通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アイデアのちから がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付き】多少の汚れ、傷みがありますが、古本としては概ね良い状態です。★検品、簡易クリーニング、防水梱包済み。【Amazon配送センターより発送。在庫確実・保証付き・お急ぎ便・コンビニ払い対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アイデアのちから 単行本 – 2008/11/13

5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,037

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アイデアのちから
  • +
  • アイデアのつくり方
  • +
  • 考具 ―考えるための道具、持っていますか?
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 172pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『この本は、私が2007年に読んだ原書の中で、最もお気に入りの一冊であった「Made to Stick」の邦訳版である。
私はこの本が大好きであり、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っているので、
そのため、頼まれてもいないのに、日経BP社が版権を取ったと人づてに聞いて、
押し掛けて解説を書かせていただくことにした。』(勝間和代さんの本書解説より)

全米でも150万部を超える「支持」を得た本書は、実はこれも全米ベストセラーの
マルコム・グラッドウェル著『ティッピング・ポイント』(邦訳は『急に売れ始めるにはワケがある』ソフトバンク文庫)に触発されて書かれた。
『ティッピング・ポイント』では、流行や社会現象を起こすものには、
(1)少数の目利きに浸透する、(2)記憶に粘る、(3)背景が味方する、
の3つの法則があることを明らかにした。
本書は(2)の「記憶に粘る」という点をより深く、より多角的に取り上げ、一度聞いたら決して忘れないメッセージ、人を行動に駆り立てるような言葉について、以下の6つの法則を明らかにした。

(1)単純明快である(Simple)
(2)意外性がある(Unexpected)
(3)具体的である(Concrete)
(4)信頼性がある(Credible)
(5)感情に訴える(Emotional)
(6)物語性(Story)
頭文字をつなげてSUCCESs(サクセス)の法則と著者たちは呼ぶ。

ジョン・F・ケネディ米大統領の「人類を月へ」という演説はアメリカ国民を熱狂させ、ソニー創業者の井深大の「ポケットに入るラジオ」というコンセプトは、ソニーを世界企業に飛躍させた。すごいアイデアは人を動かし、歴史を動かす。そうした具体例が豊富に盛り込まれたアイデア創造のヒントになる内容となっている。

内容(「BOOK」データベースより)

人を動かし、世の中を動かす凄いアイデアの仕組みとは?成功するアイデアの6つの法則を紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822246884
  • ISBN-13: 978-4822246884
  • 発売日: 2008/11/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,520位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「記憶に焼きつくアイディアの特徴は何か?」という問いに著者が長年取組んだ研究成果の集大成。効果的にアイディアを伝える手法を体系化したものだが、個人的にアイディアの完成度をチェックするときにも大変役立つ。

全体は序章/終章+6章構成:

■(序章) ●●● 記憶に焼きつくアイディアは誰でも生み出せる。それらには共通するパターンがあり、一定の型に従ってもとのアイディアを練り込んで行けば創造的なアイディアは誰でも開発できる。
■(第一章)単純明快である ●●● メッセージを一つに絞り、それを簡潔に伝えることが重要。理想はことわざ。相手が既にもっているイメージや比喩を利用すると効果的にメッセージを圧縮できる。
■(第二章)意外性がある ●●● 既存のイメージ(パターン)を打ち壊し、「驚き」によって関心をつかむ。また、相手の知識のすき間を作り(謎をつくり)、「興味」によって関心をつなぎとめる。
■(第三章)具体的である ●●● 人は五感で検証できる具体的なものほど記憶しやすい。具体的なものは皆の理解度が同じになる共通の足場になり、聴き手が自ら理解しようとするプロセスを促す。
■(第四章)信頼性がある ●●● 専門家や権威者に頼らなくても信頼を得る方法はある。身近な詳細を付け加える、検証可能にする、決定的な成功事
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
非常に有益な本でした。
350ページ以上ありますが、1カ所も飛ばすことなく隅から
隅まで読ませてもらいました。こんな読み方をした本は久しぶり。

自分のアイデアをブラッシュアップしていく手順について書かれ
ています。「発想法」がテーマではなく、思いついたり、気付い
た小さなアイデアの種をいかにして相手に影響を与えられるよう
な形に仕上げていくかというところの話が中心。

すばらしいアイデアを量産するやり方は、個人の資質によるので
はなく、一定の視点に沿って考えてゆけば向上するという前提に
立ち、この6つの視点を解説しています。

この6つの視点は特殊なものはなにもありませんが、それぞれを
非常に豊富でこれまたどこかで「使えそうな」事例を使って解説
していきます。この本自体が、この本で教えている手法を忠実に
守りながら書かれているところが説得力があり、信頼性がありま
す。

じっくり取り組む価値がある本だと思います。
ただ1つ、巻末の勝間さんの上から目線の「自慢話?」は本当に
余計です。せっかくのいい気分をが台無し。「出たがり」が過ぎ
ますね。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/4/29
形式: 単行本 Amazonで購入
「記憶に焼きつくアイディアに『方程式』はない。しかし、共通する特徴は確かにある。それが成功を高めているのだ」。

よいアイディアについての本。他人へ訴えかけるストーリーを作る方法についてわかりやすく説明している。記憶に残るアイディアはかならずしも自分で作る必要はなく、発見するのでも良いという。どの章も具体例が豊富で、伝えたいメッセージがはっきりしており、巧みでわかりやすい書きぶりだ。中心になっているのは、以下の6つである。

・単純明快(Simple):核となる部分を見つけて伝える
・意外性(Unexpected):関心をつかみ、関心をつなぎとめる
・具体的(Concrete):理解と記憶を促す。協調を促す。
・信頼性(Credentialed):信じてもらう。外部からの信頼性と内在的信頼性。
・感情に訴える(Emotional):心にかけてもらいう。関連付けの効果を利用。自己利益に訴える。アイデンティに訴える。
・物語(Story):シュミレーションとしての物語。励ましとしての物語。

「知の呪」についての注意を喚起しているところは印象に残った。基本的にマーケティング活動向きの内容といえるだろうが、他人に何かを訴えるためのアイディアを生み出す活動であればそれ以外の分野でも応用は利きそうだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルを見て、アイデア発想法の本かと思いましたが、違いました。

マーケティング、広告戦略のたぐいです。

サブタイトルをつけるなら「なぜ都市伝説は広まるのか?」あるいは「なぜデマは広まるのか?」でしょうか。

「急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則」に近い本です。

海外のビジネス書によくある、事例をふんだんに載せた本です。

悪くはないですが、タイトルと内容に違和感を感じたのと、特別目新しい法則があるわけでもないので、星3つにしました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー