中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わびれもの (バンブー・コミックス MOMO SELECTION) コミック – 2010/5/27

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 116ページ
  • 出版社: 竹書房 (2010/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812472784
  • ISBN-13: 978-4812472781
  • 発売日: 2010/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この本は、およそ観光雑誌には掲載されないようなところに
筆者が出かけた記録エッセイの本である。
「さびれた」「わびしい」場所中心だ。
だから、旅行好きな人よりも地元の人の方が「知ってる!」と
いう場所が多いと思う。
日本にはまだまだこんな場所があるんだという驚きとともに
「行ってみたいな」という気持ちが湧いてくる。

人一人やっと歩けるような道を行った先で暮らしている
集落の話は、まさに隔絶された村といった感じだった。
さびれた駅でもう少しここにいたい、列車がもう少し遅れて
くれれば、というエピソードもしみじみとしている。
九州・JR日本最南端の駅にはいつか行ってみたいなぁ。

普通の旅行に飽きたという人は、この本を片手にぶらり旅へ
出てみる、というのも新しい発見への道のりではないだろうか。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
インターネットで基本的な観光情報は何でも手に入る時代なのに、書店にあふれる観光ガイドはいまだに「るるぶ」や「地球の歩き方」から進化できていない。
行ったことのない場所には行ってみたくなるし、行ったことのある場所は「そうそう!」と楽しめる。
本来、ガイドブックというのは、こういう物であるべきなのではないだろうか。

「観光客が行ける本土最東端」である納沙布岬の項はぜひ読んでいただきたい。

北方領土返還に取り組む地元の「本気」や、そこに住む人々の生活を、作者らしい飄々とした絵で切り取りつつ、見たものを有るがままに受け止めようとする姿勢に、作者の誠実さを感じた。

北海道の観光ガイドは書店にいくらでもあふれている。
しかし、道東の「ぬったり感」を伝える本は初めて見た。

もちろん、4コマ王子としての笑いの筆も冴えている。
同じ北海道でも、稚内の宗谷岬の項の「ひょうしぬけ感」は、秀逸だ。

私は根室も稚内も行ったことがあったので、「ナマの空気感」を持ち帰って伝える作者の表現力には感服した。
よそ者であるが故の「居心地の悪さ」を楽しむことこそ、旅の神髄なのかもしれない。

最近の代表作「中央モノローグ線」と対をなす、人間観察の鋭さに満ちた素晴らしいガイドブックだ。

「世界編」なども期待してみたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 連載中に作者が突然遠野に引っ越してしまうと言う大アクシデント(笑)のあった、マニア御用達の名所案内のマンガです。
 鉄道関係のネタにやや偏向している感もありますが、シーズンオフに観光地の離れ小島(食堂も営業してなければ、自販機も使えない)に行ったり、ロッテの2軍の試合を観に行った話(真面目に面白い)が好きです。
 読み終わった後、その場所に行きたいとまでは思いませんが、何処かに行ってみたくなること請け合いです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
小坂俊史の4コマではないエッセイ漫画。

わびしく寂れた場所へと案内する漫画なのだが、駄菓子やとかまんだらけとかは
あまりわびさびを感じない。
かえって楽しくにぎやかな感じがするんだけど。
それはもう作者がその場所を楽しんでいるからにほかならないだろう。

富山県にある謎の(ぜんぜん謎じゃないんだけど、その場所だけ案内されたら
謎だろう)おおざわの石仏の森 なんかは作者の面白がりにのって、
思わずそこに観光に行きたくなる。その石仏を作った社長さんに会いたくなる。
山口のムーバレーにも行きたくなる。
炭坑跡とムー大陸の関わりをぜひとも自分で発見して理屈づけたくなるじゃないかこのやろー。

シリアスにしみじみ終わっても最後のコマのつぶやきでちゃんと
落としてくれるところはさすが4コマ王子ならでは。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
かの小坂氏が秘境駅とか美川ムーバレーとかおおざわの石仏の森とかの名スポット珍スポットを巡ったエッセイ。
せんせいになれませんみたいなはっちゃけ風ではなく、一見熱い感じなのになんとなく中央モノローグ線的な寂寥感を感じる不思議な温度の紀行文となっています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック