで賞賛したことから「価値」が高まった。近年、日本でもそれらの作品への関心が急速に高まりつつある中、モダン・アートが置き忘れてきた「もうひとつのアート」の魅力に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

「アウトサイダー・アート」とは、精神病患者や幻視家など、正規の美術教育を受けていない独学自修の作り手たちによる作品を指す。20世紀初頭にヨーロッパの精神科医たちによって「発見」されたこの芸術は、パウル・クレー、マックス・エルンスト等の前衛芸術家たちにも多大な影響を与えた。戦後には、フランスの画家ジャン・デュビュッフェがヨーロッパ各地から作品を収集し、それを「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼んで賞賛したことから「価値」が高まった。近年、日本でもそれらの作品への関心が急速に高まりつつある中、モダン・アートが置き忘れてきた「もうひとつのアート」の魅力に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 237ページ
  • 出版社: 光文社 (2003/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334032141
  • ISBN-13: 978-4334032142
  • 発売日: 2003/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,415位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
障がい者による芸術のためのミュージアムを国が構想しているという。そのこと自体は悪いことではないし反対する人も少ないだろう。そのためのキーワードになっているのが「アール・ブリュット」というフランス語。本書で述べられているように、仏画家ジャン・デュビュッフェが使い始めたもので、「生(なま)の芸術」と訳されることもある。ただし、彼がこの語を使い始めたとき、それは障がい者による芸術制作の一部を含んではいても、それに限定されるものではなかった。また福祉や教育を目的とするものでもない。じっさいデュビュッフェの「アール・ブリュット」コレクションには宗教家による作品なども含まれている。作者の属性(障がい者であるとか宗教家であるとかいった)と無関係ではないにせよ、その属性を十分条件とするものではないのだ。それはむしろ、既存の芸術的教養・訓練の外で生まれた或る種の質を指していた。その概念をより普遍化したものが、本書のタイトルともなっている「アウトサイダー・アート」だと考えられる。その作品の質とは、まちがいなく独自のものなのだが、「独自性(オリジナリティ)」という言葉を使うより、前にも後にも継承関係をもたないような「単独性」という言葉がふさわしいもので、そのオーラを強烈に放っているという(ちなみにオリジナリティーならば、継承されることも多いだろう)。しかもそれは当人にとって表現せずにはいられないものだっ...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lemonerika 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/11/9
形式: 新書
アウトサイダーアートって何という説明が少々、それが、どのような人たちの、どんな尽力で確立していったか?という歴史・人物の紹介、そして作品紹介からなります。歴史・人物の紹介が、半分ぐらいを占めてます。カラーの口絵も少々あり、絵画やオブジェそのものも、ある程度鑑賞できるようになってます。白黒のものもあり、「カラーでみたい!」ものも、かなり、ありました。美術館に来いということでしょうか?
筆者が、美術館員さんのためか、初心者にも、やさしく丁寧に説明してくれる本でした。専門用語もなく、読みやすい本でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 新書版という小さな版面に限らず、口絵を初めとする収録された図版の数々に圧倒されることがあった。
 まず、「アウトサイダー・アート」という耳慣れない語の定義について、この本から引用させてもらうと、「「アウトサイダー・アート」とは、精神病患者や幻視家など、正規の美術教育を受けていない独学独習の作り手たちによる作品を指す。」
 とのこと。
 既存のメソッドや方法論に頓着せず、作り手にしか理解できないモチベーションと手法で制作された、この本で紹介されている作品の多くは偏執的な細密さを有する。なによりも、その偏執的な拘りの部分に、圧倒される。
 ただ、制作者自身にも「作品」とは認識されていない「作品」が、「作品」として世間一般に認識されるためには、その創作物をさして「これは立派な「作品」である」と太鼓判を押す鑑賞者の存在が必要となる。
 例えば、個人的には「二笑亭」の紹介者として認識していた式場隆三郎が、「日本のゴッホ」として山下清の存在を強く世間にアピールした経緯については、日本でのアウトサーダー・アート認知の先駆として本書の中でもかなり詳細に説明されている。また、精神や知能的な障害を持つアウトサーダー・アートの制作者については、群然に鑑賞眼のある人物の眼に止まり、その価値が認められるまでは、家族や施設の職員の手によってゴミとして廃棄され
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
既成のシステムからの逸脱をアウトサイダーというのならば、アートの世界にもアウトサイダーがいる。彼らの芸術は、本来アートが持つべき自由と奔放さに彩られ、それに触れるものにトキメキを与える。

アウトサイダー・アート。

アートの枠組みにとらわれないアートという不可思議な概念。本書は、そんなアウトサイダー・アートをとおしてアートの本質を解き明かしてくれる。

そもそも、アウトサイダー・アートは病理的な印象がつきまとってしまうのだが、本書では、正当な美術教育を受けていないなど、美術と無縁な人たちが作った作品全般をさしている。精神病であったり知的な障害があるということはあくまで結果論であって、アウトサイダー・アートの必要条件ではないとする。

本書では、アウトサイダー・アートの芸術性がどのように認知されてきたかをひも解いていく。ブリンツホルンに発見され、ドイツ表現主義の画家やシュルレアリストによる評価、そしてデュビュッフェのアール・ブリュットへ。日本では山下清をプロモーションした式場隆三郎をとりあげる。

ここで著者は、戦後の日本においてはアウトサイダー・アートは、常に知的障害者の教育とともに存在したということに注目している。「重い十字架を背負う」という表現で、芸術は善行が目的ではないと主張
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー