アイガー北壁 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アイガー北壁 [DVD]

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,009 (20%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,926より 中古品の出品:3¥ 2,493より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アイガー北壁 [DVD]
  • +
  • 運命を分けたザイル [DVD]
  • +
  • ヒマラヤ 運命の山【DVD】
総額: ¥12,137
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベンノ・フュルマン ほか
  • 監督: フィリップ・シュテルツ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2010/09/21
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003OPXG04
  • JAN: 4988101152421
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,532位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【ストーリー】
ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。山岳猟兵のトニー(ベンノ・フュルマン)とアンディ(フロリアン・ルーカス)は、難攻不落の山を次々と踏破し、優秀な登山家として知られ始めていた。2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、《殺人の壁》と恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。
麓には、初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けようという報道関係者や見物客が集まってきていた。その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしているルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)の姿もあった。天候を待つこと数日。ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと追い込まれていく……。

【キャスト】
ベンノ・フュルマン フロリアン・ルーカス ヨハンナ・ヴォカレク
ウルリッヒ・トゥクール ジーモン・シュヴァルツ ゲオルク・フリードリヒ

【スタッフ】
監督・脚本:フィリップ・シュテルツェル
撮影:コーリャ・ブラント
脚本:クリストフ・ジルバー ルーペルト・ヘニング フィリップ・シュテルツェル
ヨハネス・ナーバー
製作:ドイツ・オーストリア・スイス合作
後援:ドイツ連邦共和国大使館 オーストリア大使館 スイス大使館

【公開日】
2010年3月公開

【コピーライト】
©2008 Dor Film-West, MedienKontor Movie, Dor Film, Triluna Film, Bayerischer Rundfunk, ARD/Degeto, Schweizer Fernsehen, SRG SSR idee suisse, Majestic Filmproduktion, Lunaris Film- und Fernsehproduktion All rights reserved

【スペック】<br●映像特典
◆スタッフ・キャストインタビュー
◆メイキング オブ アイガー北壁
◆バーチャルエフェクト(※音声はありません)
◆予告編(ドイツヴァージョン)
◆予告編(日本ヴァージョン)


DSTD03267/4,700円(税込4,935円)/本編127分/COLOR/片面2層/
1.主音声:ドルビー5.1ch/サブピクチャー:日本語/16:9LB(シネスコ)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ナチス政権下の36年、「ヨーロッパ最後の難所」と言われた名峰・アイガー北壁への初登攀に挑んだ若き登山家たちを描いた実話ベースの山岳映画。『スピード・レーサー』のベンノ・フュルマン、『グッバイ、レーニン!』のフロリアン・ル-カスらが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
なぜ、レンタルがないのか不思議です。
実際にアイガー北壁を見ましたが、リアルでとても素晴らしい作品でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 何回観ても力が入ります。羽毛ジャケットや羽毛シュラフもない時代。温度が下がれば凍ってしまうロープ。
 自分で鍛えた重いハーケン。おまけにデポしておいたアイゼンは流されてしまう。
 それでも登るのが「第一登」の栄誉。私みたいな凡人の山愛好家とは別世界ですが、観だすと力が入ります。
 事実なだけ、何回観ても助かりませんが、あとザイルが2m長かったら・・、思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/7/8
形式: DVD
 2008年、ドイツ・オーストリア・スイス合作映画「アイガー北壁」です。
 原題「Nordwand」。

 1936年、ベルリンオリンピックの年。
 ナチスは、アイガー北壁・初登攀者に金メダルを授与すると約束。
 ドイツの山岳猟兵の2人、トニー・クルツと
アンディ・ヒンターシュトイザーが、初登攀に挑む。
 その後ろを、オーストリア隊の2人が追い、競い合う。
 栄光への登攀は、気候急変により、生死をかけた自然との闘いへと変貌する・・・

 実話に基づく映画です。
 恋愛エピソードは付け加えで、
登攀シーンには知りようのない部分もあるだろうから想像もあると思う。
 ただ、極力、無駄な演出をしない作風は、見る者に十分リアルを感じさせてくれる。
 登攀シーンでは、手に汗握る緊迫のシーンが続く。
 終盤に差しかかると、登攀者たちは、誰が誰だか分らないくらいボロボロの姿になっている。
 生き物が、ただひたすら生きようともがく様を見るよう。
 このリアルな描写は、過酷な状況でも俳優の顔がしっかり見える米国映画とは対照的で、
欧州らしいと思った。
 同時に、挑戦者たちへの敬意を感じさせられた。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
困難な先鋭的な登山ルートの中でも、アイガー北壁はもっとも危険で誘惑的なものとして知られる。本作のトニー・クルツとヒンターシュトイサーの遭難は、アイガーの悲劇のうちでも最も有名なものだ。彼らは頂上を目の前にして撤退に追い込まれて、ついに墜死してしまう。ヒンターシュトイサートラバースを戻ることができなかったのである。この難所にザイルを残しておかなかったことが悔やまれるが、生きて帰るためにはここを突破しなければならない。彼らの絶望的な戦いははげしく胸を打つ。
登山家のジョー・シンプソンは「運命を分けたザイル2」の中で、安全を確保しながら同じルートをたどる。それでさへ、一瞬の気の緩みも許されない必死のトラバースだった。
山岳映画の常として、ほんとうの岩壁での登攀は撮影できないから、階段状のやさしい壁のロッククライミングになるのはやむおえないのだが、この点ではやはり物足りなさは残る。とはいえ、登場人物の性格描写は魅力があるし、時代背景もよくわかる。すぐれた山岳映画であり人間物語である。なお、ご存知の方も多いと思うが、ハインリヒ・ハラーの「白いクモ」には二人の登攀と遭難の様子がくわしく書かれている。ハラーはアイガーを初めて登攀した登山家であり、「チベットの7年」の著者である。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ベルリン・オリンピックを控えたナチスが当時まだ未踏だったアイガー北壁初登頂を果たしたものに金メダルを与えるというプロパガンダを発表する。腕に自慢の登山家たちが、さらにアイガー北壁の初制覇をこの目で見ようと好事家たちが集まる。そんな中で起こった悲劇を描いた作品だ。物語のキーパーソンになるのはルイーゼ。まだ駆け出しの新聞社勤めだった彼女がドイツ屈指の登山技術を持つトニーとアンディの2人と幼なじみだったことから写真担当として大抜擢される。編集長に同行し贅沢な取材に舞い上がるルイーゼ。快調に進むかに見えたドイツ、オーストリアの二組だったが、急変した天気に撤退を余儀なくされる。現地、そして極寒を再現した環境で撮影された映像は迫力満点。非情な運命と戦うあくなき生への執念が見るものを圧倒する。しかし、遅れた退却、裏目に出た判断、落石による怪我、全員を襲う猛寒波、彼等の運命から生還の可能性がひとつひとつ消えていく。そのたび我々の心は騒ぐ。また一方、舞い上がっていたルイーゼが自分にとって一番大切なものはなんだったのかと気づく過程をうまく描いたことで死線をさまよう彼等の帰趨を興味本位にしか見ないマスコミの姿勢にも心穏やかではいられないことだろう。登山シーンの迫力ももちろんだが、さまざまなシーンで沸き起こる心のざわめきを味わって欲しい作品だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す