シェアする
無料配送: 1月20日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日1月 19日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon
販売元
出荷元
Amazon
販売元
アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 5 がカートに入りました
無料配送: 明日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ライオン堂NET が販売、発送します。
こちらからもご購入いただけます
追加されました
¥13,039
130pt (1%)
詳細
発売元: Amazon.co.jp
発売元: Amazon.co.jp
残り1点(入荷予定あり)
配送料 また、  返品ポリシー

アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 5

5つ星のうち4.5 8個の評価

参考価格: ¥15,950 詳細

参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
詳細はこちら
価格: ¥11,800
OFF: ¥4,150 (26%)
仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 通常版
¥11,800
¥11,800 ¥9,980
Blu-ray Amazon.co.jp限定
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。

購入を強化する


CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。

よく一緒に購入されている商品

  • アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 5
  • +
  • アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 6
  • +
  • アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 4
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

登録情報

  • アスペクト比 ‏ : ‎ 1.78:1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 製品サイズ ‏ : ‎ 30 x 10 x 20 cm; 324 g
  • EAN ‏ : ‎ 4907953213739
  • 監督 ‏ : ‎ 五十嵐達也
  • メディア形式 ‏ : ‎ 色, ワイドスクリーン
  • 時間 ‏ : ‎ 5 時間 12 分
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/10/2
  • 出演 ‏ : ‎ 松永あかね, 木戸衣吹, 日笠陽子, 大西沙織, 美山加恋
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語 (PCM)
  • 販売元 ‏ : ‎ Happinet
  • ASIN ‏ : ‎ B07RNXD2YG
  • ディスク枚数 ‏ : ‎ 2
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 8個の評価

商品の説明

内容紹介

光れ! 輝け! これが私のアイカツ!

大人気「アイカツ! 」シリーズ最新作「アイカツフレンズ! 」が新章突入! 高校生になった「友希あいね」と「湊みお」が宇宙から現れたアイドル「天翔ひびき」と出会い、新たな展開を迎えます!


★大人気シリーズ「アイカツフレンズ! 」が新章突入!
女児向け市場で6年半以上続くロングヒット「アイカツ! 」シリーズの最新作「アイカツフレンズ! 」が舞台を新たに、新しい物語をスタート!
★新キャラクターは豪華声優が担当!
天翔ひびき:日笠陽子
アリシア シャーロット:大西沙織
もちろん、作中楽曲の歌唱も担当致します!
★セル商品には、アイカツ! カードを初回生産特典として封入する等、豪華特典も満載!

女児向け市場で6年半以上続くロングヒット!
累計出荷枚数約2.9億枚(2019年1月時点)を超えた「アイカツ! 」シリーズ最新作『アイカツフレンズ! 』が新章突入!
高校生になった「友希あいね」と「湊みお」が宇宙から現れたアイドル「天翔ひびき」と出会い、新たな展開を迎えます。
もちろん、「蝶乃舞花」、「日向エマ」、「白百合さくや」、「白百合かぐや」達人気キャラクターも登場。
店頭筐体「データカードダス アイカツフレンズ! 」にも新要素が追加され、関連玩具・グッズもアニメ放送に合わせて展開していきます。

<ストーリー>
光れ! 輝け! これが私のアイカツ!
高校生になったあいねとみおの前に突然空から降りてきた「天翔ひびき」は、『スペースアイカツ! 』をしていたアイカツ! アーティスト。
ひびきの持つ『ジュエリングドレス』は選ばれたアイドルだけが着られる特別な輝きを放つ!
かつて「アリシアシャーロット」と組んでいたフレンズはまさに伝説!
そんなひびきの願いを叶える為には、あいねとみおの『トモダチカラ』が必要で……!?
舞花、エマに、さくや、かぐやも加わり大賑わいのスターハーモニー学園。
まばゆく光るジュエリングドレスも登場! あいねとみおのアイカツ! はまだまだ続きます☆
友だちっていいな♪ フレンズっていいな♪ 一緒ならもっともっと輝ける!
『アイカツフレンズ! 』はじまります!
<51~63話収録>

<キャスト>
友希あいね:松永あかね
湊みお:木戸衣吹
天翔ひびき:日笠陽子
アリシア シャーロット:大西沙織
蝶乃舞花:美山加恋
日向エマ:二ノ宮ゆい
白百合さくや:陶山恵実里
白百合かぐや:桑原由気
神城カレン:田所あずさ
明日香ミライ:大橋彩香
春風わかば:逢来りん
ココ:諸星すみれ

<スタッフ>
企画・原作:BN Pictures
原案:バンダイ
監督:五十嵐達也
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:渡部里美
美術監督:田尻健一
色彩設計:大塚眞純
音響監督:菊田浩巳
音楽:DIGZ MOTION SOUNDS
制作:BN Pictures

<特典>
【初回封入限定特典】※なくなり次第封入終了となります。
・Blu-ray&DVD オリジナルデザイン アイカツ!カード
・水ぬれもどーんとコイッ☆ミニポスター
・DVD描き下ろしジャケットイラスト使用全巻収納BOX
【通常特典】
・描き下ろし三方背アートBOX
・スペシャルブックレット
・ピクチャーレーベル
【映像特典】
・データカードダス アイカツフレンズ!MV
・ライブシーン連続再生機能

【放送情報】
テレビ東京系列6局ネット
毎週木曜日 夕方6時25分放送
(テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビ北海道・ テレビせとうち・TVQ九州放送)
NST新潟総合テレビ 毎週土曜日 朝11時15分放送
テレビ和歌山 毎週月曜日 夕方5時30分放送
BSテレ東 毎週月曜日 夕方5時放送
AT-X 毎週木曜日 深夜0時放送
※リピート 毎週土曜日 夕方4時放送/毎週水曜日 朝8時放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アイドル活動に励む女の子たちの奮闘を描いたアニメ第3シリーズのBOX第5弾。高校生となり、新生活への期待に胸を膨らませるあいね。そんなあいねとみおの下に、スペースアイカツをしていたアイドル・天翔ひびきが現れる。第51話から第63話を収録。

続きを見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
8 件のグローバル評価
星5つ
84%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
16%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち2.0 雑な作り
ユーザー名: †たかし†、日付: 2019年10月30日
今回は久しぶりに全巻収納ボックスが付属した。スターズ期は店舗限定の全巻購入特典だったので、通常購入で付くのは嬉しいことだ。だが、使い難いの一言に尽きる。(6巻が未発売なため、代わりにスターズの巻を入れて使用してみた。)全6巻収納のため、収納ボックスの大きさも当然6巻分である。横幅が広いため、持ちにくく、目当ての巻の取り出すのにも一苦労である。ただでさえDVDやBDはディスクの入れ替えが面倒だと言われているが、収納ボックスを使用することで、それに拍車がかかる。5巻に1~3巻、6巻に4~6巻の収納ボックスでも付けてくれれば、あかりGeneration期の巻の様に容易に取り出せたのだが。
一方でアマゾン特典はさくやの布ポスターだ。ヘアアクセからして2年目のビジュアルだが、1~4巻までの布ポスターは1年目仕様のイラストだったので、こちらも合わせて欲しかった。また、ラブミーティアであれば、1年目と2年目でデザインの変更もないため、こちらの方が布ポスターとして適任だったであろう。(私はリフレクトムーンが嫌いなわけではない。)

さて、輝きのジュエル編の目玉であるジュエリングドレスは、選ばれたアイドルだけが着ることができるという点で、前作のSPRコーデを彷彿とさせる設定だ。シリーズ構成の柿原優子さんの案なのか、DCD側の案なのかは定かでないが、同じシリーズ構成のまま、前作の失敗設定を続投させるのは理解しがたい。所持しているか否かで、キャラクター内に格差を生み出すようなドレスよりも、前々作における星座ドレスやフィーバードレスのように、全アイドルが入手可能だが、ドレスを活かせるかはアイドル次第、といった設定の方が、私は好ましく感じる。(私は初代原理主義者ではない。)
ところで、ジュエルに選ばれなかったハニーキャットとリフレクトムーンは、未だにキセキのドレスを愛用している。けれども、ステージ中には1年目のステージと同様、ミラクルオーラは出せていない。ジュエリングドレスの代わりに、成長した両フレンズのステージを見てみたかったものだ。
そのジュエルの入手過程も雑だ。みおがジュエルに選ばれた52話は違和感しかない。「私が輝けばピュアパレットはもっと輝くはず。私!ピュアパレットを輝かせたいの!どんな色や光にも負けないくらい強く!」や、「ここは宇宙?綺麗な星。みんなキラキラしてる。私がちょっと光ったくらいじゃ紛れちゃうよ。でも!輝きたい。誰にも負けないくらい強く!輝いてみせる!」などと言いながらスペカツの練習に励んだ結果、ジュエルに選ばれたのだが、憧れのラブミーティアから学んだ「1+1=無限大」の理論(お互いがお互いを高めあえば無限大に輝くという考え方(24話)。)や、13話でカレンから学んだ「誰かに勝つことがアイカツではない」という考えは、どこへ行ったのか。これでは、あいねを信頼せず、自分一人でピュアパレットを引っ張っていこうとした結果、活動休止の原因を作った26話とまるで変わらない。

また、本巻には輝きのジュエル編前半の山場である、一連のソルベット王国編(57話~61話)が含まれている。アイカツシリーズにおいては珍しい連続した長編ストーリーであるが、内容があまりにもお粗末すぎる。まず、ソルベット王国はあいねにとって初めての海外であると57話で判明した。しかしながら、45話において友達100万人に代わるあいねの新たなる目標は、世界中の人と友達になることであると語られている。作中において50話~51話には1年間の開きがあるが、この間一体何をしていたのか。
またアリシアがジュエルの原石に選ばれたというのも謎である。まだアイカツに対して心を開いていない58話の時点で既に原石は所持していた。しかしながら、60話における母亡き後の回想で「今この瞬間から私の全てをソルベット王国の国民のために捧げます」と言いながらアイカツパスとアイカツモバイル、それにアイカツカードを箱に封印し、「さようなら私のアイカツ」という言葉と共にその鍵も投げ捨てていた。原石は54話で自分らしくアイカツをしていないと所持者から離れる、という性質を持っていた。加えて52話でひびきはみおがジュエルに選ばれた際に「ジュエルの原石は光を持つアイドルに引き寄せられる。そしてアイドルの輝きに反応してジュエリングドレスを生み出すんだ。ひたむきにアイカツに励む君の心にジュエルが惹きつけられたんだろう。ジュエリングドレスを纏った、それこそが君の輝きが本物だという証だ」とも解説している。このような設定の下、一切のアイカツを行っていなかった58話の時点で既に原石を所持しているのには疑問が残る。一応54話にて、ひびきはジュエリングドレス有識者ではないことを自称したため、ひびきの解釈が間違っていたということだろうか。辻褄をつけて解釈するのであれば、王国を救える力があると伝わっているジュエルの原石(国宝石)にとっては、王国内唯一のアイドルであるアリシアしか選ぶ対象がなかった、ということだろう。いずれにせよ、シリーズ構成の柿原優子さんが前作の失敗を顧みず、今回も曖昧なまま、設定を練らなかったことこそが最大の謎である。
さて、ソルベット王国編最大の問題点は最終盤の61話だ。芝居を打ってアリシアにステージへ立ってもらうことを試みるのだが、内容が茶番でしかない。その内容は、接近中のブリザードを止ます唯一の方法がアイドルのステージだと占われ、それを基にあいね達はステージの準備をするも、ステージ前に街中の王国民やアイドル達が凍り付いてしまうというものだ。アリシアのアイドル復帰のために子どもから老人までもが凍ったふりをするのだが、それが芝居だということにアリシアは一切気づかない。気づかないままステージに立ってアイドル復帰である。視聴者の側から見れば、滑稽でしかない。主人公を高校生にして作品の対象年齢を上げたかと思いきや、子供だましにすらなっていない結末である。
ところで、ソルベット王国編の本筋についてだが、「アイカツフレンズ!らしさ」というのが失われているような気がしてならない。思うに、主人公等が必要以上に介入せず、フレンズに生じた壁はフレンズ同士で乗り越える、というのが本作の魅力であった。しかしソルベット王国編では、ピュアパレットの両人は付きっ切りである。だが、話がアリシアとひびきを中心に進む都合上、ピュアパレットは空気である。主人公だから出さざるを得ないのは分かるが、もう少しどうにかならなかったのか。

本筋であるソルベット王国編以外の収録話であるが、ジュエルが関わらない55話62話63話は評価に値する回であったと思う。特に63話だ。この回では自分を取り繕うとすることなく、あるがままをファンに受け止めてもらうことを決心するアリシアが描かれていて、好印象だった。
本筋がつまらないという点で、輝きのジュエル編は蛇足であると言わざるを得ない。過去作と違い本筋がつまらないだけで、不愉快の領域には達していないのがせめてもの救いである。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月2日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する