通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス) コミックス – 2013/2/28

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)
  • +
  • アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)
  • +
  • アイアムアヒーロー 13 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,861
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 212ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409184880X
  • ISBN-13: 978-4091848802
  • 発売日: 2013/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふくっつぉん トップ500レビュアー 投稿日 2013/6/11
形式: コミック
誤解のないように最初に書いておきますが
「アイアムアヒーロー」というタイトル自体に献上したい点数は常に★5つです。

ただ「来栖編」は好みが割れるんでしょうかね。
好きだという人も多いですが、私はどのキャラクターにも空気感にものれず、
この展開と手応えが全く楽しめずにいます。長い足踏みだなあという印象。

次巻で「来栖編」は完結のようなので、さらなる物語の疾走と加速を期待します。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 賛否が盛んに論じられてる来栖編なのですが、その中で『進行が遅くだらだらしてる』等の意見がありますけど、そもそもこの漫画はじめからそのような展開でありそこらへんはこの漫画の世界観でもあり面白さも含め何もトーンダウンはしていないと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公英雄一行はとりあえず置いておいて、ネットで救世主のように扱われていたクルスと、ひきこもりの崇が中心となってドラマが綴られます。
このクルス一味、これまで生き残ってきただけあって濃い面子揃いというか、一筋縄でいかないヤツが多くて面白い。
英雄パートは英雄があくまで主人公なドラマ視点でしたが、武力も気も弱い崇が視点になることで、クルス一派の面々の個性がそれぞれに引き立ち、一人一人が主人公のように、ちょっと群像劇っぽくなっております。

そして彼らの生存のための工夫や生活が面白い。ZQNに感染しないためのルール、ZQNを呼び寄せないための生活上の注意、武器や防具、生け(?)捕りにしたZQNの拘束具や風呂場を密室にする工夫、更には食事風景など。
なにがそんなに面白いかと言うと、これはシミュレーションなんですね。周囲をZQNに囲まれた状況で一軒家に立てこもり、日常で手に入る道具や食料でどうやって身を守りつつ過ごすのか、という。
自分の身の回りにあるものを改めて見直して、「これは役に立つだろうか」と想像する。そういう楽しさがあります。花沢さんも楽しんでたんじゃないでしょうかw
そしてクライシスの中での食事風景というのも、なんとも美味しそうなんですねー。全部入りラーメン食いたいw 実はこの作品で「温かい食事」が出るのは久
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読んでいる最中に、某アメリカのゾンビドラマでも大活躍のボウガンをマスターしたくなりました。そんなクルス編に入り英雄編とは違う世界観が楽しめます。この展開は英雄編では決して味わえなかったのでは。本編から少し離れても、話の進行が遅くても、こんな話が読みたかってん。おもしろすぎ
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひでちん 投稿日 2013/11/16
形式: Kindle版
登場人物が妙にリアル。ホントにいそうな人ばかり。それがいい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CHEF 投稿日 2016/9/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
次に宗教、またはそれ的なもの。
要は自分が理解出来ない部分の穴にスッポリと埋められる気持ちの良いもの。
女性的感覚と言うと語弊があるかも知れないけど安心が欲しいのですがりたい。その感覚。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西尾靖広 投稿日 2013/9/23
形式: コミック Amazonで購入
これを見て久しぶりに履いてみました。シミが出来そうで心配でヒヤヒヤしました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 今巻はクルスを中心とした人間関係、彼らが生き抜くためのルール、今後に関わるであろう伏線が描かれています。
引きこもりで新入りの江崎は、戸惑いながらも必死に彼らに馴染もうとします。

腹の読めない自由人のクルス。
統率役で頼れる毅。
料理上手で明るいおばちゃん。
博識で武器開発担当の苫米地さん。
今時の男子中学生、春樹。
学校に家族がいる城(キズキ)ちゃん。
小屋でZQNをボウガンで射抜く、羽生兄妹。
春樹に男女と呼ばれる女

 そして、某ラーメンズの人に似たあの人も無線にて登場します。今後、英雄と彼らの接触はあるのか。苫米地さんの推測
は単なる憶測なのか。この世界は正常に復興するのか、ディストピアになってしまうのか。

『今後の展開が気になる』

 今まで、英雄たちやクルスたちといったミクロのお話でした。これから、日本全体や世界はどうなっているのかといった、
マクロの情報は描かれるのか気になるところです。
 

 最後に。展開が遅いという意見は重々わかりますが、花沢先生の作風ですし。単なるバイオレンス・エンターテイメント
ではないので、少しづつ進んで、大きく展開してというリズムが僕は好きです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー