通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス) コミックス – 2009/8/28

5つ星のうち 3.8 148件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
  • +
  • アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)
  • +
  • アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

鈴木英雄。35歳。
漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。
だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!? 

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』完結から1年。花沢健吾の新境地!!


登録情報

  • コミック: 248ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409182580X
  • ISBN-13: 978-4091825803
  • 発売日: 2009/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 148件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
初めの方は面白いんだけど、2016年くらいからの作品はつまらない&ページがメチャクチャ薄いのに高額な値段です。読者の心を弄んでいるかのうようなこの作者、出版社にはとても憤りを感じます。これから買おうとしている人にはそんな気持ちになってほしくないので、この本を購入することはオススメしません。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ボーイズオンザラン、ルサンチマンと大変面白かったが、本作は世界観が大きく変わり、絵柄も違う。
臨界(本編)に入るまでは、花沢作品の良さが消えた、つまらない意味も分からない漫画に思えた。
ゾンビ化以降はグイグイ引き寄せられるが、
サバイバルホラーというテーマは割とどの作品でも続きは気になる物なので、別段出来が良いかと言うとまだ分からない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
突如ゾンビに噛まれた人がゾンビになっていく世界を逃げるパニック漫画。
何が何だか分からない主人公に同化し、すいすいページをめくってしまう。
ゾンビに噛まれてどんどんゾンビが増えていき、物語序盤の現実が崩れていく感じがよく表現できている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
【感想】

・終盤からまさかの急展開。周りがゾンビだらけとなるストーリー。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 成田 投稿日 2016/11/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画を見て気に入ったので購入しました。続きがめっちゃ気になる。 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HIEN トップ1000レビュアー 投稿日 2017/5/28
形式: Kindle版
完結したので振り返って読んでみている。2009年開始で、足掛け9年か。リアルタイムでも序盤は読んでいた。長い話になったので、振り返ってみないとわからないこともある。一気に読んでみて見えることもある。

大きく言えば本作はエヴァのパクリである。それは後半の展開からよりはっきり言えるし、この巻で英雄が「逃げちゃダメだ」と連呼している点からも明らかだ。だが、意識していたことで、この頃の方がまだ距離が取れていたともいえる。その距離感の正体はいわば「中年の碇シンジ」もしくはこじらせた「碇ゲンドウ」とでも言える。ゆーて、シンジは国際組織の親玉の息子だし、ゲンドウは京大の天才女子と子どもを作って、その後もネルフの司令として大活躍のスーパーリア充である。英雄にはそういうところが一切ない。英雄にあるのはクソうすっぺらいサブカル自意識だけだ。ここでいうサブカルとは「サブカルっぽいサブカル」そのものである。わかりやすくいえば、自分たちが意識的にカウンターカルチャーたろうとしているというよりも、そのパロディをしようとしているということで、アシスタントをしているときの英雄の会話などがまさにそれである。

ゾンビよりもクリーチャー的な発想が強いのがこの段階とも言える。それから英雄の妄想が幽霊的なものを表示するが、これは90年代末のエロゲー風ともいえるし、『ベルセルク』的
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最終巻まで読みましたが、今から読もうと思う人は最終22巻の低評価の数だけでもチェックしといた方がいいです。
凄まじいばかりの放り投げ、散らかしっぱなしで終わります、この漫画(個人的に過去最悪。夢オチの方がマシなレベル)。
ちょっと擁護のしようがないくらいのクソな終わり方をしますので、どうしても気になる方は漫喫でとりあえず読まれるのがいいかと。
巻数の割りに時間もかからないと思います。それでも時間の無駄だった・・・と思う可能性が高いと思いますよ。
映画化されて話題にもなりましたが、本作はまったくオススメしません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
連載当初からずっと読んできました。

面白い漫画だったのに、ラストがとんでもないぶん投げでした。

回収しないなら、伏線なんて張らなければいいのにと思います。
海外編等の伏線がなければ、まだ許せたかなと思います。

途中で巨人にでも影響されたのだろうか…

酷評されているGANTZの最終回ですが、この漫画のラストに比べたら、名作といって良いと思います。

最後にガッカリする勇気があるのなら、読んでもいいのではないでしょうか。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 春風虚春 トップ500レビュアー 投稿日 2009/12/14
形式: コミック Amazonで購入
花沢健吾さんの作品を読むのは初めてでしたが、今後の展開を大いに期待せざるを得ない内容となっています。この1巻は今後の伏線がたくさん散りばめられている感じで、2巻以降を早く読みたい!と言う気にさせてくれます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ありがちなストーリーと、気だるいリアリティ。
精神を病んだような主人公が出てきて、意味不明なゾンビの出てくるパニックホラー。
主人公は前向きな行動をするわけでもなく、流されるままに行動し、だらだらと物語は進んでゆく。
これをシュールと捉えていいのか、現代っぽいと言っていいのか・・・私には退屈にしか感じられなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告