数量:1
アイデン&ティティ [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アイデン&ティティ [DVD]

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,625
価格: ¥ 1,992 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 633 (24%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,485より 中古品の出品:9¥ 883より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アイデン&ティティ [DVD]
  • +
  • アイデン&ティティ―24歳/27歳 (角川文庫)
総額: ¥2,794
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: コタニキンヤ, 麻生久美子, 中村獅童, 大森南朋, 岸部四郎
  • 監督: 田口トモロヲ
  • 形式: Color, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XE563Y
  • EAN: 4933364210975
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,705位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

みうらじゅん 原作×田口トモロヲ 監督×宮藤官九郎 脚本
可笑しくて切なくて青臭い!あの大ヒット青春映画がDVDで登場!

バンド“SPEED WAY”を率いる中島は、浮き沈みの激しい音楽業界で、理想と現実の
狭間で揺れ動いていた。そんな悩める中島(峯田和伸)の目の前に、突然ロックの神様が現れ、ボブ・ディランの歌で啓示を与える。彼は果たして何者なのか? “SPEED WAY”、そして中島の唯一の理解者である彼女との行方は・・・?
盟友みうらじゅんの伝説的コミックを宮藤官九郎(「木更津キャッツアイ」「池袋ウエストゲートパーク」)の脚本を得て、見事に映画化した。出演は「銀杏BOYZ」のカリスマボーカル峯田和伸、中村獅童、大森南朋、マギー、麻生久美子が抜群の存在感を放つ。また、リニアPCM採用で迫力の演奏シーンを演出。音楽ファン必見です!
*本編ディスクのみです。

<映像特典>トレーラー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

みうらじゅんの原作を田口トモロヲ監督、宮藤官九郎脚本で映画化した青春ドラマ。バンドブームに乗り、メジャーデビューを果たしたロックバンド“SPEED WAY”。現実と理想の間で悩む彼らの前に、突然ロックの神様が現れる。“LOVE!シネマ2500 第4弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/17
ロックの価値とは自分らしくあること、じゃあ自分って何だ?という自分探しの日々を描く。モラトリアムの時期を過ごした私のような者にとって胸かきむしられる思いがする。

中産階級に生まれ育ち、不幸なことに不幸がなかった、ディランのように旅に出る必然もなかった、というコンプレックスに主人公・中島はどうケリをつけたか。もがいた末の結論は観てのお楽しみとして、映画で披露される音楽はレベルが高い。中島役の峯田和伸はもちろん、中村獅童のヴォーカルも堂々たるもの。中島を病床で励ます場面の獅童は最高だ。

麻生久美子が素晴らしい。「君らしく生きようとする君自身のファン」に向かって中島が歌う場面が印象深い。その他、主人公達を見守る三上寛等、神様・ディランのハーモニカの妙技等、脇もしっかり固めてある。

ディランのファンだと、アルバムBringing It All Back Homeの本作への投影、散りばめられた歌詞、ラストワルツのディランのように歌えたという台詞に一層共感できる。

本エディションのオーディオ・コメンタリーは監督、峯田、みうらじゅんによる鼎談で聞き逃せない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ブームの中、もてはやされデビューは果たしたもののメインストリームに飛び出してこれたバンドは一握り
そして生き延びたバンドはその中のほんの一部のバンド(アーティスト)だけ
大多数のバンドはぼんやりとした記憶の中だけにしか存在しない

元々若者主導だったはずのバンドブームに目をつけた大人たちに軽薄に仕立て上げられたムーブメント(いか天など)に
「おどらされた若者たち」の、その後のストーリー

本の映画化のセオリー通りストーリーを結構端折ってあるけど
コンパクトにまとまって分かりやすくなっている。
また主人公に啓示を与えるロックの登場人物をディラン(っぽい人)に絞っていることも成功していると思う。
(ジョン・アンド・ヨーコまで登場させたら収拾つかなくなったかも)

峯田もイイし、楽曲もイイ
そして麻生久美子の美しさは「神がかり」だ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サイケデリック探偵団 VINE メンバー 投稿日 2010/2/13
あるバンドの成功と挫折を描いている物語です。

主人公(峯田和伸(銀杏BOYZ))の本物のROCKを求めて葛藤する姿は胸を打ちます。

彼の歌うシーンは、さすがに本職だなと感じさせる程、真に迫ってます。

目がいっちゃてます。

中村獅童演じるバンドのメンバーも面白く、印象的なキャラです。

獅童は本当にいい役者だな、と思います。(スキャンダルが多過ぎですが・・・)

ヒロイン役の麻生久美子の演じる気位の高い女性も魅力的です。

下手をすると高慢な女になってしまいそうですが、そうならずに上手く演じています。

売れる音楽と自分たちの本当にやりたい音楽(ROCK)との間でゆれるバンド、

というのは昔は多かったですが、最近は少ないように感じます。

二つを上手くミックスし、消化している器用な人たちが増えていると思われます。

そんな現状を踏まえてこの作品をみると、不器用な人たちだなぁと、

もどかしく思う半面、なんとも言えない魅力を感じて心惹かれてしまうのです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
みうらじゅん×田口トモロヲ×クドカンのコンビで、熱きロック魂を表現した本作は、大ブームになった「イカ天」などへのアンチテーゼでもある。2003年度の公開作品なのに、なぜこうも画質が悪いのか疑問だが(笑)、けっこう真面目にロックを語っていて好感である。クドカンは6年後に「少年メリケンサック」を撮るが、これはその前日談とでもいえようか。正直、作風は万人受けするスタイルではなく、ジェットコースター型のクドカン脚本を想像すると面食らうかもしれない。ボブ・ディランの「魂」が理解できない人には辛いかも・・・。自分もちょっとノリ切れなかったので、星3つ。出演者は豪華で、浅野忠信まで出てる!3秒くらいしか出てこないので、探してください(笑)。また2枚組を購入しないと、音声解説も特典映像もないのが寂しいなあ。せめて音声解説だけでも欲しかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック