アイデン&ティティ [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アイデン&ティティ [DVD]

5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,625
価格: ¥ 2,411 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 214 (8%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,411より 中古品の出品:10¥ 1,056より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アイデン&ティティ [DVD]
  • +
  • アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)
総額: ¥3,405
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: コタニキンヤ, 麻生久美子, 中村獅童, 大森南朋, 岸部四郎
  • 監督: 田口トモロヲ
  • 形式: Color, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XE563Y
  • JAN: 4933364210975
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 95,736位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

みうらじゅん 原作×田口トモロヲ 監督×宮藤官九郎 脚本
可笑しくて切なくて青臭い!あの大ヒット青春映画がDVDで登場!

バンド“SPEED WAY”を率いる中島は、浮き沈みの激しい音楽業界で、理想と現実の
狭間で揺れ動いていた。そんな悩める中島(峯田和伸)の目の前に、突然ロックの神様が現れ、ボブ・ディランの歌で啓示を与える。彼は果たして何者なのか? “SPEED WAY”、そして中島の唯一の理解者である彼女との行方は・・・?
盟友みうらじゅんの伝説的コミックを宮藤官九郎(「木更津キャッツアイ」「池袋ウエストゲートパーク」)の脚本を得て、見事に映画化した。出演は「銀杏BOYZ」のカリスマボーカル峯田和伸、中村獅童、大森南朋、マギー、麻生久美子が抜群の存在感を放つ。また、リニアPCM採用で迫力の演奏シーンを演出。音楽ファン必見です!
*本編ディスクのみです。

<映像特典>トレーラー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

みうらじゅんの原作を田口トモロヲ監督、宮藤官九郎脚本で映画化した青春ドラマ。バンドブームに乗り、メジャーデビューを果たしたロックバンド“SPEED WAY”。現実と理想の間で悩む彼らの前に、突然ロックの神様が現れる。“LOVE!シネマ2500 第4弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
イタイ映画だった。

特に男は夢から現実という誰もが通る過程で共感できるものはあるのではないだろうか?

「ロック」とは反抗だと思うのだが、気がつけば自分も年をとり、反抗期が終わってしまい、大人になっていってしまう。

かつての同級生がサラリーマンになり、一方自分はとどまったまま進んでいないような気がする。置いて行かれてしまったような・・・

私も好きだったブルーハーツがただうるさい音楽に聞こえ、尾崎豊の歌詞が鼻につくようになってしまったんですよね。なんでだろう?

最後に好きに演奏させないで暴走するシーンには、かつての自分ならば共感できたのであろうが、今なら「おいおい、迷惑かけんなよ。仕事なんだからちゃんとやれよ」と思ってしまう。

ヤングマンを歌う西城秀樹、高校三年生を歌い続ける舟木一夫にプロ意識を感じるようになってしまった。本人だって嫌なはずだよ、過去のヒット曲を歌い続けるのは。でも求められているから仕事としてやってるわけで、それがプロとしてかっこいいことだと思うんです。

そして気づくわけです。

「あ、もう俺はオッサンになってしまったんだな」と。

少し悲しくて、ショックを受けてしまいました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
すごくイイ映画でした。
あんまり派手に描かれていないから、いろいろ考えながら見ることが出来る、
すばらしい映画だったと思います。
「しばらくお待ちください」
を見た時の、彼女の表情、
「スピードウェイ」コール
の時の、彼女の涙。
すばらしかったです。
彼女はナカジマに
「君はすごいなぁ」って言われるのが好きだったんだとおもう。
彼を見守っているだけではなく、
自分自身が努力している姿をナカジマに見てもらうコトによって、
彼女自身もがんばれていたのではないか。
気持ちのいい映画です。
バンドやったこと無い人もこれを見れば、
なんとなく分かる感覚があるのでは?
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
逆風にめげず独立心がある、それはいい映画になります。これがそんな映画です。みうらじゅんさんと似た世代の私には、何もかもがよく伝わってきます。魂を売って社会が出来ている。一人また一人と魂を売り渡して社会に出、父になり母になって行く。それを茫然と見ている私。映画に出てくる沢山の詩が、どれもこれも名句に響きます。女子の出て来方も。

Be yourself.その大事さ。みうらさん自身も一貫してそうである様に思えています。この映画も一貫してそのテーマで。でもちょっと待てよと私は思います。この映画を見て、では日本人は、今の若者は、Be yourself.をどう捉えるんだろう。そこが描き足りない様に思えています。

「自分の好きに生きたらいい」、そう受け取ったらどうなるんでしょう。私は社会の中のキーワーカーと呼ばれる人が大好きです。曜日ごとに分別したゴミを時間通りに持って行ってくれる人。蛇口をひねれば昨日と同じ綺麗な水が出る様にしてくれる人。トイレを流せば私の糞尿を上手に処理してくれる人。そういった社会の基礎を作って維持してくれる人と職業です。

好きに生きる人や主義に生きる人も、その様な社会の基盤を作っている人や職業に大きく負って生きています。ならば「ロックに」生きる人だって、キーワーカーの様に誰かや社会の役に立つ事を人として忘れて
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画館で見たのですがバンドをやっている人、またはこれから新しいことに挑戦してみようという人に絶対見てほしいです!かなり勇気付けられます!ミネタさんの演技も映画初主演とは思えないくらい素晴らしいです!感動しました☆
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
近年にない最高の青春ROCK映画です。劇場でみて、DVDも手に入れました。半年ぶりに観ましたけど、新たな感動が襲ってきます。やっぱりROCKって何ぞや、という命題はみんな一度は考えたことがあると思う。そこに対して田口監督は鋭く切り込んでいます。その切り込みは主人公の中島(峯田和伸)やその他の役者達がいたからこそ出来たのだと思います。中島を演じた峯田くんは素晴らしいです。彼からは清々しさのみが伝わってきました。一転LIVEシーンはさすが、というもので目がいっちゃているMADバージョンは必見です。彼の音楽魂が垣間見れます。
人間は魂の生き物なので、姿、形にとらわれていては真実は見えません。そんなことを教えてくれた峯田くん主役の映画、ベストです。
あと、メイキングも必見なので、映画を劇場で見た方も購入必須です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す