この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイヌ・暮らしの民具 単行本 – 2005/7

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 10,238
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

遥か遠い昔のこと、二風谷を流れる沙流川の畔にひとりの神が降臨し、道具の作り方や、その道具を使っての漁や狩り、さらには耕作の仕方などという、アイヌに生活や文化を教えてくれました。オキクルミカムイ…北の大地で生まれた暮らしの民具は、このひとりの神から授けられ、伝えられてきた、アイヌ民族の生きた証なのです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

萱野/茂
1926年北海道沙流郡平取町二風谷に生まれ、アイヌ語を母語として育ち、著書や絵本など多数。’75年菊池寛賞、’89年吉川英治文化賞、’93年北海道文化賞などを受賞。’01年総合研究大学院大学博士(学術)号取得。平取アイヌ文化保存会会長、萱野茂二風谷アイヌ資料館館長を務め、アイヌ文化の伝承と研究に尽力

清水/武男
1943年北海道小樽市生まれ。札幌市在住。北海道の自然を海と空から撮り続ける。’90年ペルーのナスカを皮切りに、テーマを地球に広げ海外の空撮を行う。国内飛行時間は、通算4500時間以上。2004年4月、札幌の自然があふれる藻岩の山麓に、藻岩下自然写真図書館イコロをオープンさせる。日本写真家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: クレオ (2005/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877361103
  • ISBN-13: 978-4877361105
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 713,506位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
二往復の通勤電車内で読了。自分の日常とはあまりに違う世界のせいか、降車する時は頭がクラクラしていた。こんな読み方でよかったのか、と未だに後悔している。

とにかく写真が素晴らしい。すべての民具が北海道の自然と見事に調和して光り輝いているかのよう。写真家の清水氏はアイヌ精神文化の持つ自然(神)への思い(憧憬、、どんな言葉を重ねてもこぼれ落ちてしまう)を感覚的に理解されているからだと思う。自然をバックにしているため木葉や枝の影が民具にかかっている写真もある。しかし、そんなのは些末なことなんだろう。スタジオで撮影したらここまで心を揺さぶられることは絶対なかっただろうし、編集者もこの写真を前に深く感動していたんじゃないかと思う。

いつかはこれら民具が展示されている資料館に足を運んでみたいと思っている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/21
形式: 単行本
写真がすごくステキ。
アイヌの様々な民具・家やその向こうに広がる大自然まで
感じさせる本です。
モレウノカという縄模様がそれはそれはステキで、
衣服の刺繍や刀剣のつかの模様になっていたりするのが
すごくステキ。
チェプケリという鮭皮靴には、感動!
鮭の皮で靴を作ったりするのですね。
アイヌ語を母語として育ったと言う著者。
アイヌ料理店『レラ・チセ』とかには行ったことがありましたが、
アイヌの文化に触れる機会はほとんどないので、
とっても貴重なお話がたくさん載っていました。
小さいころ読んだオキクルミの絵本を思い出しました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく写真とコメントがひたすら素晴らしい。日本の多様で美しい精神性を内包した本。こういう本は是非受け継いで行って欲しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
衣食住と祈りに関する民具の写真を紹介している。
日常生活の中に生かしていける形,柄がある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告