Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥300

(税込)

ポイント :
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[石井 宏幸]のアウスリーベ: 音楽を巡る全盲の作家が綴る本格小説

アウスリーベ: 音楽を巡る全盲の作家が綴る本格小説 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/3/4
¥300

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

全盲の作家 石井宏幸著  『アウスリーベ』
クラシック音楽を愛聴する綾香とフルート奏者の竜一が「音楽の本質」を巡って繰り広げる物語。全盲の作家が贈る本格長編小説。
あらすじ
大手コンサルティング会社に勤務する全盲の桜井綾香は、偶然と必然の狭間で、水戸にあるオーケストラに所属するフルーティストの須藤竜一と出会う。
クラシック音楽を愛聴する綾香と、日本を代表するフルーティストの竜一と音楽を通じて、互いの心のバリアが溶けていく模様を描く。
綾香は失明という人生の奈落の底から這い上がり、就労、生活、音楽、スポーツを通じて、家族、友人、そして音楽家である竜一との交流を深める。
竜一は、世界的に有名な水戸で活動するオーケストラでフルートを担当している。また、ソリストとしても活動し、日本を代表するフルーティストである。華やかな舞台の裏に潜む竜一の抱えている陰とは・・・。
「アウスリーベ」とは
ドイツ語の『アウスリーベ』とは、「愛より」という意。ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲『マタイ受難曲』の第49曲でソプラノがイエスへの愛を表した箇所の引用による。
緻密な取材と、筆者が経験した中で培った様々な出来事を主軸に物語りが展開する。
この小説では筆者が様々な経験をした中で感じたことが自叙伝的な要素を孕みながら描かれている。
この作品を通じて、視覚障害者において問題が多い就労や生活などを描き、「障害者理解」へ繋がる一助になればと筆者は語る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5083 KB
  • 推定ページ数: 378 ページ
  • 出版社: くるみ出版 (2016/3/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01CLLP8TI
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 179,659位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover