この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アイランド(UMD Video)

5つ星のうち 3.8 108件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • この商品は“UMD Video”対応ソフトです。“UMD Video”ソフトは、携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」で楽しむことができます。DVDではありませんのでご注意ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユアン・マクレガー, スカーレット・ヨハンソン, ジャイモン・フンスー, ショーン・ビーン, スティーブ・ブシェミ
  • 監督: マイケル・ベイ
  • 形式: Color
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2006/07/21
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 108件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GDIB52
  • JAN: 4988135577528
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 45,806位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   2019年。一部の裕福な人々は、自分のクローンを作り、重病になると彼らから内臓を移植してもらえる…。近未来に起こりそうなクローン問題を扱った一作。自分がクローンであると気づいた主人公リンカーンが、隔離された居住空間からの脱出を図る。ハリウッド製のオリジナルストーリーとしては、屈指の面白さになっている。
   まず目を引くのが、クローンたちの日常だ。多くの機能を備えながらも、無機質なデザインの居住空間。運動や食事など徹底的に管理されたシステムに加え、クローンの生成や、記憶を植えつける手術などではリアルなビジュアルが不気味さを増幅させる。たくみに映像化されたSF的世界が、リンカーンの逃亡を契機に、一気に手に汗握るアクション活劇になるのは、マイケル・ベイ監督らしい手腕だ。空飛ぶバイクなど、未来アイテムも見どころ。リンカーンが自分を発注した本人と出会うシーンでは、演じるユアン・マクレガーの1人2役の熱演に引き込まれる。全編に見どころが詰まりながらも、一本調子ではなく、演出や映像にメリハリがあり、ストレートに楽しめるSFアクション映画。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『パール・ハーバー』のマイケル・ベイが監督・製作、ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン主演によるSFアクションのUMD版が再登場。“ワーナー・ホーム・ビデオ UMD 980円”キャンペーン。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 弁慶 投稿日 2006/7/11
形式: DVD
この映画のタイトルである「アイランド」は、アメリカにあるシーアイランドという地名から取られているのではないかと思われます。この土地は現在では保養地として知られています。しかし、南北戦争の時代にシーアイランドは連邦軍に占領され白人は逃げたのですが、黒人達はこの島に残り、自給自足の生活をしたと言われています。そんな中、連邦軍の将校達は彼等の元に行き、奴隷解放宣言を読み上げ、彼等が自由である事を教えたといいます。主人公の名がリンカーンであるように、この映画の題材となっているのは「奴隷解放宣言」です。映画の中でクローン人間は人として扱われていませんが、奴隷達も人としての自由を奪われていました。クローン技術の濫用に警鐘をならし、歴史上の過ちを繰り返さないようにと、この映画は訴えています。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画館で観ました。ユアンマクレガー、スカーレットヨハンソン、ショーンビーン、近未来、クローン・・などとても面白くなりそうな話なのに、「うん、なかなか面白かったv観た観た、満足。」という程度で、DVDが欲しいとまでは思いませんでした。映画館で観た時、飽きる事はなく観られましたが、アクションシーンなども大がかりすぎで「あー、むしろ話を進めてくれないかな」と少々退屈に思いました。ストーリーは漫画も小説も全然読まない人には斬新に見えるかも?逆に良く読む人にとっては斬新!と受け止められる事はないかと思います。それでもアクションシーンの時間を省いて悪役やクローン、クローンの受注者などに焦点をあててキャラクターを掘り下げたり、ストーリーを作り込めばもっと面白くなったのではないでしょうか。高級素材を使ってわりと普通の料理を作ったようなかんじで「凄く面白くなりそうなのに、面白い!どまり」なので☆3つ半。

普通に面白いので、大がかりなアクション(武道系のアクションではなく、人が落ちる、建物が壊れるなどの方のアクションシーン)が好き、or主演役者誰かの大ファン!であれば、どこかに注目して結構楽しめるかと思います(←☆4つ相当くらい?)。役者さん達はキレイに撮ってもらえていると思います。ユアンマクレガーはどこか可愛らしく、スカーレットヨハンソンはファムファタール的な色気があり、ショーンビーンは格好良かったです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
今年は2015年・・・4年後にまだこうはならないでしょうけど、
地球環境がどんどん破壊されていることは事実。
クローンとか、再生医療とか、研究が進んでいるのは事実。
そして、アメリカなど、ビジネスのためなら、倫理ギリギリのことも
やってのける人たちがいるのも事実。
それから、お金のある人たちが、たとえばトサツ、とか、駆除、とか、
ダーティーだけどなければ成り立たない世界を、見ないで暮らしているという状況も、事実。

こんな映画に描かれているような、引き裂かれた世界にならないことを祈ります。
クローンが集団で部屋に入れられるところや、手術台に乗せられるところなど、
ホロコーストを連想させられます。
あの、解放されたクローンたちはこれからどうするのか。
住む場所と食べ物や生活は・・・
また、もてあまされて、人間と戦いになるのかしら・・・
中東の状況が繰り返されるのかしら・・・
・・・いくらでも、うんざりするような想像が膨らみます・・・

解決策は、今生存している者が譲り合って仲良く生きるしかないのでしょうが、
この、幼稚園でも教わることが、人類はなかなか 実践できていない、ということなんだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 2019年、“汚染後”の地球で人々は地上との接触を断ち、気密型建造物の中で徹底した健康管理のもとに暮らしている。唯一の楽しみは汚染されていない“島”へ移住できるクジに当たること。主人公のリンカーン6エコーもその日を夢見て暮らしていたが、自分の境遇になにか不自然なものを感じ始める。果たして本当に地球は汚染されているのか…。
 病気や事故といった万一の臓器移植に備えて自分のクローンを育成しておく工場が存在する。この発想自体は新しいものではありません。作家Michael M. Smithは今から十年以上も前に「Spares」というSF小説の中で、この映画「アイランド」以上にダークな臓器工場のお話をフィルム・ノワール的な刑事物語として描いてみせました。
 この映画「アイランド」では、さすがハリウッドと思わせるだけの豪華な映像美に出会えます。「アルマゲドン」でも多用された、ローアングルからのあおりショットをスロー加工して繋げていく手法は、監督マイケル・ベイがCM業界で培ったもので、登場人物たちを優美かつ誇大に見せる上で効果的です。
 しかしこの映画は、主人公であるクローンに肩入れするあまり、そのオリジナルである依頼主の命を過度に矮小化して描いてしまっています。依頼主であるサラは瀕死の重傷を負って、自分のクローンであるジョーダン2デルタの臓器摘出を待ちわびている
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す