通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料完全無料・毎日発送!!】カバーに若干のスレ等はございますが、中身の状態は良好です! 有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで(双書Zero) 単行本 – 2011/1/27

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 306

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで(双書Zero)
  • +
  • アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く
  • +
  • 「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う (青弓社ライブラリー)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

著者からのコメント

私は、社会学者であると同時にアイドル好きでもあります。それも、かなりの。そのため、この本には、その時々で私が熱中したり、要チェックと思ったアイドルについての記憶が顔をのぞかせたりします。旧くは麻丘めぐみやキャンディーズについての、少し前なら、水野あおいやモー娘。(と『ASAYAN』)についての。

もちろん、この本で私は、1970年代の南沙織から、初音ミクやAKB48など現在のアイドルまでを取り上げ、客観的な分析を加えています。けれど、それだけでなく、私個人の体験も書き記しましたから、どっちつかずの視点で書かれているとお感じになる方もいるかもしれません。

しかし私は、その語り口そのものが、70年代以降の多くの日本人に染み付いたスタイルではないかと感じています。本書のキーワードである「二つの視線」、すなわち、アイドルに対する愛着の視線と批評のそれは、一見すると相容れないものです。しかしそれは、私と同時代を生きた日本人なら少なからず身につけているものではないでしょうか。

というのもそれは、テレビを見ることによって身についたものだからです。私自身、『スター誕生!』とか『ザ・ベストテン』といったテレビ史に残る番組だけでなく、世間的にはまだ無名のアイドルが多数出演するような、いつの間にか始まっていつの間にか終わってしまう深夜の番組ですら、飽きることなく見続けてきました。テレビの前で、あるときはアイドルに入れ込み、あるときはツッコミを入れるということを繰り返してきたのです。こうしてアイドルに対する愛着と批評の視線が培われたのだと、今になって思います。

この本でまず目指したのは、テレビを見ていた当時の「現場」に私自身を投げ入れ、そのときの感覚を再現することでした。そこでの高揚感がもつリアルな感触を再現したいと考えたのです。

アイドルとは、その時代ならではの輝きを放つ存在です。1960年生まれの私に近い世代の方には、本書を読んで、その名前とともに当時の空気をリアルに思い出していただければと思います(「○○ちゃんが触れられてないじゃないか」という方、すみません)。

そのリアルさは、じつは世代には関係なく感じ取れるものではないかという気もしています。アイドルとファンの関係は、本質的には意外に変わっていない、というのが書き終えての実感です。そこには時代を超えた日本人の感性というものがあるのかもしれません。

そういうわけで、本書は80年代生まれのアイドルファンにも楽しんでいただけることと思います。世代を超えてひとりでも多くの方にこの本を手にとっていただけることを願っています。

出版社からのコメント

★すべてのアイドルファンのための基本書、遂に登場!

20thシングル「桜の木になろう」発売を目前に控えるAKB48、「エヴァンゲリオン」の綾波レイをも参考にして作られた初音ミク----。

これら現代のアイドル達は、それ以前とどこが同じで、どう違っているのか?

本書を貫く二つのキーワード、「愛着の視線」と「批評の視線」から、その異同が鋭く論じられるのはもちろん、現在のアイドル文化の源流をなす70年代の南沙織から2010年代までのその歴史を、気鋭の社会学者がヴィヴィッドに描き出します。

登場するのは、70年代の中3トリオ(山口百恵、森昌子、桜田順子)や新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)、ピンク・レディーやキャンディーズ...。

松田聖子が一世を風靡した80年代では、「花の82年組」(中森明菜や小泉今日子、松本伊代ら)やオールナイターズ、おニャン子クラブ、森高千里、さらには松本明子などバラドルたち...。

SMAPが大ブレイクした90年代では、モー娘。のほか、『新世紀エヴァンゲリオン』で綾波レイ役を務めた声優アイドル・林原めぐみ、宮沢りえや観月ありさなど「美少女」系アイドル、さらには有賀さつきら女子アナたち...。

そして00年代、ますます洗練されていくSMAP、05年にメジャーデビューを果たしたPerfume、さらには「理想のライブアイドル」にして永遠の「16歳」初音ミクや、「会いに行けるアイドル」AKB48など。

つねに完成することなく〈過程〉にある存在こそ、アイドルたり得るというテーゼをも携えながら、本書は日本のアイドル文化を通観し、そこに底流する〈日本的なるもの〉を浮かび上がらせていきます。

社会学者にしてアイドルファンである著者でなければ達成しえなかった、アイドルの社会学の誕生です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/1/27)
  • ISBN-10: 4480864083
  • ISBN-13: 978-4480864086
  • 発売日: 2011/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 219,716位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 およよ VINE メンバー 投稿日 2011/5/25
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルは「アイドル進化論」であり,帯に「アイドルの社会学」と書かれているので,普通の人は,この本にアイドル文化に関する何らかの統一的な理論や,アイドルと日本社会の相関についての客観的な議論が展開されるのではないかと予想するだろう。ところがこのかなり大部な本を読み進んでいっても一向にそのような気配が感じられない。そして何と「あとがき」に至って「本書は…アイドル文化という混沌たる世界の体験記であり,観察記である」とあって唖然としてしまう。何かシステマチックな学問であるかのような事を仄めかしておいて最後に「混沌でした」と開き直られても困ってしまう。

とは言え,統一的な枠組みで整理しようとした痕跡は認められる。「『愛着』と『批評』の二重の視点」がその代表的なもので,ファンがアイドルを何とも言えず好きだという『愛着』と,アイドルがもっと売れてゆくにはどうしたらよいかと考えてゆくプロデューサー的な『批評』の二つの視点が,アイドルを見守るファンにおいては特徴的だとする。しかし,残念な事にこの枠組みも本書全体を貫く基盤とは成り得ていないように私には思える。

「二重の視点」の枠組みは70年代アイドルの「スター誕生!」などに対しては説得力を持って語られているが,時代が下るにつれて不完全でぶれた論述が増えてくるように感じられる。例えばAKB48においては,「
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モワノンプリュ VINE メンバー 投稿日 2011/5/21
形式: 単行本 Amazonで購入
 著者はあとがきを「進化論」への言及から書き起こし、ウェルズの『タイム・マシン』を経由して、「アイドル(中略)に、いい大人になっても夢中になっている」状況は「進化なのか退化なのか、あるいはその両方なのか」と問いかける。ところがこれは一種のトラップで、その直後で、「しかし大切なのは、二者択一の問いに答えを出すことではない」と問いそのものが廃棄される(p285)。
 こうした宙吊り論法は、ここ数十年の批評的言説の常套だが、しかしこの論法の成否を決めるのは最初にどのような二者択一を提示できるか、だと私は思う。著者は明らかにdegenerationをめぐる議論を踏まえているのだが、アイドルを横目に楽しみながらも自分の人生を賭けるほどにまで熱中したことのない人間としては、「アイドルに夢中になっている人
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
・本書は「アイドル進化論」とタイトルにありますが触れられている多くは女性アイドル歌手です。
・日本でも人気があった海外のアイドルには触れてません。
・外国人で名前が上がってるのはアグネス・ラム、リアディゾンくらい。
・ジャニーズには触れてます。
・avex系アイドル、小室ファミリー、には触れていない。
・男性アイドルの事はほんとど書かれていない。

この作者のアイドルについて書かれている本です。
だから関心の無い人にはまったく触れていません。
作者と趣味の合う人は面白いんじゃないですか?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告