通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([ん]1-10)みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

([ん]1-10)みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫) 文庫 – 2016/12/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/12/2
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 388

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([ん]1-10)みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫)
  • +
  • 悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)
総額: ¥1,199
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明智小五郎、少年探偵団、そして怪人二十面相…。いまだ多くの人々を魅了し続ける、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ。彼らの対決に胸を躍らせた豪華作家陣が、当時のドキドキ感を筆に込めてオマージュ小説を書き上げ、各種メディアでも話題になった傑作アンソロジー。


登録情報

  • 文庫: 227ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2016/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591152723
  • ISBN-13: 978-4591152720
  • 発売日: 2016/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 15.3 x 10.5 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 2014年 江戸川乱歩生誕120年を記念して刊行された「みんなの少年探偵団」が、文庫化されました。
 他の作品も順次文庫化される予定になっています。
 内容は、気鋭の作家による「少年探偵団・シリーズ」の、パスティーシュ集といった趣のものです。
 収録作品は、下記のとおりです。   1:永遠(万城目学)   2:少女探偵団(湊かなえ)   3:東京の探偵たち(小路幸也)
 4:指数犬(向井湘吾)   5:解散二十面相(藤谷治)
 以下、ネタバレがありますから、未読の人は、注意して下さい!!!
 1:明智小五郎の少年時代を描いた作品です。明智探偵が、実は双子までは許せますが、
 このエンディングでは・・・・・・。これはさすがにダメでしょう!!
 2:カスミのおばあちゃんの回想譚という形式をとっていますが、これは上質のパスティーシュになっています。
 3:これは、明智探偵の晩年の物語です。明智探偵は登場せず、中年の小林少年が主人公です。
 吸血鬼騒動に隠された{どでかい犯罪}を未然に防いだということになっていますが、読後感がどうもすっきりとしません!!
 4:犬を犯罪のネタに使った、パスティーシュですが、なぜ犬を使ったか、この落ちには笑ってしまいますね!
 5:鬱にな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック