この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイデア会議 単行本(ソフトカバー) – 2006/10/27

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いきなり企画会議から始めるから平凡に終る。あなたとチームが個性あふれる企画を生む方法、教えます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/昌治
大手広告会社勤務。クライアントのブランド価値を高めるための、情報戦略の企画実施業務を行う傍ら執筆した『考具』(阪急コミュニケーションズ)がベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 大和書房 (2006/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479791809
  • ISBN-13: 978-4479791805
  • 発売日: 2006/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 447,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
最初は、こんな簡単な、というか思いつきレベルの「1行」しか書いてないペーパー

を持ち寄って、本当に会議になるのかいな、と思った。しかし、「思いつき」を寄せ

て集めて、眺めていけば、いつの間にか、すごい「アイデア」に生まれ変わる。こん

な方法論があったのか、という感じ。この伸びやかな発想力は、課題を出し、試験す

るような企画会議では実現できないと思う。「思いつき」をだらだら皆で考える、と

いうのではなく、しっかりとした方法論さえあれば、きわめて効率的に企画が生まれ

る、ということがわかった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『考具』がとても良い本だったので、こちらも購入しました。

『考具』を読まれている方は、なんとなく内容は想像がつくと
思います。

あまり斬新な考えはないのですが、ブレストのやり方など、
きちんとできていそうで、実際はできていないことも多いので、
意識していこうと、あらためて思いました。

『考具』『アイデア会議』ともに、すぐに劇的に効くといった内容ではないですが、
毎日意識することによって、少しづつ組織が変わるような気もします。

みんながこういった本を読んで、情報を共有しておくととても良いと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「考具」を読んでから、

この著者の続編を待っていた!

出版社は違うけど、

カバーデザインが同じテイストだったので、

すぐわかった。

会議の本だけど、基本的にいいアイデアを

出すためのヒントが満載であることは

前著と変わりなし。

読後は、とにかく試してみたい!気持ちで

いっぱいになります。

アイデアが出そうだぞー、というワクワク感を

早くメンバーと共有したくなるのです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/8/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
クリエイティブな会議って、意識しないとできない。いい本。
名著『考具』の著者が書く会議術の本。

なるほど、なんで今までやってた会議がうまく行かなかったのがよく分かった。だいたい、ブレストとかやっても、新しいアイデアが出るというよりは、声の大きい奴のいうとおりに決まってしまって、参加者のストレスがたまる一方だった。

まずは、アイデア会議と企画会議を分けること。

アイデア会議では、拡散と収束、ディレクターとプランナーの役割を意識しながら、会議を行うこと。

突き詰めると、この2点かな?

そんなに難しいことではない。このことは会議術の話だけど、一人の場合のアイデア出しでも同じようにできるような気がする。なんにしても会議の意図や自分の行動の目的をちゃんと意識していることが大切。

まずは「発散と収束」を意識しよう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前作『考具』で、さまざまな考える道具を披露してくれた著者が、アイデアを生み出す会議の仕組みを教えてくれます。

いきなり企画会議に入るのではなく、まずはアイデアを出し尽くし、そこからコアとなるアイデアを絞り込むことが必要です。

アイデアを膨らます段階と、収束させる段階をきちんと分け、プランナーとディレクターがそれぞれの役割を果たすことで、アイデアを生む出す仕組みを作り出せるとのこと。

ブレインストーミングの正しい実施方法や、KJ法などの知識をお持ちの方には、さほど新しい内容ではないでしょう。そうでない方には是非お薦めしたい書です。

著者ご自身の経験に基づき、具体例を使って分かりやすく説明されており、実践してみたくなる内容でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・・・っていう当たり前のことに気づかせてくれる良書。「とりあえず集まれば何とかなるか・・・」じゃ、何も生まれないのね。

会議での「役割」をハッキリさせ、それぞれがそれぞれの「役割」を演じることで、どんどん会議が活性化されてく様子が手に取るように分かる。こんな会議が展開される会社で働ける人って、幸せだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー