この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイム・ミニマリスト ムック – 2015/11/27

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 2,727 ¥ 2,298
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「タイニーハウス」「モバイルハウス」を利用した小さな暮らしはアメリカ発の潮流です。
それに触発され、日本でも実践を始める人たちが出てきました。そうした人たちを実際に家に訪ね取材してまとめたのが本書です。

住まいを小さくすることで得られるものとは何でしょうか?
・建造コストが安い。
・物理的スペースが限られるので必要な物を吟味することで物が減らせる。
・光熱費など生活コストが下がる。
・掃除や修繕の手間が減る。
・建物によっては建物ごと簡単に移動できる。

食費と並んで生活費のなかで大きな割合を占める住宅費を抑えることで、金銭的負担を減らすことができれば仕事のやり方や時間の使い方に自由度が広がります。物質的な豊かさを追求することから少し距離を置いて、暮らしを小さく再編集することで、何が見いだせるのか、実践を始めた人たちにそれぞれの価値観を伺いました。

取材執筆はYADOKARI。
「未来住まい方会議」というWEBサイトを運営、ミニマルライフについて発信している小さな会社です。
共同代表のさわだいっせいとウエスギセイタのふたりは以前IT業界の最先端を突っ走っていたようです。ところが東日本震災を機に生活のあり方や社会のあり方に疑問を感じて、「未来住まい方会議」を通しての発信をスタートさせました。

「ミニマリスト」という響きからはストイックさを感じるものの、実践者たちの言葉からはシンプルに住まいを小さくすることの楽しさが伝わってきます。

内容(「BOOK」データベースより)

日本でも始まっている小さな住みかた。都市との距離、住まいのありかたを見直し、実行した先駆者たちの言葉。


登録情報

  • ムック: 192ページ
  • 出版社: 三栄書房 (2015/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477962732X
  • ISBN-13: 978-4779627323
  • 発売日: 2015/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 61,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
日本でスモールハウス・小屋文化を推し進めるYADOKARIさんの初の著書。
もともと運営されているWebメディア、未来住まい方会議のファンです。

本の内容は、日本国内で小さな住まい方を実践する人たちを特集した内容。

いわゆる断捨離やシンプルライフ的なお話だけではなく、
事例で登場してくる方々は家族持ちや女性などが中心となっており、暮らしぶりも様々。

家や物などの物質的なお話だけではなく、家族やコミュニティとの繋がり、
心の平安など精神的な豊かさも含め「豊かさの再編集をしよう」というメッセージが伝わってきます。

正直タイトルが流行りの「ミニマリスト」的なフレーズだったので、
あまり期待はしていませんでしたが事例に出てくる方々は、
次の時代の生き方・豊かさのモデルケースになりそうな方々ばかりで、かなり読み応えがありました。

古き良き日本人の「足るを知る」文化・精神を、
今まさに取り戻そうとしているのかもしれないと感じる一冊でした。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
記録的な低金利や増税前の今がチャンス!なんて言葉に踊らされそうになるけど、住宅ローンは重い病気にかかったり、亡くなることでしかチャラにならない長期の借金。その重苦しさに、もっと他の住まいの選択肢はないのだろうかと色々調べてまわるうち、YADOKARIさんのサイトに出会いました。

この本に紹介されている人たちの住まいは、正直これまでの日本の家の常識には当てはまらないものばかり(笑)。でも自分たちの気持ちに正直に、本当に欲しい家やライフスタイルの形を追い求めたら、十人いれば十通りの家や住まい方があって当然。

移動できるトレーラーハウスや伝統工法で建てられた6帖大の家。女性が一人で建てた土に還る家に、そもそも家を持たず、日替わりでカプセルホテルやシェアハウスを渡り歩く上場企業のサラリーマン...。家の形だけ切り取ってみると突き抜けているけれど、それぞれのストーリーを読み進めば、それがいかに彼らに取ってまっとうな選択だったかが見えてきます。

「実験」、「冒険」、「やったもん勝ち」。インタビューされた人たちは自分たちの家や暮らし方をそう表現しています。もし何千万ものローンを抱えていたら、それは実験や冒険ではなく「博打」に替わってしまう。いらない物を捨てるのはある意味簡単なことで、見栄や常識といった、いつの間にか心の中で肥大化し
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
いろんなミニマムライフ本があるなかで、断捨離やもたない生活などと一線をかくす、「小さくても豊かな暮らし」の実践紹介本。
トレーラーハウスに住む家族や、自分で好きな家をつくっちゃった女性、ハウスシック症候群からの解放を求めて小屋を立てた建築家など、それぞれのきっかけや、どんな風に今の住まいを作り上げたのかなど、実践者の生の声が伝わって来る。
新しい住まい方を発信しつづけるYADOKARIが生まれた経緯、これまでやってきた小屋や小商い、今思うことなども詳細に記されている。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
まさかYADOKARIさんから本が出るなんて思いもよりませんでした。まずはWEBサイトの「未来すまい方会議」をご覧になりピンときてからポチッとしてください。(注)最近流行りのミニマリスト本ではありません。
私自信、独身の頃にYADOKARIさんと出会い、社会人にな妻とり結婚しました。そして同時に家も買いました。夫婦二人の実家は持ち家で古くからあるため家も大きく無駄なものもたくさんありました。ちなみに私の母の口癖は「(私が物を捨てようとすると)もったいない、置いとき」です。そんな無駄なばかりで無駄に広い無駄尽くしの実家が嫌でした。だから自分の家はそれ相応の大きさがいいと常々思ってました。夫婦の仕事の都合から持ち家以外の選択肢が出てこず、土地を買い家を買いました。ただ、未来すまい方会議で学んだこと感じたことを生かして間取り等々を考えて我が家が完成しました。土地に対してコンパクトな家です。共用部分を主体にしました。
なかなか本書に掲載されてるような住まい方は難しいでしょうが、現代社会が忘れている本当の豊かさが掲載されているように思います。
今周囲を見て不要なものに囲まれている方、ミニマリズムに興味のある方、これから家を買おうとお考えの方、一読されてはいかがでしょうか。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー