Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[YADOKARI]のアイムミニマリスト
Kindle App Ad

アイムミニマリスト Kindle版

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 857

紙の本の長さ: 192ページ

商品の説明

内容紹介

日本でも始まっている小さな住みかた。都市との距離、住まいのありかたを見直し、実行した先駆者たちの言葉。

内容(「BOOK」データベースより)

日本でも始まっている小さな住みかた。都市との距離、住まいのありかたを見直し、実行した先駆者たちの言葉。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 27091 KB
  • 出版社: 三栄書房 (2016/2/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BWLIVTM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,500位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
記録的な低金利や増税前の今がチャンス!なんて言葉に踊らされそうになるけど、住宅ローンは重い病気にかかったり、亡くなることでしかチャラにならない長期の借金。その重苦しさに、もっと他の住まいの選択肢はないのだろうかと色々調べてまわるうち、YADOKARIさんのサイトに出会いました。

この本に紹介されている人たちの住まいは、正直これまでの日本の家の常識には当てはまらないものばかり(笑)。でも自分たちの気持ちに正直に、本当に欲しい家やライフスタイルの形を追い求めたら、十人いれば十通りの家や住まい方があって当然。

移動できるトレーラーハウスや伝統工法で建てられた6帖大の家。女性が一人で建てた土に還る家に、そもそも家を持たず、日替わりでカプセルホテルやシェアハウスを渡り歩く上場企業のサラリーマン...。家の形だけ切り取ってみると突き抜けているけれど、それぞれのストーリーを読み進めば、それがいかに彼らに取ってまっとうな選択だったかが見えてきます。

「実験」、「冒険」、「やったもん勝ち」。インタビューされた人たちは自分たちの家や暮らし方をそう表現しています。もし何千万ものローンを抱えていたら、それは実験や冒険ではなく「博打」に替わってしまう。いらない物を捨てるのはある意味簡単なことで、見栄や常識といった、いつの間にか心の中で肥大化し
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
日本でスモールハウス・小屋文化を推し進めるYADOKARIさんの初の著書。
もともと運営されているWebメディア、未来住まい方会議のファンです。

本の内容は、日本国内で小さな住まい方を実践する人たちを特集した内容。

いわゆる断捨離やシンプルライフ的なお話だけではなく、
事例で登場してくる方々は家族持ちや女性などが中心となっており、暮らしぶりも様々。

家や物などの物質的なお話だけではなく、家族やコミュニティとの繋がり、
心の平安など精神的な豊かさも含め「豊かさの再編集をしよう」というメッセージが伝わってきます。

正直タイトルが流行りの「ミニマリスト」的なフレーズだったので、
あまり期待はしていませんでしたが事例に出てくる方々は、
次の時代の生き方・豊かさのモデルケースになりそうな方々ばかりで、かなり読み応えがありました。

古き良き日本人の「足るを知る」文化・精神を、
今まさに取り戻そうとしているのかもしれないと感じる一冊でした。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
ミニマリスト的な部分もありますが、とにかく減らす!減らすのが良い!減らすことに価値がある!、とはなっていないのが、家をつくる事を中心に据えたこの本らしい所でしょうか。そもそもタイトルは少し違う感じもしますし。
登場する方々が、今もどこかでこんな生活をおくってるんだと、その事自体に感動します。いやー、ここまでやっちゃっても生活してけるんだ、日本は広い!。
もっと自由な時間と、自由なお金が欲しい。そんな「欲を満たす」には、「自分に必要のない欲を手離す」事が必要な様です。小さな住みかを手に入れることが、それを手にいれるひとつの選択でもあるのかなと思います。小さな住みかで浮くお金を、何かに消費する、その分仕事を減らして時間に変換する…選択は自由ですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
安全で快適で家族が楽しく暮らせる生活を求めていたはずが、いつの間にか生涯を縛る住宅費にがんじがらめとなりライフスタイルの選択肢を限りなく狭めていることに気付いた人々が従来の常識とは異なる生き方を模索する様子が綴られています。
戦後から続くこれまでの豊かさの追及には時代に応じて変化はするものの常に一つ理想のモデルを追い求めている感がありましたが、このムーブメントにモデルはありません。人其々の価値観、其々のライフスタイルに一般的なモデルなど無いのが当然ですが。
物を持たない、小さな家に住む、というのはあくまでも選択肢の一つであり、何のために追い求めているのかも定かでなりつつある理想との決別と自分が最も望む生活を探す人々および小さな家を手段にそのムーブメントを支えるYADOKARIの活動が記載されています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover