日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

アイアムアヒーロー

 (811)6.82時間6分2016R15+
鈴木英雄。仕事は冴えない漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして世界は崩壊し、日常は非日常へと姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美と元看護師・藪と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。(C)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)2009 花沢健吾/ダーチャ
監督
佐藤信介
出演
大泉洋有村架純長澤まさみ
ジャンル
ホラーアクション
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
吉沢悠岡田義徳片瀬那奈
提供
映画「アイアムアヒーロー」製作委員会
レーティング
15歳以上対象
コンテンツ警告
暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.7

811件のグローバルレーティング

  1. 39%のレビュー結果:星5つ
  2. 24%のレビュー結果:星4つ
  3. 16%のレビュー結果:星3つ
  4. 8%のレビュー結果:星2つ
  5. 13%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

mune2018/08/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
邦画の大作でこのグロ表現をやったことを評価したい。
確認済みの購入
ゾンビもので、日本で観客、いやスポンサーの顔色伺いで忖度しまくりの自主規制をかけるよりも非常に好感が持てたし、ゾンビものとして基本に忠実です。
また大泉さんのさえなさがまたいい味を出しています。
邦画としてみると非常に予算も使ってるし、いい感じだと思いますがきっと海外のゾンビものだと規模もB級扱いになってしまうのが残念ですが、邦画のカテゴリーでの挑戦ということも含めて5で!
170人のお客様がこれが役に立ったと考えています
phillix2018/09/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
原作の面倒臭さを排除した娯楽作
確認済みの購入
原作の漫画というか作者がまた面倒臭い作風なんですが、そこをオミットしてシンプルにした作品です。
(といっても別に作者をDisっているわけではなく、妄想、性欲、劣等感などなどモヤモヤしていたり
ネガティブだったりする人間の厄介な感情を描こうとする、ある意味レアな作家です)
原作だと三人のヒロインの内面が詳細に描かれていてそれが物語の軸になっており、
ZQNもゾンビというよりはエイリアンに近く人間と混ざったような存在も複数出てきます。
そうした原作の個性と言える部分が薄まってはいますが、映画版は単純に日本が舞台のパンデミック物として
よくできているので、十分楽しんで見れると思います。ただ、映画だとただのヒス女みたいな「てっこ」が
いい子だったり、ちょっとだけ登場していた漫画家の中田コロリが終盤活躍したりするので
映画が気に入った方は原作を読んでみてもいいかと。まあ、何度も言いますが面倒くさい作風ですけどねw
139人のお客様がこれが役に立ったと考えています
肉 団子2018/08/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
日本でもこういう映画が作れるんだと嬉しくなる作品
確認済みの購入
映画そんなに見る方ではないですが
なんか日本の映画って丸くなってる気がしていて
そういう中でこの血まみれでぶっ放しでぶっ壊して

こういう映画を日本でも作れると思うと
すごく嬉しくなる感じがしました。

単純に面白いです。私は大好き。
あと大泉洋 かっこよすぎてずるいぜ!
130人のお客様がこれが役に立ったと考えています
だいすけ丸2019/03/30に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
糞つまらない
確認済みの購入
原作は知らずに観ました。
評価が高い人は殆ど原作を知っていて、ストーリーよりも描写が良かった等での高評価ですね。ストーリーは糞つまらなかったです。

大泉の面白さが無かった。
有村が何かするのかと思わせながら最後まで何もなかった。
スケールが凄く大きい話なのに、舞台は小さなショッピングモール。ゾキュンも100人ぐらいを相手にしただけ。
政府・軍隊はどーしてるの??
ゾキュンは高い場所がダメだから、富士山に登るのかの話だったのに、建物の屋上に登っただけ。
各シーンの間が長く退屈。
最後で100人ぐらいのゾキュンを倒したが、それだけ弾があったのか?趣味の射撃であの命中率も謎だが、それなら早いところ屋上から撃てば良かった。
感染症でゾンビになるのはいいが、あれだけのパワーを何日にも渡って保つ設定には無理がある(まあ、それはゾンビ映画全般かも知れないが、何か筋の通った理由がほしい)。
最後は何処へ?何も解決してない。
94人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon Customer2018/09/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
実に面白かった!!
確認済みの購入
原作はちょっとだけ見た派です。
これは、すごかった…。
とにかく、冒頭と最後の見せ場が手に汗握る映像で
とても、とても素晴らしかった。
ゾンビパニック映画の王道をしっかり押さえ、
最後の見せ場があれだけ長いのに全く飽きず、
食い入るように見てしまいました。
映像の安っぽさがないのもすごい。
ちゃんと、グロテスクで肉片まで吹っ飛ぶ。
それなのに、気持ち悪いより応援してしまう。
そして、応援すると同時に、ゾンビたちの物悲しさにも
ふっと気持ちが持っていかれるのもすごいなあと思った。

高跳びの選手だったらしいゾンビが、
ただただジャンプを繰り返すところも、彼が人間であった時には
かなわなかった高さまで浮遊感をもって飛び上がるのをうまくとらえており、
絶妙な達成感、爽快感がある。
ああ、このゾンビは今、幸せなのかもしれないなあと思わせ、
同時にそのジャンプが生者に絶望をもたらす背反な作りも上手に表現できていて、
巧い!と唸りました。

最後の見せ場は圧巻。本当に圧巻。
往年の時代劇の、あの、百人斬りに匹敵する
無双シーン。すごいです。しかもハラハラしっぱなし。

一個だけ惜しいなーー!!って思ったのが
ひろみちゃんの特殊な設定を、原作を少し曲げてでも
最後の見せ場でチラ見せさせて、彼女の存在意義と
彼女が未来への希望なのだと仄めかすようなシーンさえあれば!!
そしたら文句なしだったなあ!!!と
ちょっと悔しかったです。
(でも英雄のヒーローシーンがブレちゃうかなあ)

いやー、血みどろとグロテスクシーンに耐性があるなら、
ゾンビ好きなら!見てみてください。
最後の見せ場ほんとよかったんで!
93人のお客様がこれが役に立ったと考えています
イヌ2018/09/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
日本のゾンビ映画で一番いい
確認済みの購入
大泉の演技が、ギャグもシリアスもどっちもメリハリ効いていたのが最高。
全体的にクオリティ高く、演出もテンポもいいし、脇役も演技うまい。
アクションも軽快でありつつ、元が漫画なのでアイディアが面白い。
人間同士のギスギスも、ウォーキングデッドなどの海外映画ほどきつくもないが、
それなりに人間ドラマにもポイントがおかれている。

ゾンビ映画自体が好きなら、間違いなく楽しめる映画。

漫画の要素もっと盛り込めだの、すべてを解き明かせだの
的外れなレビューは無視していい。
そんなの盛り込んだら二時間で収まらないし、
伝えたいことがぶれる。
72人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yosidayuu2018/08/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
すごく満足できる映画です
確認済みの購入
他の人も言われてますが原作とは違いますが良くも悪くも上手くキレイにまとまっています。後大泉洋含めて演出や演技がとても良かったです。日本の映画とは思えないくらいすごく面白くてカッコよかったです。大泉洋の最後の射撃のシーンも良かったですし、主人公の成長をすごい感じられる映画でした。何言ってるか分からないと思いますが是非とも見てみてくださいm(_ _)m
後、大泉洋の演技が凄いなと思いました・・・・・
113人のお客様がこれが役に立ったと考えています
へべろー2018/09/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
原作のポイントを捕らえて非常によくまとまっている
確認済みの購入
原作の漫画は全巻読了済みの状態で視聴。

映画版では、漫画の序盤から中盤を上手く圧縮して一つの映画作品に仕上げている。
言いにくい事ながら、漫画版では冗長で無駄に長い展開が多く、また、主人公の性格がさらに情けない。そういった部分をある程度緩和し、良い意味で万人受けするテイスト。しかし、ZQNのゾンビとはまた違う気持ち悪さ、不気味さをしっかりと表現されている。

俳優についても、ヒロイン早狩比呂美 役の有村 架純は可愛いものの、途中でよろしくないことになり、もう一方のヒロイン藪 役の長澤 まさみも、「もっさい」感じに、そして主人公鈴木英雄 役の大泉 洋が奇跡的にダサい。あの「大泉 洋」が、ダサい。 非常に物語にマッチしている。 衣装(メイク)さんが「いい仕事してる」とひしひしと感じられる。

ストーリーも漫画の各山場を上手いこと抽出して「それでも旅は続いていく・・・Fin」と綺麗にまとめられており、もやもやしない。原作がちゃんと終わらせられなかったことを考えると、ここも高ポイントといえる。

原作を見ていなくても全く関係なく楽しめる作品なので、プライムで見れるうちに是非1度視聴をオススメしたい。
95人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示