この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

われ深きふちより (1977年) (集英社文庫) 文庫 – 古書, 1977/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 古書, 1977/11
"もう一度試してください。"
¥ 440
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

鹿児島県奄美で知り合った妻ミホと江戸川区小岩で暮らすうち、妻が心因性発作(しんいんせいほっさ)をわずらい、1955年、佐倉の印旛沼近くに転居、ついで5月ころから国立国府台病院に入院させ、島尾も付き添って共に病院生活を送りました。 10月過ぎに、一家で妻の郷里の奄美大島に移住するまで、島尾は、精神病棟の中で、世間と隔絶して暮らすことになり、この体験が、『われ深きふちより』(1955・昭和30)、『死の棘』(1960・昭和35)を始めとする、一連の「病妻もの」といわれる自伝的小説にまとめられていきました。         島尾 敏雄(しまお としお、1917年(大正6年)4月18日 - 1986年(昭和61年)11月12日)は、日本の作家である。第十八震洋特攻隊隊長として、奄美群島加計呂麻島に赴任。1945年8月13日に特攻戦が発動され、出撃命令を受けたが発進の号令を受けぬまま即時待機のうちに終戦を迎える。作品は超現実主義的な「夢の中での日常」などの系列、戦争中の体験を描いた「出発は遂に訪れず」などの系列、さらに家庭生活を描いた「死の棘」などの系列に大別される。また生涯書き続けられ、小説作品との決定的な差異は無いとされる日記や紀行文など記録性の高いテキスト群や南島論なども高い比重を占める。妻は同じく作家の島尾ミホ。長男は写真家の島尾伸三で、漫画家のしまおまほは孫にあたる。心因性の精神症状に悩む妻との生活を描いた『死の棘』は小栗康平によって映画化され、第43回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルム・ドールに次ぐ、 審査員グランプリを受賞した。「ヤポネシア」なる概念を考案したことでも知られる。


登録情報

  • 文庫: 238ページ
  • 出版社: 集英社 (1977/11)
  • ASIN: B000J8SXWK
  • 発売日: 1977/11
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 674,855位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう