アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,845
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: S&Aショップ
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: ★Seikou_Store★
カートに入れる
¥ 2,477
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [Blu-ray]

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 1,845 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,231 (64%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、安心と安定のシム本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,600より 中古品の出品:4¥ 545より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョシュ・ハートネット, 木村拓哉, イ・ビョンホン
  • 監督: トラン・アン・ユン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2010/01/13
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002SA4YES
  • EAN: 4988064269457
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 103,533位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

『HERO』『武士の一分』木村拓哉×『ブラック・ダリア』『パール・ハーバー』ジョシュ・ハートネット×『G.Iジョー』『グッド・バッド・ウィアード』イ・ビョンホン
日・米・韓3大スター共艶(きょうえん)のサスペンス・アクション大作!!

過去にトラウマを抱える元刑事-
全てを癒す謎の日本人-
愛と暴力に狂うマフィア-
それぞれの痛みを抱えた男たちが、激しく、そして美しく傷つけあう。
彼らがその果てにみたものとは—。



STORY
ある男が、失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけだった。
彼の名はシタオ(木村拓哉)。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという、不思議な力を持つ。彼の父の依頼により、元刑事の探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)は、シタオ捜索の旅に出る。
また、香港マフィアのボス、ス・ドンポ(イ・ビョンホン)もシタオを探しているということであった。
香港マフィアと警察の抗争、壮絶な逃走劇に巻き込まれながら捜索を続けるクラインは、遂にシタオとの対面を果たす。
しかし、そのとき彼の目に映ったシタオの姿とはー。
そして物語は、誰もが想像しえない、衝撃のラストへと加速していく。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホンの日米韓2枚目スターが共演したサスペンス。不思議な力を持つ男が失踪。探偵とマフィアのボスが、L.A.、フィリピン、香港を舞台に追跡を行う。監督は『夏至』のトラン・アン・ユン。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
木村拓哉さんはドラマや映画でお芝居をしても「木村拓哉がSMAP・木村拓哉を演じてる」とか「演技が下手」と言われてます。
そう思っている方がいたら、この映画を観てください。全く新しい俳優・木村拓哉さんを観ることができます。
キリストの受難を描いた映画で、内容は少し難しいですが是非観てください。
木村拓哉さん以外にも、ジョシュ・ハートネットさんやイ・ビョンホンさんも魅力的ですよ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジャケ裏に3大国際スター競演によるサスペンスアクション大作!とあるが、監督がトランなので、勿論このコピーにようなサスペンスもなかればアクションもない非常に作家性の強い作品になっている。
しかも最初から最後まで主人公達が血まみれにさせられて、見ていると目をそむけたくなる生生しいスプラッター描写が満載で、とてもイケメンスターが出ているから見てみたというライト層が付いてこれるような世界観ではない。
最後の人体解体アートも不気味さでは突出した印象を与える。
現代のキリスト受難をテーマにまあやりたいことは分からないでもないが、見ている間とにかく痛々しい表現が満載で不快である。
観客も見ている間ずっと苦痛を味わされる。そういうのが好きな人にはお勧めだが、普通に見てとくに面白いと言える展開はなく、軽い気持ちで3大スター共演の痛快なサスペンスアクションだと思って見ると酷い目にあうのは確実である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
安易に非難の声を挙げる者はいるようだが、そういう人は俳優の名前や下半身の欲求だけで映画を観るのだろう。
理解できないからといってつまらん、最低と言ってしまうのは痴性の露呈に等しい。

芸術性が高く、理解力や知性が問われる。器がでかくないと許容しきれない内容だ。
事前に欧州の映画(特に中欧、北欧)の知識を得ていたり、フランス映画に慣れていたりなどの経験も助けになる。
ヤン・シュヴァンクマイエルの映画が正視できるくらいの神経も要るかもしれない。

人を癒し労るということは全くその身を喰わせる様な目に遭うということでもあるし、
人を愛し抜くということは全くその身を喰らう様に執着するということでもあるし、
人を探し求めるということは全くその一部始終を見届け、引導を渡す役目を負うということでもある。

あらゆる情念は狂気と成りうるし、その狂気の連鎖は地獄絵図を描き、人はそこから脱しようともがく。
その有り様を余すところ無く表現し尽くした、と言えば言い得る映画とも言えるだろう。

木村拓哉、イ・ビョンホン仕様のスペシャルだけが発売されているのは、観る者への親切心から。
この物語はジョシュ・ハートネットの視点から見ていくのが一番救われやすく、正しい
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
つまらん。とにかくつまらん。
監督はなにを描き、なにを伝えたかったのか分からない。
見る価値はありませんね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック